北海道 朝鮮初中高級学校訪問

テーマ:

私は 過日 北海道にある 朝鮮初中高級学校を 訪問致しました。


校門で 可愛らしい生徒さんが


お花と共に 私を 出迎えてくれました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba




歓迎公演として 朝鮮舞踊の 「ヒャンバルの舞い」が


披露されました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


皆さん とても お上手でした。 


金剛歌劇団の方達も びっくりしそうです。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


優雅で 女性らしい 身のこなし。 とても きれいでした。


拍手、 拍手 です!


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


私の 講演が 始まりました。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


皆さん 真剣に 聞き入ってくれました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


色紙の贈呈です。 

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


初級には “ 愛をこめて ” 中級には “ 心こめて ”


高級の生徒さんには “ 誠こめて ” 。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



最後に 記念写真を撮りました。


まずは 初級部の 生徒さん達と。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

続いて 中級部の生徒さん達と。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


高級部の生徒さん達と。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


そして 保護者の皆さまと。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


講演が終わると 生徒さん達が 道路まで出てきて


私に手を振って 見送ってくれました。


私の 訪問を とても喜んで下さり、 胸 熱くなりました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



学校を後にし、 続いて ルネッサンス・札幌ホテルにて


「在日本朝鮮北海道商工会 結成50周年記念式典」に出席し、


講演を致しました。


在日本朝鮮北海道商工会が 1962年に 結成された当時は、


会員も 僅か70名と少なく、 経済の専門家もいないため、


主な 事業内容が 税金申告のサポートに とどまっていたそうですが、


今では 350名近い 力強い 経済団体にまで発展され、


私は 大変 感動致しました。



私の 北朝鮮に対する 思いや経験を語り、


スカルノ大統領と 金 日成主席の 思想的な一致、


インドネシアと 共和国(北朝鮮)の 歴史的背景、


そして 一刻も早い 「日朝国交正常化」 を願う気持ちを 話しました。


“ 許しあう ” ことのみが 平和をもたらすことを述べ


皆さまを 激励して参りました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


私の講演の後、 金剛歌劇団の 舞踊があったようですが、


私は 残念ながら 飛行場へ。 帰り際、 もう一言 ご挨拶を。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

婦人会長より 美しい花束が 贈られました。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


最後に 商工会の方々と 記念撮影。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


婦人会長さんと。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

頂いた 花束ふたつは、 大切に 


東京のおうちに 持って帰り 飾りました。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba