VIVAさくら&琴乃VIVA女子ゴルファー

さくらさんと琴乃ちゃんを中心に女子ゴルファーの皆さんを応援するブログです


テーマ:

この時期にさくらちゃんの今シーズンを総括することになるとは思いもしませんでした。

シード選手であってもシーズン途中から試合に出場することができなくなるのがアメリカツアーの厳しさです。


さくらちゃんは今シーズンのアメリカツアーを17試合で終えることになります。

賞金ランク    134位  38,686ドル

平均ストローク 115位  72.267

平均飛距離   127位  245.68

フェアウェーキープ率 72位  73.16%

パーオン率   125位  65.43%

平均パット数  110位  1.830

総パット数平均  95位  30.04

サンドセーブ率  102位  41.38%

バーディ数     133位  124個

平均バーディ数  --    2.75個 


最高順位  21位タイ

予選落ち  11試合



過去最悪といわれた2016年です。

賞金ランク     71位 241,513ドル

平均ストローク  73位  72.09

平均飛距離   109位  248.60

フェアウェーキープ率 21位  76.56%

パーオン率    92位  65.40%

平均パット数   82位  1.830

総パット数平均  51位  29.7

サンドセーブ率   68位  45.36%

バーディ数     45位  303個

平均バーディ数  --    3.00個 

 

ある程度は仕方がないといわれた2015年です。

賞金ランク     44位 382,891ドル

平均ストローク  31位  71.43

平均飛距離    91位  245.57

フェアウェーキープ率 36位  76.26%

パーオン率    59位  67.53%

平均パット数   20位  1.790

総パット数平均  27位  29.52

サンドセーブ率   54位  44.86%

バーディ数     43位  299個

平均バーディ数  --    3.32個 


アメリカツアー初年度はさくらちゃんが国内ツアーで培った経験でツアーを何とか乗り切った形でした。平均ストロークが31位でしたから、シーズン序盤のバタバタが無ければ賞金ランクも30位前後だったと思います。今年の野村さんかその程度ですから、そんなに悪くないですね。

飛距離は仕方がないとしてもパーオン率が67%台というのが不満でした。パットはまずまずでしたから、ショットの精度を上げることができればアメリカツアーでも20位以内で戦えると本人も思ったでしょうし、ファンも思いました。


2年目は課題としていたショットの精度が思ったように上がらず、パーオン率が低下してバーディチャンスが少なくなりました。パットも入らず苦しいシーズンとなりました。


3年目の今年は、さくらパパに指導してもらってショットの立て直しを図りました。パーオン率は昨シーズンを上回っていますが、改善したわけではなく、順位が下がっていることからツアー全体の上昇に置いて行かれた形です。ショットの改善で頭が一杯だったのかパットが入らない状態が続き、バーディパットが決まらないだけでなく、パーセーブパットも外すことが増えました。

8月から新コーチのもとでショットの改善を図っていますので、その成果がいつ出るのか・・・・。

アメリカQTの前に国内の4試合に出場します。そこで、さくらちゃんの状態がある程度わかります。4試合中2~3試合でトップテン入りするようであれば、再びアメリカツアーでも戦える状態に戻りつつあると思います。逆に、1試合もトップテン入りできないようであればアメリカQTには暗雲が垂れ込めてきます。


とりあえずミヤギテレビ杯ダンロップが楽しみになってきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ネギックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。