FUKUOKAデザイン書作会の太野です。

 

我が家では、

小学一年の双子の娘たちの夏休みも終わり、

また通常の学校生活が始まりました!

 

たくさん出た宿題も、

母の心配をよそに7月中に

ほぼ終わらせた子供たち!

優秀✨

 

「夏休みの宿題は最後に

半べそをかきながらやる派」の

私に似なくてよかった~!

 

しかし宿題の1つ

「書写」にはたいへん苦労しました。

 

筆を使って文字を書くのははじめてで

持ち方もわからず戸惑う子供たち。

 

はじめは自由にやらせてみようと

黙って様子を見ていたのですが、

どうも塗り絵と勘違いしている模様あせる

下に見本を敷いて、ペタペタと

墨で文字を塗り始めました。

 

「塗るんじゃなくて書くのだよ」と教えて

少しづつ理解してくれましたが、

指の力が足りないようで、筆圧も弱く、

線もふらふら。書けないことにイライラ。

 

とうとう集中力も途切れ、

両手いっぱいに墨汁をつけて

二人で遊び出す始末汗

 

小学校1年生だから仕方ないか・・・。

 

それでもなんとかひたすら書かせ続け、

気がつけば3時間!

ついに完成〜✨

 

出来上がりは…

 

母、手出しすぎたかなあせる