ヒップアップはまず緩めることから始まる

テーマ:

こんばんは。

札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。



普段の生活で“お尻を使ってる”と感じることはありますか?



実際、普段の生活で筋トレなどをしてる人以外はほとんどお尻は使われません。



使われない筋肉はやがて筋肉量が落ちて衰えていきます。



特に、デスクワークなど座ってる時間が長ければすぐ衰えます。



そしていつしかヒップの位置が下がってしまいます。



これ実は、痩せてる人でも同じ事が起きてるんですよ。



「私、お尻にお肉ついてなくて見た目が…」


そう思ってるなら筋トレをするしかありません。


{B498977F-761D-4F6E-8A1E-309D4C9F2EE8}


お尻に膨らみをつけたい場合、筋トレをひたすら頑張ろうとしますが、もしかするとそのやり方は遠回りする可能性もあります。



筋トレする事をやめた方がいいということではありません。



筋肉って何に付いているでしょうか?



もちろん骨に付いてます。



お尻の筋肉は骨盤と太ももの骨に付いてますが、骨盤がズレたりしている状態でトレーニングしたらどうでしょう?



その状態でトレーニングしてもお尻に力は入りません。


力が入らないということは、しっかりお尻に刺激は入らないということ。



例えると、自転車のペダルを漕いでキーキー音がなってたら漕ぎづらいですよね?


その状態に油をさせば漕ぎやすくなります。


つまり正常に機能しているということ。



包丁でも切れ味が悪い状態でお肉とかを切ろうとしても切りづらいだけです。


切れ味が悪い状態で使い続ける人はいないですよね?


でも研ぐと楽に切れます。


これも正常に機能しているということ。



話を戻しますが、筋トレだって同じなんです。


筋肉を使いやすい状態にしてから筋トレをする。


そうするとしっかり筋肉に刺激が入ります。



だからといって筋トレの前に、ストレッチやマッサージして揉んだり伸ばしたりするとむしろ力が入らなくなりますからご注意を。



「じゃあ何すればいいの?」


と思いますよね?



筋肉をただ緩めて柔らかくしてあげるだけです。



“筋肉を緩める”と聞くと逆にダメなんじゃないかと思うかもしれませんが、その方が動かしやすくなりますし力が入ります。



筋肉を柔らかくするからこそヒップが変わるんです。



あなたの骨盤どうなってますか?


あなたの筋肉どうなってますか?



ただ頑張るだけじゃ遠回りするだけですよ!



ではまた。

いつもご覧いただきありがとうございます。

>>ホームページはこちら<<

AD