※この講演会は、終了しました。YELLでは、

このような講演会の他に、一般向けの学習会や、

会員向けの勉強会•交流会を随時行っています。

YELLの講演会のお知らせです。

日時:2019年3月3日(日)13:20~受付    (13:45開会~15:40 閉会)

会場:船橋市きららホール

 ◆講 演   「発達障害の理解と支援」             

       発達障害の人の見方・感じ方

 ◆講 師 

NPO法人東京都自閉症協会 副理事長

世田谷区受託事業「みつけばルーム」代表代行 尾崎 ミオ 氏                           

  昨年は、東京都自閉症協会「みつけばルーム」から神長氏にお越しいただき、当事者の立場からお話を伺い、大変好評を頂きました。今回は、その代表代理をなさっている尾崎ミオ氏を招聘することが出来ました。「自立に向けて」「家族だけで抱え込まない」「当事者同士のネットワークづくり」このようなキーワードを大切にし、多くの若者、家族を直接支援し、パワフルに活動なさっている氏のお話をどうぞご期待ください。

◆申し込みメールアドレス info@siennet-yell.net

 ①お名前、②ご所属(連絡先)をご記入ください。

※当日受付けもありますが、できるだけ事前申し込み願います。

 

たんなんFM/敦賀FM(福井県)のトーク番組「きらっとすまいる」に出演させていただきました。

 

テーマは「特別支援教育について」です。

 

 前編」の放送は22日(土)でした(もう終わってしまいましたが)。

 

しかし、再放送が25日(火)22時から、たんなんFMであります。

聴取エリア外では、局のYoutube Liveにてお聞きいただけます。

 

「後編」の放送日は29日(土)です。

14時~ たんなんFM もしくは,局のYoutube Liveにて

20時~ 敦賀FM もしくは「Listen Radio(りすらじ)」

http://sonicstation779.org/listenradio_779/

 

再放送は212日(火)22時から たんなんFMもしくは,局のYoutube Liveにて

 

実は,私自身も2日の放送を聞き逃してしまい,まだどんな感じになっているかどきどきしています。よろしかったら聞いてみてください。

 

 

 

この学習会は終了しました。次回は,2019年3月10日(日)に尾崎ミオさん(東京自閉症協会副理事長)の講演会を予定しています。

 

学習会のお知らせです。

子どもたちの余暇活動や,対人関係の経験に役立つゲームを体験しながら学べます。ご関心のある方は,ぜひご参加,お知り合いにお声かけください。


通級を活用している児童・生徒向けの、テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)を使った余暇活動について学びます。
日 時 2018321日(水・祝日)
時 間 午後130分~430分(受付110分から)

 

会 場 船橋市立船橋小学校(船橋市本町4-17-20JR船橋駅(南口)徒歩5分、京成船橋駅徒歩3分 正門を入ってすぐ右手を校舎沿いに進み、1階ギャラリー入り口からお入りください。

 

講 師 加藤浩平氏(東京学芸大学研究員)

 

対 象 教育関係者(通級指導教室・情緒学級・通常学級)、子どもの余暇活動に関心のある方、保護者など

 

参加費 資料代として500円(定員60名)

 
お申し込み先メール infosiennet-yell.com

①お名前 ②ご所属 ③連絡先(メールアドレス・電話番号)を、お知らせください。

 

<当日のスケジュール>
・1:30〜2:20 講義「余暇活動の場での対人関係・コミュニケーションの発達支援」
・2:30〜4:00 ゲーム体験(大人数TRPG「みんなでダンジョン」を行います)
・4:00〜4:30 ゲーム体験のふりかえり・補足説明

 

【テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)とは?】

TRPGとは、進行役のゲームマスター(GM)と、キャラクター(ゲームの主役)を操作するプレイヤーたちに分かれ、紙や鉛筆・サイコロなどを使い、参加者同士のコミュニケーションで物語を進めていく会話型ゲームです。加藤先生の研究では、子どもたちの自発性や興味を大事にした「余暇活動」の場の中で、「自分らしい」コミュニケーションや対人関係が発達していくのをサポートするというスタンスに立っています。

 
 

 


{FEA12572-EABC-42E0-BB7F-DAC86DC392FF}


国土交通省が作成したハンドブックが分かりやすいので、ご紹介します。公共交通機関や商業施設などでのやりとりの例やサポートのポイントなどが紹介されています。

「発達障害、知的障害、精神障害のある方とのコミュニケーションハンドブック」です。

以下からダウンロードもできます。http://www.mlit.go.jp/common/001130223.pdf





{C890252D-265A-47A1-8BC1-07430B821F26}

この学習会は終了しました。
9月3日(日)にYELLの学習会があります。
 
テーマは「発達の凸凹のある方への理解と支援」~受験の配慮申請の体験談を聴く~
 
発達の凸凹とうまく付き合いながら成長された当事者の方、保護者の方にお話をうかがいます。私も、家庭でできる具体的な対応についてお話させていただきます。
 
<学習会の内容>
1.「発達の凸凹のある子どもへの具体的な対応」
  宗形 奈津子 (YELL副理事、臨床心理士)
2.「僕の取り扱い説明書から受験の配慮申請まで」(大学生)
3.「保護者として思うこと」(YELL会員)
 
場所:船橋市立船橋小学校 1階 ギャラリー
船橋市本町4丁目17-20 
JR船橋駅から徒歩5分、京成船橋駅から徒歩3分(校門入ってすぐ右へ、校舎沿いにドアからお入りください)
    
参加費:資料代として500円 (定員50名)
申し込み先メール:  info@siennet-yell.com
①お名前、②ご所属、③連絡先をお知らせ下さい。
 
どうぞお気軽にお出かけください。資料準備の関係上なるべく事前の申し込みをお願いします。
 
{F47E0F18-6A93-4C49-B6DF-D8B0F1B88AFF}