ど~も~

でっかいおっさんです。

 

ようやく

インフルエンザのピークも終わり

次は花粉が舞う時期になりました。

 

 

これは

おっさんの友人保育士に

聴いた背筋も凍るお話。

 

 

ある日

5歳児クラスの

 

Kちゃんが高熱を出して

職員室に運ばれてきました。

 

 

その保育園では

各クラスでインフルエンザの子ども

が多数現れていたので

 

 

Kちゃんもインフルエンザが

疑われました。

 

 

39度台の熱があったので

保育士はお母さんの職場へ連絡し

 

 

 

 

 

 

病院で受診してみて下さい

 

そして

 

 

 

Kくんの

お母さんは突如

 

怒りだし・・・・

 

 

 

 

 

 

と言いだした様です。

 

 

 

保育士は

 

『いえ、多分ですが

これだけ流行してるので

インフルエンザの可能性は

高いかと・・・』

 

 

 

こう伝えたら

 

 

 

 

 

 

 

 

こう言いだし

怒りの収まらない保護者は

 

 

園長や市役所に

訴える

 

と言いだした様です。

 

 

 

 

この保護者は

園長が出てきて

3時間話をして収まったようですが・・・

 

 

その間もKくんは熱のまま

 

放置・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事も大切ですが・・・

お金も必要ですが・・

 

子どもに何かあったら

どうするつもりなんだろうか・・・

 

 

何より

保育士や保育園に

くってかかっても

 

ルールで決められている以上

 

仕方ない話・・・・

 

 

友人の話では

 

そこの保育園では

最近この手の親が増えてきていて

 

言った者が勝ち

 

クレームいれた者が得をする

 

ことが多いみたいです。

 

 

 

大人が大人になっていない・・・

それを見ている

子ども達は

どんな風に成長していくのだろうか・・・

 

 

 

 

友人と話していて

ふと

そう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

とうとう

おっさんにも連載の依頼が来ました!

 

 

 

お母さんの離婚問題

 

 

 

 

役に立たない旦那

 

モンペの研究も増えてきております

↓ ↓