将棋コンピューターソフト | 悠々、のんびり

悠々、のんびり

日々の出来事を気の向くままに綴ります


テーマ:

 ”ボンクラーズ”という名前の将棋コンピュータソフトがとても強い。

 先日
、米長永世棋聖がコンピューターとの正式対局で負かされたのである。

 将棋
ソフトに関しては、“ボナンザ”という名前の強いソフトが出現し、プロのタイトルホルダーに善戦したり、別のソフトがプロ棋士に勝ったりして、プロ棋士の正式対局が禁止された経緯がある。

 ボン
クラーズは、1秒間に1800万手を読む能力があり、ひたすら読みつくすのだが、この方法で退役棋士とはいえ多分今でもプロの中で、中位の能力があるハズの棋士に勝つということは、コンピューターの能力はまだまだ進歩するわけであるから、将来はどうなるのだろうという気になってしまう。

 私
が予想する将棋の将来は、それまでの対局に現れた着手では、人間はコンピューターにまず勝てなくなる。

 つまり普通に指していては、人間はコンピューターに対して引き分け(持将棋)がせいぜいということになる。

 勝機
があるとすれば、過去に無い手を人間が指し、コンピューターを未知の世界に引きづり込む場合か。

 つまり
、人間がコンピューターに勝つ望みは限りなく小さくなっていく、というのが私の予想である。

 しかも
、そんなに遠い将来の話ではないという気がする。

LUCKYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス