新体制になって初めてとなる、BABYMETALの単独公演。

横浜アリーナのステージには、SU-METALさんとMOAMETALさんの他に3人、白装束にキツネの面をかぶった人物がいました。

 

この中の1人が(おそらく、昨年10月に脱退されたYUIMETALさんの代役で)サポートダンサーをつとめることが発表されたあと――

 

サプライズで登場したのは、元モーニング娘。の9期メンバー

鞘師里保さんでした。

 

BABYMETALの28日のサポートダンサーとしてパフォーマンスした鞘師さんは、モーニング娘。に入る前に、ASHでSU-METALさんとユニットを組んだこともありますから、そういった方面に詳しい方は感慨もひとしおだったでしょう。

 

鞘師里保がRIHOMETALになるといった話ではないにしても、今回の共演には夢があると思いますし、モーニング娘。の鞘師里保を見てきた身としては、アイドルを辞めたあとも、プロのダンサーやコレオグラファー、女優など、何かしらの形でエンタメ業界に残っていただきたいと思っていたので、素直に喜んでいます。

 

 

 

 

 

腹を割って話すなら、あれだけの才能をエンタメ業界で使わない手はないと思うのですよ。アップフロントに所属したまま留学して、学んだことをアミューズで披露したというご意見も全く分からないわけではないのですが、個人的には正直どうでもいい。

横浜アリーナが復帰後の初舞台ならともかく、鞘師さんは今年の「ひなフェス」に参加されていましたからね。

 

元モーニング娘。の肩書きが、変な形で使われたわけでもない。

 

鞘師さんがどのような道を進まれるかは分かりませんし、本人の意思が何より大切ですが、次の夢を叶えた後、モーニング娘。の振り付けを担当するような未来があれば見てみたいと思います。