こんにちは、ドイツ語研究室SAの袴田俊輔です。

僕のエントリーでは、「日常的にドイツ語に触れる」をテーマにブログを書きたいと思います。

今日は、Facebookをドイツ語表記にしよう!に挑戦します。

Facebookでドイツ語を指定するには・・・

ⅰ. 右上の[アカウント]から、[アカウント設定]をクリック。





ⅱ.[アカウント設定]ページ内の、[言語]欄をクリック。


ⅲ.言語を[Deutsch]に設定した上で[変更を保存]をクリック。


これで日本語表記であった部分が、ドイツ語表記になります。わからない単語があったら、調べながら覚えていきましょう^^

AD

ドイツのホッカイロ?

テーマ:
こんばんは、SAの米持です。

今回は、ドイツのホッカイロ「Taschenwärmer」を紹介しますビックリマーク



動画をみていただけると分かりますが、中にあるものをパチッと折ると、温かくなるそうですひらめき電球

どんな仕組みなのか、よくわからないのですが……(ドイツ人に聞いても分からないと言われました笑)

次の春休みにドイツへ行く予定なので、買って試してみたいと思います!

ちなみに、海外研修の参加レポートはこちら「d-map blog」に載せるので、ぜひブックマークをお願いしますにひひ
AD

Heizung

テーマ:
みなさんこんにちは!!
SAの工藤です。

最近、寒くなってきましたね~あせる



Heizungというのは、暖房のことです。

暖房というとみなさんはエアコンを思い浮かべると思います。

もしくはストーブとかかな?



しかし、ドイツのHeizungは日本のものとはちょっと違います。
こんな感じです。

ドイツ語研究室SAのブログ-Heizung



これはいわゆる「温水暖房」といわれるもので、
ツマミを回すと温水がパネルの中を回って、部屋を暖めます。
ツマミの目盛りで温度設定をすると、それに合わせて室温を調整する仕組みになっています。
一般的なドイツの集合住宅にはボイラー室があり、温水はそこで作られています。

エアコンと比べると暖かくなるのに時間がかかりますが、
部屋全体がムラなく暖かくなります。
また、ドイツの住居は断熱性が非常に高いので、
一度暖かくすれば寒くなりにくいです(窓を空けたりするともちろん寒いです)。
寒いところでは非常に好まれている暖房方式で、
日本でも北海道などに行けばちょくちょく見かけます。

ただし、換気を重視して造られている一般的な日本の住居だと、
この暖房方式は効率が悪いため、導入されることは稀です。


みなさんもドイツへ行った際には、Heizungに注目してみて下さいね!!
AD