感染防止と衛生管理 | デンタルアトリエ自由が丘歯科 Dr.小笠原慶一ブログ

デンタルアトリエ自由が丘歯科 Dr.小笠原慶一ブログ

東京自由が丘駅徒歩3分の歯医者。
丁寧な治療と高度な技術で安心な治療。
院長 小笠原の診療や日々の日常のお話を♪
よろしくお願いします。


テーマ:

前回の続きからです(^-^)/

 
デンタルアトリエは綺麗な病院です。
僕がただ、きれい好きってことも
ありますが…(((^_^;)
 
でも、お医者さんはきれい好きでないと、
衛生面の対策や、丁寧な治療はできません‼
と、思ってます(笑)
 
当院では、、
器具の滅菌、
グローブや器具の使い捨て、
もちろん行っています。
 
さらに国内でトップクラスである理由は…
 
スタッフが治療中に、
触れる可能性のある場所には、
あらかじめバリアフィルムを貼っています。
(※先生が使うテーブルです。透明なフィルムが貼ってあるのがわかりますか?)
(※テーブルには席を横にするスイッチなどがあります)
 
バリアフィルムは粘着性のフィルムで、
治療中に手が触れる場所をカバーし、
患者さまごとに貼り替えることで、
次の患者さまへの感染を防ぎます。
 
毎回使い捨てるので、拭き掃除よりも、
衛生的には安心かつ、確実です。
(※赤で囲まれた場所はバリアされてます)
清潔なのでスタッフも働いていて
気持ちが良いです✨
 
しかし
コストがかかるのと
貼り替えに時間がかかるために、、、
 
患者さまごと交換している病院を
探すことは難しいと思います。
(先生と患者さまの理解が一致している病院です)
 
また、使用する器具は
トレーごとパックして滅菌しますので
患者さまのお口に入るときには
すべて清潔な器具を使用できます。
※パックの使い回しはあり得ません‼
 
 
この数十年で、医療は急速に変わっています。
歯科も、
素手の治療からグローブへ、
グローブから使い捨てグローブへ、
 
過去の感染事例から
今の医療安全が確立し、
対策がとられています。
今後医療の安全はもっと厳しくなり、
対策や対応が大変になると思います。
 
医療従事者はもちろん、
行政はもちろん、
患者さまも理解していただき、
お互いに助け合える医療ができると
みんなハッピーライフですね(*^-^*)🎵
 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。

詳細はHPをチェック(σ・∀・)σ

http://dental-atelier-jiyugaoka.com/

 

東横線・大井町線 自由が丘駅徒歩3分

ご来院を心よりおまちしています(▰˘◡˘▰)

●03-6715-6603

デンタルアトリエ自由が丘歯科

デンタルアトリエ自由が丘歯科 小笠原 慶一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス