新しく始めた会員制の人事に関する勉強会のコミュニティ「HLC」、募集を開始しました!

 

 

名前は「HLC(エイチエルシー)」。Human resource Learning Communityの略で、「人事の勉強会コミュニティ」を意味します。

 

HLC(Human resource Learning Community)

https://hlc-official.themedia.jp/

 

「日本の人事を強くしたい。」その思いから始めた取り組みです。人事で集まって、勉強会を行い、自分たちのオリジナルな人事の取り組みを生み出していこう!という取組です。私もこの勉強会に参加します。会員のみなさんと一緒に考え、自分なりの答えを出していくのが楽しみです。

 

毎月、下記の取り組みを実施していきます。

 

■HLCのプログラム

1)定例会 毎月2回開催。テーマを決めて、会社横断で議論できる。

2)分科会 採用や労務など、有志による研究会で深い議論ができる。

3)交流会 定例会あとなどに会員同士の懇親会を実施し、相談できる仲間を増やす。

 

定例会では、テーマを決めて参加者で議論します。以前実施した「リーダー育成勉強会」などが参考になると思います。こういうイメージの勉強会を、採用・育成・面談・企業文化など様々な切り口で実施していきます。

 

分科会では「採用力分科会」「面談力分科会」など、会員同士で興味のある分野について勉強会を開催し、ネットワークを広げるというものです。

 

このコミュニティでは会員限定のフェースブックグループをつくり、定例会などは動画でオンラインでも参加できたり、録画を後日見ることも可能です。

 

今回、単なる人事のコミュニティではなく、「勉強会」コミュニティとしたのには思いがあります。

 

人事の取り組みは、各社それぞれ異なるものである。

 

という考え方です。人事制度は各社でオリジナルをつくるほうが効果が上がりやすいものだと考えています。

 

それぞれの会社でビジネスモデルや採用している人材が違う以上、他社で実施している制度をそのまま流用しても成功確率は低いものです。流行りを真似するのではなく、考え方を参考にして、自分の会社に併せたオリジナルなものをつくると社員にも理解されやすく、結果的に実効性も高まります。

 

くわえて、もう一つ大事な点があります。

 

社会のトレンドや他社の最新事例を理解していることも重要。

 

人事の基礎や他社の事例のことを知っていることは、自分のアイデアをより効果が高いものにする意味でも大切です。事例を知っていることで、「自社にあてはめたらどのようになるか?」と運用面でよく考えるようになるからです。

 

一方的に情報を取って満足するのではなく、自分の考えにつなげていく。そして各社なりの答えを出して試行錯誤する。そういう仲間を増やしていきたいという思いから、「勉強会」のコミュニティにすることにしました。HLCでは「自社にあわせたアイデア」や「自分なりの考え」を持てるようにできるように運営していきます。

 

この「HLC」には、サイバーエージェントの人事メンバーも参加しています。採用、労務などの本社機能に所属する人事や、子会社や事業部に所属するビジネスパートナー人事など。サイバーエージェント全体を横断する人事での勉強会を社外に公開して、多くの方と交流を増やすというのもこのコミュニティの狙いです。

 

日経新聞で先行して取り上げていただいてから、さっそく続々とお申し込みをいただいています。

 

サイバーエージェント 4日から企業の人事部向け支援サービス:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20708460T00C17A9TJC000/

 

 

このコミュニティを通じてどんなものが生まれるか、今からとても楽しみです。強い人事に興味がある方、ぜひご参加いただければと思います。爆  笑

 

HLC(Human resource Learning Community)

https://hlc-official.themedia.jp/


 

 

AD

リブログ(2)