まず

ここをクリックして

「スキンシップセラピー?」と疑問に思っていただき

ありがとうございます♡

 

お客様に尋ねられるので

文章にしてみようと思いました

 

★スキンシップとは?

互いの身体や肌の一部を触れ合わせることにより親密感や帰属感を高め、一体感を共有しあう行為を指す言葉である。

親と子供など家族関係にある者や、友人同士が手を握り合ったり抱きしめ合うものや、話しかける相手の身体に軽く触れる行為もスキンシップと言える。

スキンシップにより愛情ホルモン(オキシトシン)が分泌され、幸せを感じやすくなり・人間関係が良好になりやすい。

『出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

★セラピーとは?

手術や薬を使わない物理療法や心理療法のことを指します。 セラピー(therapy)という言葉には、治療や療法の意味があり、セラピーを行う人をセラピストと言います。

 

世の中にはアロマセラピーやアニマルセラピーや音楽セラピーや森林セラピー等

色々なセラピーがありますが

 

私の言葉で書くと

当サロンのスキンシップセラピーとは

女性の温もりのある手で、優しくオイルトリートメントされることで

愛情ホルモン=オキシトシン

幸せホルモン=セロトニン

男性ホルモン=テストステロン

が分泌し

嬉しい~!楽しい~!幸せ~!となり

ストレス社会で戦う男性の

明日への活力や英気を養うお手伝い

 

という感じになります♡

 

なので下記の

↓↓↓

 

■⾝体的症状 

 ・筋⼒の衰え、⼒が⼊りにくい

 ・メタボリックシンドローム

 ・休んでも取れない疲れ

 ・頻尿、残尿感

 

 ■精神的症状 

 ・やる気や集中⼒、記憶⼒の低下

 ・不安感による不眠、寝付きの悪さ

 ・イライラする、気分が落ち込む 

 ・急に不安になる

 

 ■⾃律神経症状

 ・⽿鳴りやめまい 

 ・汗をかきやすい

 ・のぼせ、⼿⾜の冷え 

 ・動悸、息切れ 

 

■ 性機能低下

 

等の辛い症状の改善につながることもあるかも?

 

その結果

↓↓↓

 

■男らしい⾝体をつくれる

 テストステロンは「前向きホルモン」「男らしさホルモン」などと呼ばれています。 テストステロンが⼀定の値を維持できると、筋⾁質な男らしい⾝体を⼿に⼊れやすくなる ためです。 

 

■チャレンジ精神が向上する

 テストステロンが多いと、ポジティブな思考になりやすいです。 好奇⼼旺盛でチャレンジ精神も強いため、リーダーシップを発揮できるようになります。 仕事や恋愛にも⾃信を持てるようになるので、⾃然と「やってみよう」という気持ちが 出やすくなるようです。

 

■ ⼥性にモテる

 テストステロンが⼀定量分泌されている男らしい男性の⽅は、⼥性からモテやすい 傾向があります。 前向きでチャレンジ精神が強く、引き締まった⾝体の男性。 同性からみても魅⼒的 ではありませんか? 性を意識して過ごすことはバイタリティーにもなりますので、決して恥ずかしいこと ではありません。 ⼥性から「素敵だな」と思われたい気持ちは、年齢を問わず多くの男性が抱いている はずです。

 

■ 男性更年期障害の予防になる

 テストステロンを増やすと、男性更年期障害を予防できると考えられています。 「更年期障害って⼥性だけじゃないの?」と驚かれる⽅もいますが、テストステロンが 減ることで男性にもみられる症状です。

もしも

 • マイナスなことしか考えられない

 • すぐにイライラする

 • やる気が出ない 

 • ⾷⽣活は変わっていないのに太った

 などがあれば、更年期障害のあらわれかもしれません。

 

等々

 テストステロンを増やす⽅法に取り組んでみれば

このような効果が期待できるかもしれません!

 

ぜひぜひ

心や身体がお疲れの「ストレス社会で頑張る男性」の方々

 

ファティマのスキンシップセラピーをお試しくださいませ♡

 

因みに

「スキンシップセラピー」は和製英語なので英語としては通じませんデス(;・∀・)

 

すべてはAllright
大丈夫!

ごきげんです☆