はくさいで衝撃のアナゴ天丼でおなかを満たしたあとは、フルーツ好きのヘムさんのためのアクティビティを楽しんでもらいましょうか。

って、もどりのバスまで一時間以上もありますよ(^-^;)。



仕方なく、来るときはバスで通った、信玄のみちを徒歩でテクテクと。

ご存知かと思いますが、このあたり甲府盆地の真っただ中、盆地というのは、夏があっついのですよ。
看板の下を駆けっこしている子どもはおりますが…。



この日の気温は何度だったかなぁ、30度を超えていたのは間違いありません。加えて風もなく、そりゃベロもでますわな…自業自得だけど。


塩山の歴史観光の目玉スポット、恵林寺の脇をすり抜けて、ついにたどり着いたのが、塩山ふれあいの森総合公園にある子ども用施設、その名もフルーツパラダイス。ね、ヘムさん、疲れが嘘のように階段を駆け上っていきますよ。



こちらがその全景。ぶどうやみかん、リンゴにカキなど、様々なフルーツの形を模した遊具が並んでいます。で、人間は我が家の三人だけという事実(笑)。あれ、甲州市の人はここで遊ぶんじゃないのかな(^^;


一番のお気に入りは、さくらんぼのローラーすべり台。

これ結構全長も長くて、何回も繰り返し滑っておりましたね。



すべり台の上からの景色がこちら、甲州盆地が一望。いやー、遠くまで歩いたねえ、ワタクシたち。

旦那さんの目が怖いので、あえてそちらの方は見ないようにしつつ、はい。


数々のフルーツが並ぶなかでもランドマーク的なのが、こちら。おおきなブドウ型の展望施設。ブドウの房の中は、子どもたちが上ることができるようになっています。

ちなみに、去年巨峰狩りに行ったときは、ハチが怖いと泣き叫び、あれほどブドウ好きのヘムの字が、二つ三つしか、食べずに早々に切り上げた思い出がございます。どうやらヘムにとっては、狩り取りの面白さより、ブドウはお部屋で食べた方がよろしいようで。


この黄色いのなんの果物かなぁ。

小さい手足を一所懸命伸ばして、ロープ渡りを楽しんでます。しかし、大人の足でもきつい距離を歩いたのに、遊びは別電池なんですかね、元気で結構。

このほか、ターザンロープとか、なぞの球体とか、コーヒーカップ的な回るやつとか、結構楽しんでましたよ。なんせ企画者としてはつなぎにしか考えていなかったのに、本人の旅の思い出のナンバーワンはこちららしいので。



渇いたから水分補給はしっかりとね。

これまた柵に乗っかって、精一杯手を伸ばしてボタンを押そうとしています。

たくさん歩いたご褒美か、この自販機で当たったんですよね。二本ゲットしてホクホク。



下り坂の途中でタンポポの綿毛をフーッ。

こういう牧歌的な雰囲気が味わえるのも旅の醍醐味ですよね。何気ない一枚の写真ですが、あたしはこの一枚大好きです。



で、ここからがきつかった。

正直、読みが甘かったのを認めます。帰り道、バスがあるかと思ったら、みつからず。タクシーが通りかかったら乗るかーと歩き出したものの、そもそも乗用車すらあまり通らず。

延々とつらなる桃畑の間の幅広い道を、がんばって走ったり歩いたり、この日は体力使いましたねぇ。



塩山の屋前の由来にもなった、塩の山まで来たところで、もうダメーと屈みこむヘムちゃん。

ここで、負けないでを口ずさみつつ、林家たい平よろしく、ゴールまでたどりついて♪と応援に次ぐ応援。

途中少し肩車したりでサポートはしましたけど、基本的には自分の足で歩いたから、えらいですよね。

いや、もちろん旦那さんの目は見られません(^-^;



それでも、そのすぐ先にあった児童公園の遊具をみつければ、この笑顔。

子どもは楽しいことのためには、電池がいくつもあるんですね。

さ、お宿まではもう少しだよ!


AD