image

 

エンジニアのみんなにお誘いいただき、ポッドキャスト番組に出演しました!

いろんな切り口から議論することができて、とても楽しかったです!爆  笑

 

この番組の中で特に面白かったのが、「どんな人が活躍しているのか?」という話題。

 

活躍している人は、リスクをとっている

 

という話で盛り上がりました。

 

・大きなリターンは大きなリスクあってこそ

・失敗してない人というのは、挑戦してない人

・大きな成果を出す人は大きな挑戦をしている

・挑戦する分だけ、実はたくさんの失敗をしている

・失敗してもそこから学べば、成功の確率があがる

 

という議論。リスクをとる、というのは経営者やエンジニアだけでなく、改めてどんな職種でもあてはまるなと思いました。

 

リスクを取る人を評価する

 

人事において、とても大切にしている考え方です。リスクをとってチャレンジする人材がいれば、その組織には何かしら大きなリターンが返ってくる。「憂鬱でなければ仕事じゃない」という言葉も、リスクをとっているからこそ新しい挑戦に憂鬱になるものだという考え方です。大きなリターンは、大きなリスクあってこそ。