112回歯科医師国家試験合格体験記その5(西日本の私立大学) | 歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ

歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ

歯科医師国家試験の本格的(?)勉強サイトです。必修や衛生系、勉強方法も語ります。歯科医師国家試験対策の家庭教師・個別指導・講義・無料カウンセリングも実施します。研修医講座・進路相談など国試合格後も応援します。


テーマ:

ハンドルネーム:Orange

出身大学:西日本の私立大学歯学部

受験した国試:110、111、112回

 

【dentalkokushiから】

Orangeさんは出張講義でdentalkokushiの授業を聞いて頂き、それがきっかけとなり受講して頂きました。

授業中、Orangeさんとdiscussionをしたところ、ドーナツの真ん中に問題があると考えたため、とにかく徹底的に基本事項の把握と理解に努めた授業を実施しました。

 

具体的には、以下3点を強調していました。

①出題可能性が低いところは無視する

②勉強の範囲を絞る

③問題の解き方、問題文の読み方

 

この3点を毎回の授業でご指導させて頂きました。

 

その結果、成績が上昇し、3回目で合格されました。

特に浪人生は細かいところに目が向きがちですが、細かいところでは差がつかないということを今一度再確認して頂きたいです。

 

 

1 はじめに

3度目の受験の112回で合格することが出来ました。

これを読まれている皆さんの参考になるかどうかはわかりませんが、これまでの経緯を含めて書いていきたいと思います。

 

浪人1年目は某大手予備校に通いましたが、成績は全く上がりませんでした。

その原因としては大学の授業と予備校の授業の相違点に目がいってしまい、そればかり気になってしまったことだと思います。

 

このようなことがあったので、自分には予備校は向いていないと思い2年目は自宅浪人をしました。

このときにこの「歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ」を見つけて、少しづつ見るようになりました。

 

そして浪人3年目になる昨年、大学でdentalkokushi先生の出張講義があると聞き、何か得られるものがあればと思い参加しました。

その後LINEで無料カウンセリングをして頂き、dentalkokushi先生に教えてもらうことを決断しました。

 

 

2 スパルタゼミの授業について

私の場合、dentalkokushi先生の授業を受講するのはおおよそ月2~3回でしたが、授業前の予習、授業後の復習をかなり徹底してやっていました。

 

111回国試の見直し、インプラントの授業、衛生の授業、最後は口頭試問というような感じで授業を行ってもらいました。

自分の苦手とする臨床問題の解説、今後出そうなところの解説や派生する事項などについてもコメントをもらっていました。

 

スパルタゼミではLINEで質問ができるのですが、dentalkokushi先生の場合、国試にいらないものは「不要です」とか「突っ込みすぎです」などと適切に回答してくれます。

この質問でのやり取りを通して、合格に必要な範囲やdentalkokushi先生の考え方がわかるようになってきました。

つまり勉強の方向性が意識できてきたのだと思います。

 

さらによくdentalkokushi先生に指摘されていたことが、問題文の読み間違いでした。

問題文をしっかり読んでいないことがすごく目立っていたため、この修正が自分の課題でした。

先生にドーナツの真ん中と言われる部分を埋める努力はしました。

 

dentalkokushi先生がYouTubeで配信しているスパルタ動画セミナーや受講生限定動画は受験生だけではなく、将来歯科医師になる人にとって絶対知ってないといけない内容が多いと感じ、私にはとてもためになりました。

 

 

3 113回国試に向けてやった方がよいと思うこと

・大学の先生や実際に臨床をしている先生にわからないことを聞く

 

・聞いたこと、よく忘れることはきちんとメモする

 

・友達と一緒に勉強する

→これには賛否両論あります。私の場合は自分がわからないことがはっきりして良かったです。

 

・dentalkokushi先生のブログ、スパルタ動画セミナーと受講生限定動画の内容を理解し、頭に入れる

 

・今までの覚えたことが頭に思い浮かぶようにする

 

・当たり前かもしれないが、消去法で解く

→これはdentalkokushi先生がブログや動画でしばしば言っていることですが。

 

メモしたことを何回も見て頭に入っているか確認したり、消去法で解答することをこれまで以上に徹底したことが合格につながったのかもしれません。

 

 

4 さいごに

今年の国試は最後の最後まで難しかったです。

 

国家試験会場で新問を見て冷静に解けないこともありますが、dentalkokushi先生に国試前に強く言われたとおり、今年は消去法を徹底しました。

見直し時には、dentalkokushi先生に言われた通りマークをほぼ変えませんでした。

(109~111回国試では見直しのときにマークを変更してしまい、当初の解答が正解だったのに、変更して間違ってしまったことが多くありました)

 

答えはこの5択にあると思いながら、いつも通り淡々と問題を解きました。

 

振り返ってみると、授業、ブログ、動画で言っていたことがたくさん出ていて驚きました。

dentalkokushi先生には感謝しています。ありがとうございました。

 

来年の113回国試を受験される皆さんが合格されることを祈っております。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

dentalkokushiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ