NEC(東京都港区)の元部長=当時(52)=が自殺したのは過重な業務で発症したうつ病が原因として、妻(54)が国に労災認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は11日、遺族補償年金を不支給とした三田労働基準監督署の処分を取り消し、労災と認定した。
 青野洋士裁判長は、元部長は自殺までの約8カ月間、ほぼ月に100時間以上残業していたと指摘。目標が達成できない事業の責任者として、重い心理的負担を受けていた上に、極度の長時間労働をしたことが原因でうつ病になったとして、業務との因果関係を認めた。 

【関連ニュース】
佐川急便元係長の労災認定=過重労働が原因で自殺
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携
県立病院職員、自殺は労災=「ストレスで症状悪化」
スーパー玉出を書類送検=超勤100時間以上、手当払わず
977事業所を公表=石綿で労災認定

未成年飲酒補導、全国の5.2倍 5年連続ワースト
子ども手当法案が衆院通過=公明、共産も賛成、月内成立へ(時事通信)
異音確認のすきに乗り逃げ また高級車盗 大阪・浪速の路上(産経新聞)
「太陽の塔の顔」ミステリー 大阪万博40年未だに探索続く(J-CASTニュース)
<三菱自動車>欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに(毎日新聞)