【ワシントン=小川聡】クローリー米国務次官補は15日午後(日本時間16日未明)の記者会見で、17日に予定していたキャンベル国務次官補の東京での日米協議を中止すると発表した。

 日本訪問前の東南アジア歴訪の中で、政情不安を理由にタイ訪問を取りやめたことによる日程変更の影響だとしている。ただ、キャンベル氏は予定より1日早く帰国することになるため、日程的な余裕はあると見られており、日本側が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で方針が定まらないのを受けて協議を避けたのではないか、という見方も出ている。

 キャンベル氏は7日に米国を出発し、シンガポール、マレーシアなどを訪ねた後、14日からジャカルタ、タイ、東京を訪問し、17日にワシントンに戻る予定だった。米政府筋によると、17日の日本での滞在は7~8時間で、この間に外務省で同省幹部らと日米協議を行う予定だった。

 しかし、15日からのバンコク行きは中止となり、代わりにシンガポールを訪問した後、予定より1日早い16日に成田空港経由でワシントンに戻ることになった。

 クローリー氏は「東京での会談に十分な乗り継ぎ時間を確保できなくなった」と説明した。米民間機でシンガポールから成田経由でワシントンに戻る場合、乗り継ぎ時間は約1時間だ。

 しかし、もともと日米協議は17日の予定で、16日に東京で宿泊し、当初の予定通りに17日に協議した後、帰国することは可能だ。なぜ帰国を早めるかについては、米政府当局者は「わからない。日程上の都合としか言えない」としている。

 日米協議では、普天間移設問題が最重要課題となる見込みだったが、日本側は新たな移設案を決めていない。このため、「キャンベル氏が訪日を中止したのは、今、協議しても前進がなく、混乱するだけだと判断したためではないか」という声も出ている。

 外務省は16日朝、米側から訪日中止の連絡を受けた。平野官房長官は16日午前の記者会見で、「日本に来る前の訪問国の日程調整がつかなかったと聞いている」と説明し、普天間移設への影響については、「全くない。我々はあくまで5月末に方向性を見いだす」と強調した。鳩山首相は同日朝、首相公邸前で記者団に、「キャンベル氏の件は、私どもの(関知する)範ちゅうではない」と語り、戸惑いをにじませた。

春の琵琶湖へ ウェルかめ!(産経新聞)
<文京区長>育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
<鳩山首相>政治とカネ「率直に反省」(毎日新聞)
はさみで男性の首刺す=東京・渋谷、男が逃走(時事通信)
別れさせ屋に懲役15年…別れさせた女性と付き合い、別れ話で殺害(スポーツ報知)