ふるさと納税
糖尿病治そう!!

SEO
  • SEOブログパーツ
2006-01-31 11:37:19

日本の食糧問題は、緊急課題になりそうですよ

テーマ:時事問題 最新最近のニュース

政治経済社会ニュース独自の評論 毎日配信 登録無料!! オリーブニュース



一つ前のブログで、国民の安心という面から、書いときたいことがありましたので、今日は続けて書いちゃいます。世界の食糧事情が変わってきています。なぜ変わってきたか。中国です。中国が大きな胃袋に食料を詰め込み始めました。


日本の食料自給率は、農水省の食料需給表によるとカロリーベースで、2004年度は

米は95%あります。

野菜で77%です。しかし、それ以外のものは。。。。

総自給率は40%です。1995年は73%だったそうです。


今、商品相場というものを見られる人は見てみてください。大豆とか、とうもろこしとか、粗糖とか、軒並み急上昇中です。粗糖なんてすごいですよ。ライブドアの株価なんてもんじゃないですよ。商品相場は需給要因が相場を形成する最大の要因ですから、偽計じゃないですよ。この急上昇は。これは需要が大きくなっているから、中国とかが経済発展し、食料の輸入国になってきているのです。粗糖は、エタノール燃料需要もあるから高くなっている。

さらに、日本の消費者というのは、手のかかるものを、安くと、求める。遺伝子組み換えしていない大豆とか。遺伝子組み換えした大豆というのは除草剤に強くなることで、栽培にかかる手間が大きく下がるそうです。だから、海外の農家からすると遺伝子組み換えしたもののほうが作りやすいし、売れるんです。日本向けに特別につくらないとならなない。日本向けには作りたくなくなっているというものもでてきている。

食の安全には、日本の消費者は敏感になっています。それはそれでいいと思うんですが、その安全をいまや、国外にまかせておくことが難しくなってきているし、求めるとコストがかかるようになってきています。

中国やインドといった人口大国が、消費もするようになってくると、どんどんそちらに食べ物がまわっていくことになる。


自給率40%で、日本に輸入できるものが少なくなってきたらどうなりますか。とたんに食べるものが足りなくなってしまいます。安心、安全、高コストで需給逼迫となるか。低コスト、安定供給、怪しい安全となるか。


そろそろ、日本の食料自給率を上げることをやらないとならないと思いますが、輸入せよという圧力もあります。東南アジアからもですし、アメリカからもですね。国際的には、参入障壁を取っ払うような方向にしないとならないでしょう。


北海道は、遺伝子組み換えの作物は実質作れないぐらいの認可料をとるようにしているそうです。農薬、化学肥料の低減も目指すそうです。手がかかるでしょう。コストも人手もかかるでしょう。でも、それが日本人の食を考えた上で、プラスになるのだと思いますよ。コストをなるべく下げる方法を工夫しながら、安心、安全な食料供給をめざしてほしい。


一般の人には、安心、安全は安くはないという状況をわかってほしいです。


関税や輸入制限や国内農業保護で壁を作っていると、国際的な批判を浴びることになります。日本は、いろいろなものを輸出していますから。国際的な参入障壁はとっぱらって、批判を浴びないようにしながら、日本は安心安全な国内より安価な食べ物じゃないと消費者が受け付けてくれませんという形にしないと。


これは農業関係者の努力も必要ですし、消費者の安心安全にかかるコストに対する意識を変えないとならないことです。零細農業じゃ、やっていけないでしょう。農協の高コスト体質も改めないとならないでしょう。

さらに食料の無駄な消費もやめないとだめでしょう。じゃないとエンゲル係数あがっちゃいます。


ところで、仕事がないという方、やりたいことがみつからないという方、就農体験、農業やってみませんか?

みてネ(o^-')b 投資/健康/他 あなたに役立つ情報


ぽちっと人気blogランキングへ  くつろぐ人気ブログ探し


脂肪・コレステロール気になりません?
 あなたのブログのスポンサーに


■『ブログ解体新書』~稼げる親切&丁寧な本物のブログマニュアル~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

DELIDELI95さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。