ファビオラ と ファビィ の再会

テーマ:
皆さま ごきげんよう

本日は 私の マイ・ファミリーの出来事を ご紹介しましょう。

5月11日の私のブログで、 『赤』 の 狆の ファビオラに

8年前 ベビーが生まれたのが ちょうど この時期ということで、
 
現在、 大きくなった 娘のフィオナ共々ご覧いただきました。

 

そのフィオナと 一緒に 生まれた 姉妹の一人が 先日 遊びに来たのです。

名前は 〝ファビィ〟 体格は フィオナより 少し 大きな娘です。

美しい 狆に 育ちました。

 

こちらが フィオナ         姉妹似ていますか

 

ファビオラ (左)と フィオナ(右)の 母娘。

(カメラが近かったため 大きく写っていますが 実際は とても 小さい)

ファビオラは 相変わらず おっとりとした ママであり、

フィオナは 頭の良い 大変 独立した娘で、 猿のように 柵を登れます。

 

久しぶりの ファミリーの再会です。

ファビオラと ファビィも 毛色の違いさえありますが

似ていませんか?

フィオナは ファビィに遠慮したのか シャッター・チャンスに ペコリ

 

家族一緒に カメラ目線で なかなか向いてもらえず

この ショットが やっとでした。(笑)

ファビオラ 母娘達の ほんわかした雰囲気が

見ている私を 本当に 癒してくれました。 

 

母親のファビオラは 相変わらず、 具合がよくありません。

二回にわたる 左乳がんの手術も むなしく、   悪性がんが

全身に転移しているとのこと。

今は 東大病院で 診て頂いていますが、 すでに 肺に 転移が多くみられ

呼吸困難に 陥ることが 予想されるので、 人工呼吸器を

用意して(レンタル) おくように 言われているのです。

前の足も 影響が見られ、 そのせいで 前左足は 不自由になっています。

東大病院で あと2ヶ月と 宣告されています。

美しいファビオラの優しさが わかるせいもあって、  何とも 余計に 痛々しく

見えるのです。

ニューヨークから 一緒に来て14年、モンテカルロや  サルディニア島で

一緒に過ごしたことのある 一番思い入れ深いワンちゃんですので

彼女を失うことに 深い深い悲しみを 憶えます。





★東北、特に 被災地の皆さまに お知らせ

私に 33年間 仕えてくれた インドネシアのお手伝いさんが

辞めて 帰国することになりました。

つきましては 犬好きの女性で 住込みで働いて下さる方を

探しております。

仕事の内容は お掃除、(もう一人 通いのお手伝いさんがいます)

犬の世話、お庭の植物に水やり、など一般です。

お料理と 運転は 出来ると 嬉しいですが、 これは 別に 条件ではないです。

大事なことは きれい好き、整理・整頓の上手な人、

犬 大好きな人 (小さな犬が 15匹います)を 求めています。

年齢は、 お若い方から 55歳くらいまで

お写真と 履歴書を 下記に お送り下さいませ。


〒150-0047  東京都渋谷区神山町31-1

オフィス デヴィ スカルノ    斉藤 宛 迄




・・・・・ お待ちしております。
AD