おはようございますdepartureです

今年は寒い…

そして肌の乾燥もキツイ…

ムスメも手の乾燥が気になるといっております…

今期は時間が取れず、毎年作成している手作りクリームを未だ作れず…です💦

手作りクリームを作ろうかなぁとお考えの方に、ご参考までに昨年のレシピをお伝えしますね〜

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

今季のアロマクリームは、さっくり系でもホイップ系でもバームケアでもない「とろシュワッ系」

{582BB4BC-7C03-466B-B898-57DECD5514AE}

材料&道具⬆︎
ホホバオイル
シアバター 
精油
耐熱容器
クリーム容器
量り
ホイッパー
シリコンゴムべら 


{22A581B7-6EED-4B77-9BAD-850B6848D4E6}
ホホバオイル&シアバターを1:2の割合で耐熱容器に入れ、電子レンジや湯煎でシアバターを溶かす

{715BCFC6-B8D3-498D-90D6-9B469921C8E4}
完全に溶けた状態
加熱し過ぎないように注意!

{1E482486-308C-44C3-9F76-17072D421D0E}
次にホイッパーで泡立てます
耐熱容器より大きめのボールに氷水を入れ、耐熱容器の底を浸して冷ましながら、ひたすらホイップ!

{A358D516-52B8-452C-89ED-785C3ED55515}

{70F9CC09-4672-49B1-B5CF-138CB72389D7}

{DD270937-DE8C-4413-9815-3FF59D848C09}
混ぜ進めていくと、とろみがついてきて、乳白色に変わっていきます
しっかり混ざったら精油をドロップ!
因みに今回は ネロリ マンダリン サンダルウッド  ベンゾイン 
精油を馴染ませて…

{F77F3252-936F-4DCA-BDD4-82176A347307}
クリーム容器へ移します
量ったようにピッタリ(笑)

容器はあらかじめ消毒しておくこと!
何度も繰り返し使っているこのクリーム容器はガラス製なので、煮沸消毒してあります

かなり緩いテクスチャーなので、冷蔵庫へ…
一時間後↓
{C97EE1F7-0FCE-4960-8791-88F3D42A5FD2}
トロトロだったのが、柔らかいながらも固まっています

{28CC11E9-5371-4C8D-A983-BE7212B8E824}
スパチュラもすっと入るくらいの柔らかさ

{BEEFF17E-CD99-4569-A889-B3A5665D5298}
手に乗せた直後は柔らかクリーム

{2ACEF1FD-2566-47C2-9B43-435910177655}
人肌で温められてシュワッも溶ろけてきます!

とろシュワッが特徴のクリームですが、時間をかけて角が立つくらいまでしっかりホイップするのもオススメです

添加物なしの自然素材だけで作るこのクリーム、手だけではなく、フェイスにボディ、髪の毛にも使えます!

精油は用途に応じて&お好みの香りをどうぞ

常温だとクリームが緩すぎになってしまうので、冷蔵庫での保存をオススメします

出来上がったクリームは3ヵ月を目安に使いきってください

**********************

カサパリが気になりだしてからは、市販のクリームをたっぷり使っていましたが、思うような肌には戻らず…
 
出来上がったこのクリームを昨晩寝る前にたっぷり馴染ませておきましたところ、カサパリが!指先のしわしわが!

今朝起きたら気になる状態から緩和されてました〜♪  

乾燥の季節が始まったばかりのワタシの肌は、なんでかわかりませんが、テクスチャーは問わずとも、アロマクリームでないと治らないんですよね〜

今年のとろシュワッ系アロマクリームも、ちゃんと結果を出してくれましたチョキ

これで今年の冬も乗り切れそうです

アロマクリーム、本当にオススメ!

ご希望がありましたら、個別でのアロマクリーム作製講座を開講しますので、お気軽にお問い合わせくださいね〜
AD