こんばんは。

札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。



あなたは、“悪質な脂(油)”“良質な脂(油)”だったらどちらを選びますか?



当然、良質な脂(油)のはずです。



「もう少し太りたいから揚げ物とかがいいかな?」


と思っているなら今すぐやめてください。



マーガリンやショートニング、ラード、サラダ油、キャノーラ油、などを使った物は特に体には必要ありません。



それなら身体に必要な良質な脂質を、毎食欠かさず摂ってた方が健康的ですしカロリーも増やせます。



そう言われても、


「良質な脂質って何?」


と思ってますよね?



良質な脂とは“オメガ3脂肪酸”のことです。



種類は、DHA、EPA、α-リノレン酸、の3つ。



DHA・EPAってなんとなく聞いた事ありませんか?


よく青魚に多く含まれてます。



DHA・EPAの役割は脳の活性化、細胞膜、身体エネルギー、になったりします。


脳を構成してるのも脂質とたんぱく質ですからね。



α-リノレン酸は、オリーブオイル、アマニ油などの○○オイル(○○油)に含まれてるものです。



α-リノレン酸は体の中でDHA・EPAに変換されるので、DHA・EPAを生み出してくれる卵のようなものなんです。



「じゃあオリーブオイルとかたくさん摂ればDHA・EPAに変わるんだ!」


と思いたくなるところですが、変換されるといってもDHA・EPAはわずか10〜15%くらいしか変換されないんです。


でもα-リノレン酸を摂っても無駄になることはありませんからね。



「わたし普段から○○オイルとかけっこう摂ってるから大丈夫」


と思ってる人でも実際はDHA・EPAが足りてなかったりするんです。


{BA9EC08C-BF20-48BF-8A1B-13E7BC54BCC7}


だからこそもうちょっと魚を食べるべきです。



なぜって?


魚だったら、たんぱく質も脂質も同時に摂れるからです。



DHA・EPAの1日の目標摂取量は1000mg。



100g中にDHA・EPAが1000mg以上含まれている魚は、マグロ、サンマ、サバ、ブリなどの青魚に多いです。


青魚に多いからといって青魚に偏らないでくださいね。



そして1回の食事で100gの魚を摂るのではなく1日ですから。



あなたは普段どれくらい魚を摂れてますか?


今一度、魚の摂取量を気にしてみましょう。



良質な脂はバストやヒップに必要。



ではまた。

いつもご覧いただきありがとうございます。

>>ホームページはこちらをクリック<<