魅惑のドイツビール faszinierend Deutschesbier -2ページ目

魅惑のドイツビール faszinierend Deutschesbier

ドイツビールとの関わる中で感じとったその魅力をその都度記して行きたいと思っています。同時にそこから得た気づきで自分に何ができるかを考えていきたいと思っております。


テーマ:
こんばんは!皆様、お疲れ様です!
”啓蟄”を過ぎ、少しずつ日も伸びてきて、
日の光の入り方の角度にも変化が生じてきましたが、
いかがお過ごしですか?

至る所に冬の終わりが感じられつつある中で、
今だに、
”冬に飲むヴァイツェン”、
などと言っているのもいかがなものか、
という気もしてきましたが(笑)
急に真冬に逆戻りしたかのような
冷え冷えとした気候になることもあるのが、
「三寒四温」という言葉がぴったりの
この3月だったりしますので、
まだテーマとしていても大丈夫でしょうか?(笑)

さて、”冬に飲むヴァイツェン”、
「冬に飲むと身体が温まるヴァイツェン」説採用の立場からは
具体的にはどんなビールなのか?
というのが次のテーマです。

もっとも、前記事で
”冬に飲むヴァイツェン”、とはいったい何なのか?
という”定義”的なことを考えて4つ挙げてみましたが、

(冬に飲むと美味しいヴァイツェン、
夏ではなく、冬限定で飲むヴァイツェン、
夏でも冬でも飲めるが冬に飲んだ方が旨いヴァイツェン、
冬に飲むと身体が温まるヴァイツェン)

これは別に一つだけ選ばなければならないものではなく、
2つか3つ重複しても、当然構わない訳で、
寒い時期に、身体が温まれば美味しく感じるであろうし、
冬に飲んだ方旨いと感じるかもしれない、
などということを前記事執筆後に改めて感じた次第です(笑)

そして、色の濃いビール、そしてアルコール度の高いビールと言えば、
Bockbier(ボックビール)
が思い浮かびます。

ちなみに、Bock(ボック)とはドイツ語でヤギです(笑)
それも雄ヤギで、雌ヤギになるとZiege(ツィーゲ)。

そして、Bock(ボック)は雄ヤギだから、
男性名詞だぜーなんて思っていると
Bockbier(ボックビール)という単語は中性名詞になっています(笑)
これはビール(bier)が中性名詞だからでしょうか?

ちょっと話が脱線しましたが、
ヴァイツェン(Weizen)のボックタイプ、つまり、
ドゥンケルヴァイツェンボック(Dunkles Weizen Bock)などが、
具体的には”冬に飲むヴァイツェン”、ということになるでしょうか。

テーマ:
”冬に飲むヴァイツェン”
という言葉を初めて聞いたのは
確か2年程前の冬の終わり頃だったような気がします。

あるお店のオーナーから伺いました。
ただ、春が間近だったこともあり、
結局は
”冬に飲むヴァイツェン”を冬に飲まずに終わりました(笑)

そもそも、この時期に
身体を冷やす飲み物の代表格!?であるビールを
思い浮かべるだけでも一瞬身体がゾクッときますが、
ヴァイツェン好きにとっては
”冬に飲むヴァイツェン”
という言葉は
たとえ冬であってもヴァイツェンを楽しめるぞ、
という非常に期待感のある言葉になります!

しかし、大事な事を忘れていました。

そもそも、
”冬に飲むヴァイツェン”
というのはいったいどういうことなのか?
ということです(笑)

冬に飲むと美味しいヴァイツェン、ということなのか、
夏ではなく、冬限定で飲むヴァイツェン、ということなのか、
夏でも冬でも飲めるが冬に飲んだ方が旨いヴァイツェン、
ということなのか、
冬に飲むと身体が温まるヴァイツェン、ということなのか、

う~ん、もう一段階突っ込んだ質問が必要であったと
今更ながら改めて感じさられている2015年の2月です(笑)

とは言え、ある程度の”予測”というか、
何となく察しがつくような気もします。

ここは、「冬に飲むと身体が温まるヴァイツェン」説を
勝手に採用し(笑)
おそらく、ヴァイツェンの中でも色の濃いビール、
そして、
アルコール度の高いヴァイツェンを思い浮かべてみます。

アルコール度の高いビールは
身体も頭もカあ~っとなりますから、
何となく暖かくなるような気がしてきますね。

ということで、
”冬の飲むヴァイツェン”、
冬に飲むと身体が温まるヴァイツェンは
この時期にとっては貴重なヴァイツェンと
言えるのではないでしょうか。














テーマ:
皆さん、こんばんは!

冷え込み激しいですが、お元気ですか?

気温の低さに加えて雨まで加わり、
まさに、”大寒”過ぎの天候ですね。

この時期、身体を暖かくするために
普段やっているのが
戸外へ出るときには、
コートを着る、厚着をする、手袋をはめる、
マフラーをする、カイロを身につける(笑)、などなど。
室内では、暖房をつける、コタツに入る、
暖かいものを食べる・飲む、風呂に入る、
などでしょうか(笑)。

そして、忘れてはならぬことがありました!
それが、
情熱、熱気、気合!(笑)

上記のものが全て外面的なものであるのに対して
情熱、熱気、気合は内面的なもので
”暖かい”のを通り越して
”熱い”、ところまで行ってしまうかもしれません(笑)


そして、この”情熱”、”熱気”溢れる空間が、
明日から3日間開催される、
「ジャパンブルワーズカップ2015」です!
http://japanbrewerscup.jp/

たとえ外がどんなに冷え冷えであろうとも、
一歩会場へ踏み込めば、
そこは別世界。
多くのビール出展者、専門家、ビール好きが集う、
この”熱気”に触れたい方は
横浜へLet´s go‼

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス