Reuters

 

 

 

 

こんにちは、TOMOです。

 

 

昨日は即位の礼の式典を

家族でテレビでみていました。

 

 

こんなに歴史的な場面を

家族で見れるということは

幸せなことです。

 

 

よくわからないですが、

1歳4ヶ月の子供達は、

テレビをみて、

ものすごい興奮していましたびっくり

 

 

なんかわかるんですかね 笑

 

 

 

それにしても朝からの

雨と風もすごかったので、

式典の警備などは

本当に大変でしたでしょうねアセアセ

 

 

こういった式典が恙無く行うために、

天候が悪い中、

会場だけでなく、

日本中警備をされていた方々にも感謝です。

 

 

しかしこの式典が終わる頃には、

雨風もやみ、

そして虹まで出ていたようで。

 

 

 

すでに令和という時代にはなっていますが、

本当の意味での新しい時代になるのは、

これからだとも言われています。

 

 

まさに時代が変わり、

より良い時代になっていくのを

象徴しているかのような

天気でした。

 

 

今回の儀式は、

国内外に天皇が即位したことを

知らしめるための儀式だったわけですが、

天皇陛下のお言葉を見ると、

上皇(平成天皇)への敬意と、

特になんども繰り返し

【平和】についての思いが、

述べられています。

 

 

 

即位礼正殿の儀 天皇陛下おことば全文

さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。

ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

 

 

 

平成は日本にとって、

停滞の時代だとか言われてはいますし、

それは事実だとは思いますが

戦争のない31年間というのは、

とても素晴らしいことだと思います。

 

 

 

ゲシェの学び仲間のお話ですと、

陛下は年初の四方拝のお祈りでは、

国民ではなく天皇自身に

「魔寄せ」

して国民を守っているのだそうです。

 

 

ここ数年正月の、

一般参賀に行っているのですが、

あの天皇の姿を見るだけで、

感謝を超えた

なんとも言えない気持ちになるのは、

そういうところからきているのかも

知れないですね。

 

 

ああいう感情が湧き出るのは、

天皇以外私は知りません。

 

 

来年のオリンピックが終わり、

きっと急激に時代は

変わるのだろうと思います。

 

 

そんな時に大事なものは何か。

 

 

非常に本質的なものが、

より重要になってくる時代

になるかと思います。

 

 

もう見かけだけのものや、

テクニックで

どうにかなるようなものでは

残れない時代になっていくと

思うのですね。

 

 

そして個人戦ではなく、

チーム戦。

 

 

チーム戦といっても、

戦うのではなく、

どういう本質的な仲間と、

共に世の中に貢献していくか。

 

 

 

 

 

この時期にゲシェマイケルの教え、

ダイヤモンドの知恵に出会えたことは、

非常に運命を感じます。

 

 

そしてその同じ学びをする仲間も、

日に日に増えています。

 

 

新しい時代は、

貢献を通して

本当に大事なものを、

大事にしていける人と環境を増やすこと、

 

 

生きれば生きるほど

豊かで幸せを感じられる

そんな生き方ができること

 

 

そしてそういった仲間を、

インフルエンスして、

増やして素晴らしい世の中を

作っていけること

 

 

そんなことをやっていきたいなと

この即位の礼をみながら

思ったのでした。

 

 

************************************************************

LINEボタンから、友達申請してねニコニコ

シェア会の情報など、

こちらから募集しています

 

 

 

もしくは@066gxrvoで検索してね!