院長のブログ

院長のブログ

亀岡の前川歯科医院の院長が思いついたことを書きます。歯のことやその他いろいろ。

昨日の続き。
真ん中の白い歯がジルコニアインプラントにかぶせたジルコニアクラウンです。
まったく金属を使わない、ほんとにメタルフリーの治療です。前川歯科医院ではこんなこともやってます。

今日は朝から雨がよく降りました。
風も強く、後で聞いたら春一番だったとのことでした。

サボってばかりのブログですが、なんと書き始めて10年です。
どうせ誰も読まないだろうなんて、ものすごく軽い気持ちで始めたもんですから、タイトルの整理もしないままですみません。

 今日は亀岡市立病院に行きまして、昨年自転車で転倒して鎖骨の骨折をしてしまって整復手術を受けましたので、固定のために埋めたプレートを除去する日程を決めました。
日程はまだ内緒。

先週から新しい機械が診療室にきました!
口腔外バキュームといいまして、歯を削るときに飛び散る水分や削りカスを吸い取る機械です。掃除機みたいなもんですから、けっこう大きな音がしますが感染対策には有効のようです。

金属アレルギーをお持ちの方、心配な方へ  

ジルコニアインプラント

審美歯科

 

上の写真に写っている白いネジ状のものがジルコニアインプラントです。その下の写真はジルコニアインプラント専用のドリルです。体に触れる部分はすべてジルコニアセラミックで作られています。

インプラントはチタンかチタン合金で作られており、従来からチタンは体に対して親和性がよく、金属アレルギーを引き起こさないと言われてきました。しかし、極めてまれではありますがチタンインプラントによって金属アレルギー的な症状を引き起こすことが報告されるようになってきてます。そのような事例に対して金属を使わないインプラントが開発され、欧米ではすでに10年以上の歴史があるインプラントもあります。当院ではそれらの一つ、スイスのz-system社のジルコニアインプラントをご用意させていただいております。

まだまだ日本ではジルコニアインプラントを扱う医院は少数ではありますので、情報も限られております。院長は日本メタルフリー歯科医学会の会員で、ジルコニアインプラントについてご興味のある方はどうぞいらしてください。

ちょっとわかりにくいですが、歯と歯の間の真っ白なのが当院で埋めたジルコニアインプラントです。

 

今日は湖西線近江高島からスタート。

草津線を走ってるはずの忍びトレインで湖西線を走って近江高島まで行きました。
滋賀県高島市ですが、現在の市の中心からは数キロ南です。
駅を降りて歩き出すと、古い街並みがあってなかなかいい感じ。
写真の位置が悪くてよくわかりませんが、造り酒屋です。
今回の琵琶湖一周計画は、とりあえず歩くことをメインにしてますので酒屋さんはスルーして歩きます。今日はものすごい風で、歩いてても風で体があおられました。
けっこう寒いし、はっきり言って楽しくなかったです。
風のなか、こんな景色の中を歩いてると、荒涼っていうイメージです。
この写真の奥の方には雪で白い伊吹山。
1時間ほどで新旭。
変わった町名です。
古い街を通っていきますと、かつては賑わってたと思える街並みがみられ、今は営業をやめたお店がチラホラです。いま、そういうところが沢山あります。
寒い中、安曇川で電車に乗ろうかと思ったけど新旭まで頑張りました。
道の駅でトイレ。
中江藤樹という、江戸時代初期の陽明学者の記念館が近くにあるのですが、私はその人のことほとんど知りませんし、とにかく寒いので先へ進みました。
安曇川大橋を渡っていくと、新旭。
高島市の市役所です。

この風ですが、湖西線の弱点の一つだそうです。
もともと湖西線は全線高架で踏切もなく、高速での運行が可能な路線なのです。
JR西日本の新車両のテストにはこの路線を使うそうです。時速130キロでの運行が可能です。
きょう、私が乗った各駅停車の列車でも最高103キロ出てました。
で、弱点というのは強風のために減速や運休を余儀なくされてしまうのです。その強風を比叡おろしと呼ぶそうです。
何年か前に、学会で富山に行くときにサンダーバードに乗ったのですが、通常は敦賀まで湖西線を走るのですが、強風のため琵琶湖線で米原経由で敦賀までのコースを通りました。
ということで、新旭から戻ってきました。
荷物を軽くするために、小さめのリュックに無線機とバッテリーだけ持っていったのですが、
椅子と少しの食べ物は持っていこうと思いました。駅前にコンビニぐらいあるだろうなんて思ってると、えらい間に合います。

きょうは、10キロ2時間半歩きました。

今日は前回の続き
建国記念日です。
湖西線で近江舞子まで行って、そこから歩きました。
ちょっと油断して、手袋を持ってこなかったので歩き始めは少し寒かったです。
湖岸沿いの道は車もほとんど通らなくて快適。
前回ほどの快晴ではないものの、強めの風が割と心地よい感じでした。


しばらく歩くと、国道161号線に沿って歩くことになり、交通量も多めであまり楽しくはないのですが、景色は良かったです。

湖西線ですが、私が高校生の頃に開通した路線です。だから比較的新しい路線ですが、これがない時代ってすごく不便?
大阪に地下鉄の路線が増えたところで、ちょっと便利になったなーという程度だけど、湖西に電車が走るなんて画期的だったに違いない。
国道もきれいに整備されてます。
でも、自転車の世界では有名なビワイチは、そこそこ交通量の多いところを走るのが怖いです。
この先に白髭神社があります。
立ち寄りませんでしたが、そこそこ人がいました。


この辺りで、歩き始めてから2時間弱。
近江高島まで、もう少し。
国道をそれて古い街並みの中を歩いて近江高島駅に着きました。
お昼ご飯をなんとかしたかったのですが、駅前には食べるところが見当たりませんので、ローソンでオニギリと缶ビールを買って、駅前のベンチで食べました。まーー、人がほとんどいなくて呑気ですわー。

ということで、あとは新快速で帰りました。