スマホで浮気発覚

年齢:32歳
職業:主婦
結婚歴:5年
きっかけ:ライン

私は、年齢が32歳で、主婦です。結婚して5年目なのですが、夫が浮気をしていたことが最近、発覚しました。
なぜ浮気が発覚したのか、というと、まず夫のラインです。
私は、普段人の携帯電話を勝手に見ることはないのですが、その日は休日で、夫の携帯のアラームがとてもうるさく、しかし、旦那は、寝ているため気づかない様子でした。
そのため、携帯のアラームを止めようとして、旦那のスマートフォンを触ったのがきっかけです。
私が何気なく、アラームを停めたついでに、携帯の画面を見てみたところ、ラインが来ているのが分かりました。

そして、そのラインは、知らない女性からのラインでした。
とても親しげだったので、職場の人とも考えられないですし、誰なのだろう、と思いました。
旦那が寝ているため、そのまま少し携帯を見ていると、ラインには、さらにほかにもよくわからない女性の名前がたくさん入っており、さらに、出会い系サイトと思われるアプリなどがたくさんダウンロードされていました。

さらに、そちらで知り合った女性と思われる人と、ラインでやりとりをしているのが分かり、それで浮気をしていることが分かりました。
出会い系のアプリを利用していることもわかりましたし、なんとなく夜に車で出かけることも多かったので、怪しいと思っていたのですが、それは女と遭っているんだな、とようやくわかりました。
その後、旦那に問い詰めると、最初は知らない、としらばっくれていたのですが、私がラインを見てしまったことを聞くと、出会い系サイトである女性と遊んでいただけ、ということを白状しました。
しかし、浮気ではない、と否定していました。

私はそれは浮気だと言い、しばらく喧嘩になったのですが、結果旦那の方が折れて、私に謝りました。そして二度としない、ということでラインのその女性や、また出会い系サイトのアプリなどをアンインストールしていました。
しかし結果謝ってくれたのですが、また繰り返すのではないか、と不安に思っています。
マンガ喫茶


私は2年ほど前にストーカー行為をされていました。当時私はマンガ喫茶で働いていたのですが、マンガ喫茶にはよく来てくれる常連の方がたくさんいました。

私をストーカーをしていたのはその中の1人で最初は気づかなかったのですが、その人は私がシフトに入っている時だけ店に顔を出すようになりました。

それを私自身は気づいていなかったのですが周りのスタッフが教えてくれて少し気味が悪くなりました。それからというものその人に話しかけられることが増えてきて、お客さんなのでそれなりに対応をしていたのですが、仕事が終わった後もしつこく話しかけてくるようになりました。

少し嫌になってきたので適当に話を終えた後、家に帰っていました。その時は気づかなかったのですがどうやらその時に後をつけられていたようで家の場所を知られてしまいました。それからというもの仕事場に通う時や仕事を終えて家に帰る時など視線を感じるようになりました。

最初は気のせいかなと思っていたのですがだんだん見られている感が強くなり、怖くなったので走ると、後から走って追いかけてきました。このままじゃダメだと思い勇気を振り絞って立ち止まり後ろを振り返りました。

その時後ろにいた人は私が予想していた通りの人で何の悪びれた様子もなく話しかけてきました。

こういうことがこれからも続くととても嫌だったのでその常連の人にこれ以上つきまとうのはやめてくださいとはっきりと言いました。その後彼はつきまとうのを止めてくれると思ったのですが、その期待は裏切られてどんどんエスカレートしていきました。

私は当時付き合っていた彼にそのことを話しました。すると彼氏は俺が何とかするといいその常連の人と話をつけてくれました。

私は少し離れた場所にいたので彼氏が何を言ったかはわからないのですが、それからは付きまとわられることもなくなりました。その彼氏とは今も付き合い続けていますが当時の事は本当に今も感謝しています。

明石市 20代後半 N.Oさん
ペット迷子の予防対策方法として一般的な方法がペットの首輪に連絡先などが記されている名札をつけておく、との方法です。

昔から実行されている迷子予防対策ですが、ペットが窮屈そうだからと名札付きの首輪をつけない飼い主も増えています。

室内飼いの場合、首輪をつけないケースが殆どですがペットが散歩に行く時は首輪をつけますよね。
ペットが迷子になってしまうケースの多くは散歩中です。
ペット名札

散歩に行く際にだけでも首輪に名札をつけておくと、もしも、の事態を防げます。
名札がついている首輪は多く売られていますので、買っておくと良いでしょう。

水に浸かったり、こすれてしまうと連絡先が消えてしまう可能性があるために、強い油性で記すと効果的です。
首輪ごとペットが逃げてしまった、との事態もありますが、そういった事態の際に役立つ予防方法が近所付き合いを行い、ペットの顔を近所の人に覚えてもらう事です。

時間がある主婦や老人が実行しやすい予防方法であり、近所の人と談話を楽しみながらもペットの顔を覚えてもらう事ができ、一石二鳥です。

明らかに室内犬であったり、珍しい種類の猫だったりすると、一匹で近所を徘徊していると人の目に留まります。

人のうわさを伝い、あそこで見かけたよ、などとの情報が手に入りますし、知り合いのペットかも、と思い保護してくれる親切な人もいるかもしれません。

放し飼いはしない、なるべく家で飼い外へ逃げ出さないように工夫をする、と気をつけると良いでしょう。
付き合っている男は、サイテーの男です。私は、バツ1で、子供が2人います。

昼間、パートで事務の仕事をしていますが、そこで営業にきていた今の彼氏と知り合いました。

3年前ですが、仕事先で何度も顔を合わせるうちに、話すようになり、飲みに誘われ、付き合うようになりました。

その時には、私は、離婚もしていたので、飲みに誘われた時に、バツ1で子供もいる事を、話していました。

多少、驚いていたとは思いますが、それでもいいと、付き合うことになりました。

とても、やさしい人で、仕事もバリバリ出来るし、私は子供もいるので、結婚のことは諦めていましたが、このまま楽しく過ごせればいいかなくらいに思っていました。

遊びに行く時は、食事やレジャー費などは、彼氏が払ってくれましたが、週末は子供を実家に預けているので私の家に泊って、ご飯を食べたりしました。

子供とも会うようになり、はたから見たら家族のような関係になりました。わたしは、パートで母子家庭手当は貰っていましたが、生活が厳しかったので、彼氏に少しお金を入れてくれるように頼みました。

お金のことを頼んだら、急にぶつぶつ言いはじめました。「俺だって大変なんだ。子供だっているし」と、最初は私の子供のことを言っているのかと思いましたが、良く聞いてみると自分にも二人子供がいて、そのうえ、離婚もしていないというのです。

わたしは、2年以上も騙されていました。

その日は、喧嘩になり、彼氏は家から出て行きました。携帯のメールに、妻とは別れるから、捨てないでと送られてきましたが、信じられません。
ストーカーに付きまとわれている場合には精神的にも落ち着かないことが多く、正しい方法で対策をする方法が望ましいです。


正しい方法を考えるためには利用者の体験談を参考にする方法が効果的であり、効果を出せるように考える必要があります。


ストーカーに対する対策をするためには警察に相談する方法や相談窓口などを使う方法があり、効果を出せるように最適な方法を考えると効果的です。


最近ではストーカーに関係する事件が多発しているために、精神的にも落ち着かない場合には気軽に相談して解決する方法が望ましいです。


ストーカー対策をするためには相手の行動パターンを分析する必要があり、探偵に依頼するなど効果的な対策を考える必要があります。


ストーカーは存在に気が付かれると辞める傾向が強いために、最適な方法を考えてから対策を考えると効果的です。


正しいストーカー対策の方法は相手の動きなどをよく研究することであり、相談をしてから今後の対策を考える方法が望ましいです。


ストーカーに尾行されたと気が付いた時には周囲に助けを求める方法が望ましく、的確な状況判断をする必要があります。


ストーカー対策の正しい考え方とは相手にスキを見せないようにする必要があり、執拗に付け回される場合には相談をしてから最適な方法を考えると効果的です。


対策をきちんとすることで相手は気が付かれていることを認識しあきらめる傾向が強く、自分自身で最適な対策を考える方法が望ましいです。
近年は男性だけではなく女性のストーカーも出てきており、ストーカー被害に遭う前にしっかりと対策しないと大変な事態に発展する場合もあります。

最悪の状況にならない為にも、しっかりとストーカー対策のグッズを持って対処するようにしてください。

ここで活用していただきたいグッズとしては、大きな音がなるグッズです。大きな音がなるグッズを日頃から所持する事で、ストーカーに悩まされてしまっている方もしっかりと対処する事ができます。

そして深刻なストーカーに悩まされている場合にはすぐに警察に連絡するようにしてください。

よく警察は動いてくれないという意見を聞くのですが、何度も執拗に相談することで何かしらの行動を行ってくれます。その時に証拠を残す事ができれば、特定の人物を把握する事ができるのでできる限り証拠を残すように心掛けてください。

そこで携帯電話やスマートフォンのカメラ機能を使うようにしてください。そうすれば証拠として残しておくことも可能になります。またいたずら電話が多発している時も証拠として残す事ができます。

そして警察は逆探知を実施する事ができるので、非通知で電話をかけてきても犯人特定につながります。このようにストーカー対策を行う事によって、深刻な状況を防ぐ事ができます。

現在はストーカー対策として色々なグッズが販売されているので、巻き込まれる前に対策をしっかりと行うようにしてください。そうすれば少しずつ対処していく事が可能になります。
ストーカーと言う言葉は近年当たり前のように聞くようになりました。自分の身近なところでもストーカー行為はあるものと認識した方が良いですね。


典型的なパターンに恋愛のもつれからストーカーになってしまうことがあります。


付き合っていた彼氏に別れ話をして、別れたつもりが元彼がストーカー行為をしてしまうケースです。


まだこの状態では警察に言っても対応してもらえないのが現実です。


とにかく別れ話はきちんとする事がストーカー行為をさせない第一歩なのですが、すでに一方的に別れ話を切り出したら、接触を断ちきるのはやめましょう。

向こうは会いたいと思っているため、連絡をして来ます。それを嫌に思い電話にでなかったりすると、回数を繰り返す度に心配から憎悪へと気持が移行してしまいます。


人によっては引っ越したり携帯番号を変えたりしますが、元彼はあらゆる方法であなたを見つけ出そうとします。


それが生きがいになってしまい、あなたを追い詰めて来ます。また第三者を立てて話し合うのもよくありません。


元彼は本人同士の恋愛問題に口をはさんで欲しくないと思ってしまいます。


ですので本人同士が話す事が最も大切になります。


そのため、第三者を近くにおいて見張ってもらいながら外で話すのがいいでしょう。


部屋に入れることは危険ですので避けた方が無難です。ある程度手を出されることがあれば警察も動けるようになるので、難しいですが相談はしておいた方が良いですね。


とにかく相手の感情を逆なでする行為をしないこと。


あなたが嫌がる態度は全て感情を逆なでしてしまいます。厳しいかもしれませんが対話をする事が必要です。
浮気をしてしまう原因は、生活に対する慣れと言うものがあります。

結婚して何年も一緒に暮らしていると間違いなく慣れが出て来ます。あせる

新婚生活の頃であれば仕事から早く帰って会いたいとか、夕ご飯に対しても美味しいと喜んで食べてくれたりしたものです。

相手の事を褒めたり喜ばせたり、何かあれば大きく反応してくれていました。

それが年々慣れてしまう事で、お互いに刺激がなくなり、当たり前のような感覚になってしまいます。

一緒に居る事が当然になり感動や刺激がなくなります。

そんな生活を繰り返す事で疲れてしまい生活に不安が出て来ます。

そんな時に新しい刺激が欲しくなり優しく声をかけてくれる異性に惹かれたりします。ドキドキ

それが浮気の大きな原因です。旦那さんに浮気をされたくないのであれば、些細なことでも構わないので旦那さんの事を褒めてあげましょう。合格

男性は淋しい時に浮気をしてしまう傾向が強いため、褒められる事で自分の価値が高められて意欲もわいてきます。

褒められる事で頑張れるという心理は男性も女性も共通ですので、あらためて旦那さんの価値を理解するようにしましょう。

仕事の事であったり、生活の事であったり相手の話に反応してあげてください。

そうする事で会話も弾むようになり、新婚当時の刺激が蘇ります。

万が一浮気をしてしまっているなら、疑いの言葉をかけるのではなく、嘘だなと思っても優しくその嘘や良い訳を聞いてください。

浮気相手との刺激になれる事で常に優しいあなたの場所へ帰って来ますので。DASH!
昔友人がストーカー被害にあったことがあります。そのときの対策を紹介しようと思います。

友人は当時付き合っていた人がいたにも関わらず、大学の中でストーカーに目をつけられました。あっという間に家がばれてしまい、無言電話と道の待ち伏せですっかり参ってしまいました。

見かねた私たちが大学へ相談したのですが、退学されてしまいあっさり逃げられてしまいました。次に警察に相談したのですが、見回りを強化するといわれただけでした。

ストーカーに悩みながらもなんとか就職を機に逃げ出したのですが、一軒目のマンションはあっという間にばれてしまいました。オートロックのついたところに入ったのですが、他の住人の出入りに合わせられると普通に侵入されてしまいました。

何もせずに家の前まで来て帰るだけなので警察は介入してくれませんでした。

仕方ないので2軒目のマンションに移動しました。そこは女性専用の寮のようなところで24時間常にコンシェルジュがいてくれるところを選びました。一人では家賃の負担が大きすぎるし、すっかり一人では寝られなくなってしまっている彼女とルームシェアをしました。

ここまでしてようやく家にいる少しの間だけあんしんできるようになりましたqが、彼女は本当に大変そうでした。

ケータイもコンシェルジュに毎回預け、自宅には持ち帰らないようにしていました。

女性の場合、このように女性専用の寮やマンションに入ればかなりシャットアウトできると思います。

また暑苦しくても、マンションの廊下には壁がしっかり着いているセキュリティのしっかりしたところがいいと思います。
本人にはストーカーをしているという自覚はなかったようで、逆に、私が彼のことを好きだと思われていたみたいです。
講義が終わり、帰宅する際に、必ずロビーで待っていて(彼の方が先に抗議が終わるので)「あれ、今帰り?」と声をかけてきて、駅まで送ってくれる程度でした。

最初はそんな感じだったので、私も、わざわざ駅まで送ってくれるなんて優しいなぁなんて思っていました。

しかし、それからだんだん月日が経つにつれエスカレートしていき、彼が帰宅するには逆方向の電車に乗らなければいけないのに、なぜか私と同じ電車に乗り込んで延々と話してきて、許可してもいないのに自宅まで送ってくれるように・・・。

そこから、あれ?何かおかしいな・・・と思う様になり、今日は家まで来てくれなくてもいいよとやんわり断っても、スルーされ毎日ついてくるようになりました。

仕方なく諦めていると、今度は部屋に入れてくれと迫ってくるようになりました。
さすがに気持ち悪くなり、少し距離を置きました。

それでも、先に帰ろうとすると走って追って来たり、彼を含めて数人で遊びに行った時もわざわざ私がトイレに立ったりするときもついてきたり、相変わらず帰宅の際もついてこようとしたり・・・。

私は流石に耐えられなくなり、友人に相談して、なるべく彼と私を引き離すように根回ししてもらいました。
また、親にも相談して、学校の帰りや遊びの帰りでは必ず親に迎えを頼むようになりました。

なぜか、今日は親が迎えにくるということを伝えると、彼はあっさり引き下がって帰ってくれたので、楽でした。

その後も、帰宅してもスカイプやラインで毎日「今何してる?」と言われるようになったので、スカイプやラインはIDを変えました。

見るに見かねた友人が彼に怒鳴ってくれたりもしましたが、彼は逆切れしたようで、私のことを勘違いブスだの嫌いだのと言いだして、彼から離れて行ってくれました。友人としては嫌いではなかっただけに、少しショックですが、スッキリしました。

友人がストーカーになるなんて思ってもいませんでしたが、やはり早い段階で友人や親に頼ることが一番大事だなと思いました。