花房直三郎 ー内閣統計局長ー | 近代名士家系大観

近代名士家系大観

ー明治大正昭和という時代に成立した特権的な階層=旧皇族、旧華族、旧財閥、中産階級(ブルジョワ)、あるいは地方においては幕藩体制下から続いている支配階層といったあらゆる勢力が、婚姻や養子縁組によって綯い交ぜになり形づくることになった途方もない門閥地図ー


テーマ:

花房直三郎 従三位勲二等 岡山縣士族

安政4、旧岡山藩士・花房端連三男

明治32、相続

法学博士

内閣統計局長

兄に子爵花房義質あり

参照・花房義質

http://ameblo.jp/derbaumkuchen/entry-12105165626.html


父・端連

文政7、徳田尚二二男

岡山市長


妻・八重子

明治3、京都士族・山内芳秋長女


長男・竹太郎

明治20

海軍機関大技士

松田家の相続人となる


長女・きく

明治21

滋賀士族・原元蔵弟、正幹に嫁せり

参照・原元蔵

http://ameblo.jp/derbaumkuchen/entry-12107946866.html


男・仙次郎

明治24


二女・とみ

明治26

愛知、稲垣長次郎の弟、長止郎に嫁す


四女・きよ

明治32

石川士族・草鹿龍之介に嫁す

参照・草鹿龍之介

http://ameblo.jp/derbaumkuchen/entry-12118782996.html


五女・音羽

明治34


三男・満三郎

明治36


四男・信四郎

明治39


五男・奎五郎

明治41

近代名士家系顕彰会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス