個別株の大天井を予測する!(9861) | アベノミクスの上昇相場の大天井は、いつか?

アベノミクスの上昇相場の大天井は、いつか?

1980年代のバブルで逃げ遅れ、小泉郵政相場で逃げ遅れ、リーマンショックを経験、2度あることは、3度あるのか、今回は、幸福の中で消えていく前に逃げれるのか?

ズバリ、


9861 吉野家ホールディングス  現在 2791円  起点価格1050円  空売り価格2400円


この銘柄は現在仕手の最終段階に入っています。


長期個人投資家さんの平均買値予測は1200円~1500円です。


今売れば10万円以上の利益確定ができます。


なので、五月雨的に個人投資家さんの売りが出ています。


その売りを本尊が買い更に株価は上がります。


2400円から空売りを入れている方もたくさんいると思います。(8合目です。)


では、この銘柄の大天井はいつか?


株銀の計算では3000円辺りかなぁ~(計算方法はセミナーでお話します。)


株銀の読者の方で200株を1400円ぐらいで買っている人は2800円ぐらいで半分売ればいいと思います。


安全に最上で売りたいのなら、3000円で指値注文を入れといてください。(2900円もっと安全です。)


いつ下がり出すかという恐怖と欲との戦いです。


大天井は3240円で来週ぐらいかなぁ~ (3540円で売れたら天才かもです。)


大天井を予測して頭まで食べれたら楽しいねぇ~


詳しくは「人に教えたくない私の相場帳」の株道さんのブログを見てください。


吉野家ホールディングスは、100株保有の優待族には辛いが楽しい、どっちやねん?


冷凍の吉野家の牛丼は美味しいので、売るのは忍びないんです。


株銀も2名義100株づつ持ってので100株は3000円付近では売ります。(ただ株にします。)


出口戦略が一番難しいねんで~


お持ちでない方も研究してください。




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村