練馬区光が丘でベビーマッサージ教室開業に向けて準備中。
谷口英代ことdekoです。


現在、私はベビーマッサージの指導者になるため勉強中です。
今週の水曜日に、4日目のカリキュラムを受講しました。
(いつも更新が遅いであります)


私のベビーマッサージの師匠はアントマミーの代表 成田愛子さんです。


前回のレッスンから4日空いての受講。
蓮ちゃんが胃腸炎になり、相方(夫)はここのところ残業で連日帰りが遅く
なかなか勉強する時間が取れずにイライラ…
レッスン前日に、早めに仕事を切り上げて帰って来た相方が話かけてくるとさらにイライラ…
そして、私自身の体調も優れず、スッキリしない。


なんで勉強できへんようなことばっかり起こるん、もうっ!


心の中で悲鳴があがる。
っで、トゲトゲしている私の腸のあたりにいるイライラに聞いてみた。


あなたはどうしてそこにいるの?
何を伝えようとしてくれてるの?


じゃあね、答えてくれたよ。


こんなに勉強したくないねん
勉強もするけどな
相方と蓮ちゃんといる時間まで削りたくないのに
試験に合格できなくて恥をかくのが怖いから
勉強してしまうねん




そういうことでした。
そりゃ、楽しくない。
楽しいからやり始めたのに、
自分で苦しめていた。



そんな葛藤を抱えながら迎えたレッスン。


レンタカーを予約出来ていなかったり、
高速の出口間違えたり
トラブルが連発したけど、
何故かイライラせずに先生宅についた。


そしてレッスン。
ついに言ってしまった。


勉強してて、全然楽しくないんです。
合格することが目的みたいに思えて、苦しいんです。


弱音吐きましたよ。
私からすると、めっちゃ恥ずかしいことですよ。
すると先生


合格することじゃなくて、どんな教室にしてどんなレッスンをしたいか。
何を伝えたいか。
それを見つめていけばいいんじゃないかな。
マジメを捨てる時が来てるのかも。


惚れてまうやろ~。スッキリ。
そうだった。
私は、タッチの素晴らしさ、そしてお母さんの笑顔がベビーを家族をひいては地球を救うと伝えたいから勉強しているんだった。
こんなにスッキリするなんて、
人に弱音を吐くのもいいもんだなんてことも思いながら、
残りのレッスン1回と試験を、私のアンテナを最大限に敏感にして
愛子先生の感覚をキャッチして私らしい感覚で物にする。


感じていくよ~


帰りの車で、
その日のレッスンの録音音声を聞きながら
愛子先生と出会えたこと・愛子先生から学べること
嬉しくって、ちょこっと泣いた。



楽しもう!
楽しめないことはやめよう!