ホスピタルクラウン | 西田書店~本屋には新しい人生が転がっている~
2008-11-18 10:00:49

ホスピタルクラウン

テーマ:スタイル(働き方、生き方)

ホスピタルクラウン

(大棟耕介 サンクチュアリ出版)


昨年6月。

中学校へ教育実習にいったときに、

「道徳」で取り上げた本。


月に2回。

バルーンやジャグリングをしに、病院へ行く。

難病の子どもたちが入院する小児科病棟だ。


そこで、精一杯子どもたちを笑わせて帰ってくる。

お母さんは言う。

「自分の子がこんなに笑うってこと、忘れていた。」


でもそうじゃないって大棟さんは言う。

子どもは久しぶりに笑ったお母さんを見て、

自分も楽しくなって笑うのだ。


天職とは何か?

を問いかけられる。


ただ、目の前にいる子どもを笑顔にしたい。

その想いの積み重ねが天職につながっていくのだなあと感じた。

ひとつひとつに愛を。

ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師/大棟 耕介
¥1,470
Amazon.co.jp

POPはコチラ

「天職とは、目の前のひとつひとつを大切にしていくこと」

ジョニーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス