バランガン渋谷店のみなとですおねがい


木曜日に野原日香里先生からこの本をお借りして読んだら、気持ちが湧き上がってきてブログを書きました!



どちらでもいいよ。あなたの好きなようにしていいよ。という人はちょっとの理不尽も押し付けられやすい。


まっすぐに目を見つめて意見を言ってくる人は、ないがしろにされにくい。


あ〜、人に決断をゆだねてるうちはダメなんだなぁと感じちゃいました。


最近「言いたいこと言えないのは何故かな?」「ぶつかる勇気が出ないのは何故?」を頻繁に考えているのですが、


今、じぶんの状態はどうなってるかな?て、この本のおかげで振り返れた気がしましたニコニコ


特に恋愛などで納得できない扱いを受けてたりする時、振り返っていたいって思います。自分の在り方にもしかしたら、そうさせてるものがあるかもしれないからショボーン


本の中では小さい頃のじぶんに出会って、人生を回想するシーンがありますが、自分に置き換えてを振り返ると、


自分の過去は周りを笑わせたり、割とお調子者でひょうきん者だったと思いますが、同級生のとあるたった一言の言葉や、

ちょっとヒステリックな親の影響もあり自分を出すことが怖くなり、引っ込み思案になることが増えたかもしれない。


そこから本当は許したくないことも、笑顔をはりつけて我慢していたなって!


周りにとって害のない扱いやすいじぶんになるために、本来の欲望や感情を感じないようにしていたことを思い出したのでした。


イライラしたり、不安になってる時って、「ほんとはこうしたい!」が心をかけ巡ってるからざわついてるんですよね!


それを無視せず、「あ〜、私はこうなりたいのか。だったら叶えていこう!」を見逃さずにいたいですニコニコ


「本音を伝えたらきっと相手は離れていく。面倒くさいやつだ。と思われる。」は、思い込みだと最近感じています。


多くのお客様の「それはほんとにそうなるか?」を見てみると「大丈夫。相手はそんなことで逃げない」が出ることが多い!


相手がしそうなことを決めつけて、せっかく出てきたじふんの欲望を踏みにじってたのはじぶんだ…!ということに気づいてしまう。


じぶんと意見が違う人に出会った時、


じぶんに自信がない人は「否定された」と傷つくけれど、


自信がある人は「そういう考えもあるんだ〜」と受け止めているおねがい


今じぶんがどっちにふれているかチェックして、ゴキゲンなじぶんを目指していこうチョキ
その方があの人も歩み寄ってくるかもぉ〜〜グー


そして野原先生ありがとうございますラブラブ
野原先生はいつも「最近雰囲気変わったね!」とかちょっとした私の変化に気づいてくれたり、私がちょっぴり成功体験を積むと、すっごく一緒に喜んでくれたりしますおねがい
私は人の成功とか嫉妬して喜べません笑!なのでまじで女神だー!と思っています流れ星

野原先生は次は日曜日・渋谷店にご出演されますよ!みんな予約してねー義理チョコ


バランガン渋谷店: 毎週【水・木・金・土】出演