第1話『自由解放』

テーマ:
はい。
世界の皆様こんにちは

YOSHITO です。

突然、何か作品を作りたくなったので
作ろうとしてます(笑)
 
YOSHITO ファンの皆様だけ
読んでください。 

そうじゃない人は~

さっさとスマホ閉じてやることやってください

それでは
   
お待たせしました。。。

YOSHITO 自己満足ストーリー

スタートです(^^)

 


 19xx年 7月26日

とんでもない大事件が起こる。

これが世界的なイベントであり、

後の世界共通の祝日となるのはまだ、先の

お話である。

その、大事件とは。。。

彼が生まれたのだ。地方のド田舎に。。。

彼の生い立ちについての詳細を書いては

とんでもなく膨大のページを有するので

ここでは割愛させてもらうが、

特筆すべきストーリーは

一切ないということである。

彼は常に、誰かに守られていたので

不自由なく生きてきたのだ。  

そう。。。
 
自由が解放されるまでは。。。
  
月日は

流れる。

 彼の学力は一般人の平均並みであったため、

大阪の大学へ通うこととなる。

当然、回りに知り合いはいない。

0スタートで、ある。

とりあえず、

寮生活がスタートする。
 
色々、規則がめんどくさい寮だ。

1番の問題点は   

2人で1部屋ということである。

隣がピッチピチの麗しい美女ならまだしも、

二十歳越えた男なんて。。。

生き地獄より地獄だ。。。

何がいいたいか、

自由解放を求めて
  
大阪来たのに

むしろ今までより拘束されてしまった

くらいの勢いだ。
 
 大学生活はどうであろう?

もちろん。。。

ボッチなのは言うまでも無い。

だって極度のコミュ障だもん。

仕方ない。

そんな彼は

ボッチの神様みたいな人と出会う。

そう、二人でボッチ卒業である。





ここまで読んでくれた
皆様ありがとうございます。

このブログの記事に1つでも

いいね

つきましたら、

続きを書きます(^^)

それでは、また、執筆できることを

楽しみにしてます🎵