日本よ 頑張れ!   北朝鮮よ 頑張れ!

テーマ:

石原 慎太郎 都知事 よくやって下さった。


この上なく嬉しいです。


今の日本で 真の男の政治家は たった三人、


石原 慎太郎氏と 小沢 一郎 元民主党代表


それに 橋下 徹 大阪市長です。



尖閣諸島は 日本古来のもの。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


あそこは 昔から 日本人が 鰹を獲り 


鰹節を作っていた 工場も 跡地も残っています。


中国人や 台湾人が住んでいた形跡は 一切なく、 


あの島々の地権者(日本人)は 存在しています。


あの島々が 急に 注目をあびたのは、 国連が海洋調査した結果、 


あの海域の海底に 天然ガスなどの資源が 発見されたため。




東シナ海のガス資源でさえ 中国は 日本の海域を


侵略しているのではと言われています。


つまり、海底の中なので 何をされているのか判らない。 


ガスのパイプラインを 日本海域にまで引かれ、 


どんどん ガスを 取られているのかも しれないのです。


日本の大事な財産を 乗っ取られているかもしれないのです。


日本政府は 黙認しているのか、 何も しません。 


中国と 問題を起こしたくないという 腑抜け、


腰抜けの政治家どもは 何も手を下さずにいます。


あのA級戦犯ともいえる 日本の売国奴である 


元官房長官の仙谷氏は、日本の 海上保安庁の巡視船に 


体当たりしてきた 中国漁船の船長を 無罪放免し、


中国に 凱旋させてしまいました。 


この体たらくな民主党。 打倒 菅政権!




「竹島」 を取り戻そうですって。 どうやって出来るんですか。


韓国は 既に 海軍の要塞を築いて、 しかも 何年も使用しているのですよ。


何故 韓国が 要塞を作り始めた時、 


日本は 大クレームをつけなかったのですか?!


もう 実効支配されているのです!


自民党の政治家たちも 腑抜け、腰抜け、用無し どもばかりです。




あーあ、日本はもう終わりか。  (ため息)



日本古来の島々である 北方領土、なぜ 戦後67年も 放っておいたのですか。


あそこに 選挙権を持った日本人が 住んでいないからですか!?


ロシアのメドベージェフ大統領が 北方領土に足を踏み入れた時、


何故 日本は激怒しなかったのですか。


これが 中国や 韓国だったら 若者達が インターネットを駆使して


大使館に押し寄せる デモを 行っていたと思います。



選挙に勝つことしか 念頭にない 日本のバカども議員達。 


愛国心もなく、 忠誠心もなく、 国策もなく、 国益も守ることなく、 


アメリカに追従するだけの日本。


日本の「上空」は JALと ANAや 他の航空会社が飛行しており、


日本上空の 領空権は あります。


しかし 更にその上の 領空権は アメリカがもっており、


演習に使っています。 日本の自衛隊は?


つまり 日本は アメリカの 属国なのです。


日本は 日本を所有していないのと 同じなのです。


自主権がないのです。


日本とアメリカの 「安保理条約」を 根本から 見直すべきです。



アメリカは さかんに 北朝鮮の脅威を 日本に対し 


植え付ける政策をとり、 国連まで動かしています。 


それは 日本に 更なる 武装をすすめ、 自衛隊を強化し、


基地の必要性を訴えているのです。


赤字大国アメリカの 本意は  


日本に 武器を 売りつけたいことなのです。 



あーあ、 情けない日本。


こんな弱気で 気骨精神ゼロの 政治家ばかりで


あ~あ、 日本の未来はどうなってしまうのかしら・・



従軍慰安問題、


なぜ、戦後67年も放っておいたのか。


なぜ、もっと前に解決しなかったのか、 アホ! の一言です。


なぜ、慰謝料を払って、 この問題を終わらせなかったのか・・・


日本の官僚達の天下り先の 要らない会社、 社会保険庁の、 


各地方自治体の、 何兆円もの 大無駄遣いを考えたら、


慰安婦として 苦しんだ女性の方々への慰謝料なんて、


微々たるものだ。  何故 払って この問題を終わらせないのか。


「拉致問題」 より 酷いことを 日本は過去にしてきたのだ。


戦争という 異常状態だったのだから、 許してもらえる筈。


占領した地域の 女性達を守るための 軍の考えた


手段・政策ではなかったのか。


今の 韓国ソウルの 日本大使館前に、


うら若き乙女の慰安婦像、 「平和の碑」が建てられてしまった。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


これは、日本の馬鹿な政治家共への 「罰」 である。


今からでも、遅くはない。


早く、一刻も早く、 当然の 慰謝料を払って 償うべきです。


この問題に終止符を打ち、 銅像を取り払ってもらうべき。


そうしなければ 新しい慰安婦像が、


アメリカのワシントンに 建ちます。





国が何もしないので、石原知事が 尖閣諸島を東京都で買い取り、


国土を守ろうとしていることに際し、


くだらない 知識人とやらが 大勢テレビで、


あーだ、こうだと、石原知事のことを言っている。


やたらと もっともらしい言葉を並べて 難癖をつけている。


消え失せろ、 こんなやつら!   といいたい。


何も出来ないくせに。



日本人よ! もっと怒れ! 何故 怒らない?!


中国や 韓国のように インターネットを駆使して


なぜ 日本の 正当な国益を 守ろうとしない!?



あーあ 私は 北朝鮮が うらやましい。


日本が失い なくしたものを全て 持っている「北朝鮮」。


国と国民が 一致団結し 戦っている姿に 私は感動を憶える。



日本は 北朝鮮の衛星 「光明星 3号」の 打ち上げを


「衛星」ではなく 実際は 「長距離弾道ミサイル」であると


決めつけ (恐らく アメリカの要請)、 非難し TV・新聞はもとより


メディアは 一日中 馬鹿げた 大騒ぎをする始末。


そして その“弾道ミサイル”とされたものを迎撃するため、


アメリカは イージス艦を3隻 日本は PAC3を3つ、


自衛隊を総動員しての 警戒態勢。


一兆円にも上る それにかかる費用。 (2006年の時 


1兆円であったから 今度は もっとかも・・・)

 

アメリカのイージス艦の費用は


一体、誰が払うのか! これも 日本?!



2009年の時も、 北朝鮮は 「衛星」 だといっているのに


つまり 大気圏の(日本の上空圏ではない)飛行だと


言っているのに、 山形県と秋田県の上空を通過するから


危険ということで、 小学校を休校とするなど、


実に 子供じみた愚行を 行使した日本。


それらを非難した 私に 日本の右翼が 私の家を


襲ったため、 私が一人で 庭の植木鉢を投げて対応。


情けない 右翼ですね。


渋谷署は、この右翼の男が、私の庭の前に(公道)


街宣車を置き、 大音響で 気味の悪い 念佛をもって


私をなじることの許可を 書面で得ていないにもかかわらず、


お咎め無しの処分にした。


日本の警察と、 右翼の団体は、 一体どうなっているのか?





皆さん 北朝鮮の打ち上げたものは 「衛星」 です。


1回目も 2回目もそうです。


ロケットも ミサイルも、 衛星も 「打上げ」 の原動力は 同じです。


車も同じです。 ブルドーザーも、 トラックも、 乗用車も、 二輪車も 


エンジンをかけて 発車します。


ミサイルは 撃破する ターゲットがあって 発射します。


そのため 先端は 尖っています。


「衛星」は 先端が丸くなっています。

 

(E. g・ 気象調査などの機密機械が入っているため)


「衛星」 は 大気圏外にまで 打ち上げられ、 軌道に乗せるのです。


今回 北朝鮮は 打ち上げには成功(大気圏外)したが、


軌道に乗せることができず、 自爆したのです。


以前から 「衛星」 は 緯度(地球の左右)に 向かっては やさしいが、


経度(地球の上下)に 向かっては  難しいとされていました。



この度、北朝鮮は 世界の宇宙研究者、 専門家、


ジャーナリストを招き、 公平、 公正さを 証明していました。


そして、衛星打ち上げに 成功しなかった


遺憾も 正式に表明しました。




私は、 あれ程大げさに 大金を払い迎撃体制を 整えた


日本政府は 拍子抜けしたと思い、 笑ってしまいました。


この迎撃体制のために かかった費用を


政府は 発表すべきです。


大臣の問責や 責任なぞ 議論している場合でしょうか?



もし北朝鮮が 始めから打ち上げるだけ 打ち上げて


実際には 大気圏外で 自爆するように仕組み、

(そのほうが そんなに費用がかからない)


アメリカ、日本、韓国が どのようなリアクションを


起こし、 何をするのかみて 大変な 無駄遣いを


させたのであるならば、 天晴な 政策だったかな~っと


思ってしまいます。  (笑い)


北の打ち上げにかかる費用で、 米や トウモロコシが


何万トン購入できるのになどと、


北の政策に あれこれ 非難していますが、 


日本は 何兆円もの 国の大無駄遣いを許し 


予算がないといって、 どれ位 地方の病院が 


クローズしたことか、 誰も声を大にして 叫ばない。




日本では毎年 3万5千人の自殺者が出ている他、 


他殺か自殺か、 生活苦で 餓死、 凍死という


変死者が 6万5千人、 計10万人の命が落とされています。


北朝鮮のことを とやかく言う前に、 日本の問題に


目を向け 解決したらどうでしょう。




そして 一体 いつから 日本は リンチ、


迫害と 弾圧が 好きになったのでしょう。


南米諸国に行った 日本の移民が、 


どんなに 「差別」 で 苦しんだか 忘れないで下さい。


今 二大臣を 国会でつるし上げ、嘲笑と侮辱の的にしています。


そして 問責決議案に時間を掛けている。


国会はもっと 大事なことを討論するところではないのですか。


この 緊迫した 世界情勢の中、 


日本は国守、 国益を討論するべきでは ないのですか?




あ~あ、私は北朝鮮の 愛国心と 情熱がうらやましい。




4月10日から 私は平壌におりました。


「国際キムイルソン・プライツ」の理事として、


(昨年の受賞者は カンボジアの


ノロドム・シファヌク元国王です。)


又、「キムイルソン花・キムジョンイル花連盟」の


名誉会長として、 チュチェ思想世界大会に


出席しておりました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


ここではアメリカ、韓国、日本を除いた 70ヶ国近い


国の代表者が出席しておりました。


日本からの出席者の方も いらっしゃいましたが、


日本の政治家は、皆無でした。 外国では 元首相の方々が


数名、つまり元首クラスの方々が 出席されており、


ヨーロッパ、南米、中東、アジア、アフリカ、アラブ、ロシアなど 


社会主義国の代表者が 出席をしていました。



開会式には キム ヨンナム 最高人民会議常任委員会 委員長


キム ギナム 朝鮮労働党中央委員会 書記のもとに開かれ、


3日間にわたり 代表者の方々が スピーチと討論を致しました。



キム ヨンナム 最高人民会議常任委員会 委員長、


キム ギナム 朝鮮労働党中央委員会 書記と ご挨拶する私。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



キム イルソン主席によって 創設された チュチェ思想の主旨は、


自主性にあります。 


この思想は スカルノ大統領が 1950年代に発想し、書かれた 


BERDIKARI ブルディカリと 同じです。


つまり、 自分の足で立つ、 「自力」で立つ 「自立」のことです。


そして 民族主義の スカルノは、 真の民族主義は


「他民族」を 尊敬することにあると 言いました。


GOTON ROYON ゴトン ロヨン 相互扶助を 唱えました。


「自立(自主)」 と 「相互扶助」です。




350年間 オランダの植民地支配下にあった、 インドネシアを


独立させた スカルノの発想、 ブルディカリ 「自立思想」は、


反帝国主義、 反植民地主義、 反支配主義です。


まったく キム イルソン主席の 「チュチェ思想」 と同じです。


「自主性」 で 繁栄する世界を 建設しよう ということです。


今の日本には、残念ながら 「自主性」も「自立性」も ありません。




「チュチェ思想」 のことについては、 いずれゆっくり 書きたいと思います。


ピョンヤン中央に 象徴的な 「チュチェ塔」 があります。



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


これは キム イルソン主席が 1965年4月に インドネシアを 


公式訪問された時、 大統領官邸の前に 建立されていた 


トウング-ナショナル(国家塔)を ご覧になり、 


主席が この塔に感銘を受け、 同じ思いから 


チュチェ塔を 作られたのだと思います。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba




アメリカよ、 日本よ、 


北朝鮮に 迫害、弾圧、制裁を どんなに加えても


北朝鮮は 屈することはありません。


それは チュチェ思想によって 国家 国民が 


一丸となって 戦っているからです。


政治的自主性は 国と 民族の生命です。


政治的自主性は 現代のすべての 


民族国家にとって 生命となっています。


帝国主義者が 反帝自主的な国々に対して


干渉と 脅威、 恐喝策動により 露骨にしがみついても


びくともしません。


「援助」と 「協力」の 美名の下に 民族的独立と 自主性を


蹂躍する行為は あってはならないことです。


北朝鮮よ 頑張れ! 


在日の方よ 貴国を誇って下さい。





日本は おせっかいにも キム ジョンイル総書記から 


キム ジョンウン一等委員長・書記に継承が

 
あまり されていないのではと言って 危惧していましたが、


あちらで 1時間にわたって キム ジョンウン氏の


ドキュメンタリー・フィルムを見ましたが、相当お若き頃から


継承者を 三男のジョンウン氏に決められていたようで、


陸・海・空、海兵の 演習・実践、 工業 商業 農業の 指導・視察、


水力発電 ダム、 トンネル、 高層建設等の 


現場指導に お連れになっています。


大きなおせっかいは 要らないようです。


立派な 継承者になれるよう 亡き総書記は 教えていらっしゃいました。


それに 愛国心に燃えた 自主性をもった 


ブレーンとなる側近に 囲まれていますし、


国民も 今の 生活状態を、 忍耐、 我慢の時期と 


国策に協力することを心得ています。




日本はどうですか。


今上天皇陛下が お隠れになるようなことがあったら 現皇太子殿下は


充分な 帝王学を 授けられているのでしょうか。


はたまた 雅子さまは 皇后陛下になれるのでしょうか。


他国のことを言う前に もっと 日本の未来を心配しましょう。


アメリカと 日本の格差は どうでしょう!




私が尊敬し 大好きな 石原都知事と 橋下大阪市長は


在日に対し 強い態度でいます。 これは間違いです。


お二人に判って頂きたい。


日本政府は 日本の犯した 過去の罪を 


日本人に隠し 教えていません。


なぜ 在日の方達が 日本に45万人もいるのか、


考えたこと ありますか?


朝鮮半島から 200万人の人々を 拉致するがごとく 


日本の 山口県宇部港に連行 120万人を 全国 約210箇所の炭鉱


(現在閉山している炭鉱を含む)に送りました。


他にも ダム工事、トンネル工事等に配置し、


この方達がどのようにして  いつ亡くなったかの記録は


800余名分しか 残っていません。(日本経済新聞)


80万人を “志願兵” として徴兵し、 兵役にあたらせ、


第二次世界大戦時 日本兵を守るため 


第一戦に送り 死滅させています。


この人達の子孫が 拉致事件を起こしたとしても


日本は 何か言える立場でしょうか。


このように強制連行された 朝鮮人の方々で 生き残った


在日と言われている人たちを 迫害するのは 大間違いで、


不当です。 人道に外れます。


共産国 (報道規制) を 非難している日本が、 日本の国民にこうした


事実を隠し、 教えず、 新聞、TV メディアが総動員して


北朝鮮を責め 国民感情をあおり、


北朝鮮を敵視させるのは 不条理です。




キム・イルソン主席は、過去55年間において


480億円ものお金を 日本に送金し、在日の人々のために


日本中に 小・中・高・大学(規模はそれぞれ違いますが)を設立。


在日の方々の 子供達は 月額たった 900円の授業料しか


払わないで 教育を受けられるように して下さったのです。


このあたたかい 大恩義に対して、 在日の人々の学校が、


お二人(主席と総書記)の写真を掲げているのは 当然のこと。


それを禁じる 橋下大阪市長は 間違いであり、 


事実を 大変 知らなさすぎます。


これが 逆だったら きっと橋下市長は、


在日の人のために 戦って下さったことでしょう。


橋下市長、 気付いて下さい。  お願いです。




そして、石原知事、 知事ほど日本の国家のことを思い、


考えて下さる方なら、 アメリカや メディアに影響されない


北の真実を 是非 知って頂きたいし、知って頂いたら 


きっと国を思う心は 同じ思いであることに 気がつかれると思います。


自立、自主を 重んじる 石原都知事は、チュチェ思想と


同じではありませんか!


それでは チュチェ思想大会の 様子をご紹介します。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


会議場 ひな壇の様子。 私の左の方は 議長のインドの方。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


アフリカ代表の方々。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


フランスの代表と ソルボンヌ大学教授。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

ドイツ代表の方と


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


クウェートの代表方と(元首相)。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



皆さん 石原知事を 支持しましょう。


是非 ご協力下さい。



皆さまの 貴重なご意見 お待ちしております。


AD

コメント(42)