ただ動かしてるだけでは効かない

テーマ:
こんばんは。
札幌で唯一のバストアップ・ヒップアップ専門、痩せてる体型を改善するパーソナルトレーナーの佐藤翔大(さとうしょうだい)です。


お尻の筋肉って普段そんなに使われません。


お尻の筋肉は脚を後ろに動かす動作や、脚を横に開く動作の時に使われます。


そんな動きほとんどしないですよね?


なので衰えやすいんです。


衰えても衰えたままにせず、使わないとヒップのサイズアップはできないですよ。


本当は衰える前にやるのがいいんですが。


「じゃあ、ちゃんと筋トレしよう!」

と意気込んでも、何やったらいいかわからないですよね?


“お尻の筋トレ”とネットで調べると色んな種類のお尻の筋トレが出てきます。


それを1つひとつやってたらかなり時間が掛かります。


たくさんお尻の筋トレをやるのもいいですが、効率良くやるのもポイントですよ。


ただし、効率良くやったとしても本当にお尻の筋肉をしっかり使えているのでしょうか?


お尻の筋肉は体の後ろ側にあり、筋トレをしてもほとんど使ってるお尻が見えないので意識しずらいんです。


かといって四方八方に鏡を置くわけにもいきません。


その為、ただ脚を動かしてる人が多いです。

{A408A970-8F8E-4AF2-AE98-72F478BDAC16}


“お尻を使ってる”

と思っていても本当は、

“お尻を使ってる気になってる”

というのがよくある間違いです。


動かす方向や、負荷が掛かる方向が違うとそれに合わせて意識を変えていった方がさらにお尻に効きます。

意外に細かいですよ。


では、誰かがやってるのを見よう見まねでやったらどうなるでしょう?


動きは真似できても、効かせることができるかというとそうではありません。


やがて効いてるかどうかよくわからず諦めてしまうんです。


結局、それは遠回りでしかありませんよ。


あなたは、

“お尻を使ってる気になってる”

になりたいですか?

それとも、

“お尻にしっかり効いてる”

にしたいですか?


どちらが良いと思いますか?


ではまた。
いつもご覧いただきありがとうございます。
AD