ホワイトスペースを議論する

テーマ:

先日は人事連邦の合宿でした。本社機能にある人事部門と、事業部にある人事部門で構成される「人事連邦制」。視点を合わせて議論できたのはとてもよかったです。

 

image

 

今回議論してとてもよかったのは、ビジョンから逆算して何があるとよいのかという議論。将来の自分たちと今の自分たちの間にある余白を議論しました。「ホワイトスペースを議論する」という考え方です。

 

ホワイトスペースの議論は下記の手順で進めました。

 

1)目標の確認:会社の中長期の目標をみんなで確認する

2)理想の列挙:目標に向けてこんなことができていたらいいなというのを列挙

3)取組の決議:その中でこの一年で取り組むものを議論

 

大きなゴールから逆算することで視点の高い話ができ、「こんなことができていたらいいな」というのを考えることで選択肢を増やし、効果的なものを絞り込んでアクションを決める。ホワイトスペースの議論のおかげで、業績に貢献できる取組を前向きに考えることができました。

 

人事面の意思決定というのは、経営や社員、そして自分たちが「何に時間を使うかを決める」ということにほかなりません。この「時間の投資」が、会社の将来を決めることになります。

 

今回の人事連邦合宿で、採用、育成、労務面での方針が人事連邦全体で議論できました。各部門の幹部が同じ目線と方向を持てたことがとてもよかったです。

 

人事全体で連携して、業績に貢献していく取り組みを増やしていきます。ウインク

 

image

 

 

===

 

会員制の人事コミュニティ、HLC会員募集中!月2回の定例会で、強い人事を学びましょう。すでに100社以上が参加しています音譜
https://hlc-official.themedia.jp

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る