「法律事務所 拡大路線に壁」

テーマ:

 今日(2012年10月8日)の日経新聞朝刊に,「法律事務所 拡大路線に壁」という記事が載っていました。


 五大法律事務所が海外進出を図っているという記事です。


 私のようなマチベンには関係のない話です。


 ただ,弁理士登録をして,少し,意識が変わりました。


 弁理士の先生だと,弁理士1人あるいは2人の事務所でも,「国際特許事務所」という名称の事務所がけっこうありますよね。


 弁護士1人あるいは2人の事務所で「国際法律事務所」という名称の事務所はほとんどありません。


 それだけ,弁理士の先生方は,昔から国際化に対応されているということです。


 もちろんそれは,技術の分野では世界が相手であるのに対し,民法や会社法などの法律の分野では日本国内で完結するという違いによるという原因もあります。


 ただ,弁理士登録をすることにより,今までの,国内で完結する仕事が当然,という私の常識が覆されたのは事実です。


 とりあえずは今年(2012年)12月のTOEICを受験して,そこで860点が取れたら,英文契約書の勉強でもはじめようかと思っています。


 どこかで,弁護士又は弁理士が自由に加入できる,英文契約書の研究会・勉強会のような所はありませんかね。


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士 ブログランキングへ

マーケティング・経営 ブログランキングへ

その他サービス業 ブログランキングへ
AD