又吉直樹さんの番組、Eテレの『ヘウレーカ! 』

先々週だっけかな?母と一緒にリアルタイムで見た、『なぜアリは行列するのか?』と言うテーマ、私はとても興味深かったです。

(母は別に興味なかったとは思いますが、私に付き合わされて見てました。ニコニコ

録画していたので、もう1回見直そうと思っているのですが、ハキリアリは何と!お腹あたりのどこかから音を出して、仲間と会話をしているそうですよ。びっくりキラキラ

社会生物学者の村上貴弘先生、その音を研究してハキリアリの会話の『辞書作り・文法処理』をしているそうです。

「この葉っぱは良いルンルン

「この葉っぱはイマイチあせる

「幼虫のお世話中ですピンクハート

「攻撃されているアセアセ助けてアセアセ

…など、既に15種類の会話を解析されているそうですよ。

すごいな!!合格

すごく興味深いですよね!!びっくり

だって、ナガサキあおむしちゃんや蝶々ちゃんたちも、私のことを「この人、敵じゃないよ。」とか会話してるかも知れないじゃないですか!?

(↑そう話していて欲しいと思う私の願望てへぺろ

で、アリ研究の村上先生、寝ている時に自分の娘さんに起こされて、寝ぼけてしまってアリ語で「ギギギ」とか言ってしまうこともあるそう。

どれだけ熱中しているか、そのエピソードで分かりますね。爆笑

夏に国立博物館で昆虫展があるからか、最近は昆虫のことをテーマにした番組がちょこちょこあるので、私にはささやかな?楽しみですピンクハート

(ここだけの話、私はサッカーや野球の試合は見ないので、せめてEテレでは私の見たい番組をやって欲しい。)

ところで、ナミアゲハちゃんが昨日の夕方も羽化して、翅が乾いた時にはすでに暗くなっていたので、今朝、外に放したのですが、


まだ翅がしっとりしているところ。


(母も「飛ぶところを見る〜ルンルン」と、ちょっとした楽しみにしているようです。見れなかった時には「うちも見るんじゃったのにぃ〜タラー」と文句を言うことも。)

ところが、最初に蛹になった子が後から蛹になった子に追い抜かれ、いまだ、蛹のままです。

この子↓



どこにもシミとか変色とかないので寄生ではないと思うんですが、ほかの子たちは10日くらいで羽化したのに、この子は明日で2週間経つと言うのにまだまだ羽化の気配がなく…

触っても動かないし、柔らかいって感じがないし…

もしかしたら蛹のまま死んでいるのかも?えーん

まだ2週間なので望みを持ってはいるんですが、半分はダメな気持ちになっていますダウン

そして、この子たちがいたよそのお宅の何だか分からない(知らない)小さな柑橘類の木、今日見たらカイガラムシがかなり増えていて、すごくヤバい状態になっていました。ガーン

あのお宅の方、あの柑橘類のことはまったく気にしてないらしい。えーん

私、越冬するナミアゲハちゃんが欲しいので、あのカイガラムシの大群をやっつけて、何とか木を健康にして下さらないかなぁアセアセ

今回、その木から2齢〜4齢の幼虫を連れてきても寄生されてなかったし、私には狙い目の木なんだけどなぁアセアセ

…って、そもそもまったく知らない方のお宅だし、ホント、部外者がこっちの都合を言うのも(しかも、幼虫のことで)かなり変ですがアセアセ

マジで何とかして欲しいです〜アセアセえーん