おいでんエネルギーとして、環境学習施設エコットさんで「牛乳パックでソーラーハウスを作ろう!」という講座させて貰いました!

環境について学ぶ楽しさと作る楽しさが親子で味わえる講座です♪

もうかれこれ5年前から同じ企画でやっていますが、内容は少しづつ進化しています。

最初の20分くらいは、楽しく環境やエネルギーについて皆でお勉強し、そのあとはそれぞれのオリジナルなソーラーハウスを作ります。

 

事前準備が大変ですが

子どもたちが楽しそうに作っているのをサポートしていると、やってる本人も楽しいし、関わってくれたスタッフも楽しいと言ってくれる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再生可能エネルギーによる農業振興を目指す
~ソーラーシェアリングセミナーを開催いたしました。

開催目的 農業振興とエネルギー政策の融合により地域活性化を目指す
日  時 2021年7月9日15時より
場  所 愛知県豊田市小坂本町1-25 豊田産業文化センター小ホール
主  催 日本PVプランナー協会
共  催 豊田市
後  援 農林水産省 /豊田信用金庫 /環境省中部地方環境事務所
参画企業 株式会社松原電機 /おいでんエネルギー株式会社 他

15:00~挨拶   : 豊田市 企画政策部 未来都市推進課 
15:15~基調講演Ⅰ:「2050年カーボンニュートラルの実現に向けた環境省の取組」  
             環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 課長補佐(統括) 岸 雅明 氏 
15:55~休憩        
16:05~基調講演Ⅱ:「農山漁村における再生可能エネルギーと営農型太陽光発電」
          農林水産省 大臣官房 環境バイオマス政策課 再生可能エネルギー室長 西尾 利哉 氏    
16:45~基調講演Ⅲ:「農業支援としての
            ソーラーシェアリングの設備の適正化と実例発表」
           株式会社千葉エコ・エネルギー  代表取締役 馬上 丈司 氏

 

 

農業従事者はもちろん自治体関係者、金融機関、大手企業様等幅広くご参加くださいました。

 

豊田市ソーラーシェアリングセミナー 馬上様

 

環境省より温対法の改正直後ということもあり、有益な情報を得られたことと、農水省が農地をしっかり守りながら再エネに対してどのように捉えこれから進めようとしているのか。また千葉エコエネルギーの馬上さんからは、ソーラーシェアリングの実態として、成功例と失敗例なども挙げていただきました。

 

豊田市ソーラーシェアリングセミナー運営者記念撮影

 

このような時期ですので、もちろんコロナ対策は厳重に準備してきたものの、無事に開催出来て本当に良かったです。

 

 

とよたまちさとミライ塾

 

2020年1月25日愛知県豊田市駅前のとよしばでオフグリッドソーラーDIY講座をします。

 

 

災害時に役立ったり、普段生活で使うエネルギーを補ったりできる太陽光発電。そんな太陽光発電を自分の手で製作してみましょう!作るのは、組み立て式の50Wの太陽光発電キット。お子さんでも楽しく組み立てられます。
自分で発電したエネルギーで、何がどれくらい出来るのかを試し考え、自給自足エネルギーの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

当日の内容
・環境、エネルギーワークショップ
・キット作成

★50Wで家電はどのくらい動くの?
・冷蔵庫:約3時間
・扇風機:約24時間
・エアコン:約2.5時間

キットの内容
・ソーラーパネル 50w
・ディープサイクルバッテリー 20Ah
・インバーター 300w
・チャージコントローラ
・ケーブル 5m
・収納ボックス(バッテリー残量モニター付き)

 

 

問合せ先

愛知県豊田市元宮町6-32-2

株式会社松原電機

0565-33-0338

メール info@denkiya-matsubara.jp

ホームページ http://www.denkiya-matsubara.jp