出会い

テーマ:

FUKUOKAデザイン書作会13期生の太野です。

フリーランスのグラフィックデザイナーとして

活動しています。

 

先日、お仕事でお世話になっているライターの方の

繋がりで、ある女性の方とお話しする機会がありました。

 

彼女は福岡県古賀市出身の漫画家、くらのさん。

日本舞踊をテーマに描かれた青春ストーリー「さんさん桜」で単行本デビューされたばかり。

 

そういえば自分も、小学生の頃にクラスでちょっと絵が上手い方だったというだけで「将来漫画家になりたい」という淡い夢を描いていた時期があったなぁ・・・。

 

畑は違えど、漫画家もデザイナーも何かを作る、表現する、という点では同じクリエイティブな仕事。

プロの漫画家さんの着眼点、想像力、ストーリーの構成の仕方、様々なお話を直に聞けたことはとても刺激的で貴重な体験でした!

 

くらのさんの作品「さんさん桜」は角川文庫より出版されています。皆さんも機会があればぜひ読んでみてくださいね!

 

いつか筆文字で本の装丁デザインをしてみたいな~。