今回も寝てしまいました。疲れがとれず夕方まで寝てました。 | 視力回復・緑内障専門気功 一ノ瀬拓馬のブログ

視力回復・緑内障専門気功 一ノ瀬拓馬のブログ

認知科学に基づいた気功を駆使して、緑内障への施術を行っています。
視力へのヒーリングなども受け付けています。

7月8日の遠隔気功へのフィードバックをいただきました。



1個目

ありがとうございました。
今回も寝てしまいました。疲れがとれず夕方まで寝てました。




2個目

昨晩は遠隔気功ありがとうございました。
 
以下、ブログ記事なども参考に、フィードバックと言えるものか分かりませんがメモを取りましたのでお送り致します。

~~~~~~~~~~~
ベッドに横になって受ける。
始まってすぐに手足、胴体、共に軽く電気の通ったようなピリピリした感覚を得る。温かいというより辛口なピリピリ感。
気が通っている感覚はよく感じる。

イメージについては、アドバイス(なりたい自分が感じているであろう感情を、体に変化が出るほど)のような形で望む。
ただ、だいぶ以前から、素の時にもそのような自然に顔が微笑む位の理想的イメージをすると、(理想と現実の物理的ギャップからか?)いつも身体がビクビクと強く反応するので、
遠隔中もそのような強いイメージをしている最中は同じように時折ビクビクしながら、顔は(笑顔で)力の入った状態で過ごす。
時折イメージを休み身体の感覚だけ感じる。

イメージの中で多少ハイテンションになっているので、
気持ち的に落ち着いてリラックスしていたとは感じないが、日常的に殆ど出ないあくびが4.5回ほど出たので体はリラックスしていたと思う。
終了時間(終了後数分あとまで)までピリピリした気の感覚は一貫して感じていた。
 
遠隔前と後に、いくつか比べてみた。
カレンダーなど小さい文字を見比べてみたが変化はない。
同じく、背中は軽くなった感じ。その分長年の左肩の張りは目立つ感じになっている。
同じく、前屈や反りなどいくつかの運動をしてみたがまだ変化はない。
同じく、イメージした身体の外観的な変化は見られない。
 
終了後、しばらく経って、軽い動悸や背中、腰の張りが出る。
ただ整体に行った後にもいつも出る事なので、同じように軽い好転反応のケースかと考える。

~~~~~~~~
以上、
このような感じになりました。
 
ありがとうございました。
 
また、宜しくお願い致します。



フィードバックありがとうございます。

好転反応として体のダルさや疲労感が出てくるのは、体が緩み元々あった疲労が表面化したからです。

疲労を抜くために複数回遠隔を受けることをお勧めします。



ゴールはただ設定すれば良いのではなく、現状の外側に設定するという厳密なルールがあります。

現状の内側にゴールを設定してしまうと、現状をますます強めることになり、スコトーマが強くなり、遠隔の気を現状を強化することに使ってしまうので注意してください。

貰った気を現状にしがみ付くためのエネルギーにしてしまう感じです。

【参考書籍】

 

 このブログで何度も紹介していますが、この書籍にゴール設定について詳しく載っています。



自分のゴールは現状の外側か?内側か?

ただの理想的な現状じゃないか?

と自問自答するようにしてください。



フィードバックでは客観的な変化を観ようとしていて素晴らしいですね。

抽象度の高い働きかけを行っていますから。

体の客観的な変化だけでなく、環境の変化や、人間関係、周囲の自分への反応、自分の行動や思考の変化などに目を向けると良いでしょう。



体の疲労を抜いたり、内部表現を書き換えるためにも複数回遠隔を受けることをお勧めします。

今回参加して頂いた遠隔気功企画は毎週開催予定ですので、宜しければどうぞ。



本気で変化したい方は、有料版の施術を受けることがお勧めです。

無償版よりも強力な働きかけを個別に行います。

お金を払うと無意識も元を取ろうと本気になりますから、より大きな結果を得やすいです。

ブログのメニュー表に有料版も載せていますので、必要だと思ったら受けてください。

施術メニューはこちら