組織目標を全員で考える

テーマ:
昨日は役員合宿で実施が決まった、「プロレポ会議」を本社機能で実施しました。

{0C9905B4-03AD-48E1-96E7-8190D0B6372E:01}

プロレポとはプロジェクトレポートの略ですが、各部署がそれぞれ部署全員で集まって部署全体の目標を考え、それを形にするというものです。

{38CE0922-D187-4A80-91F4-6898C17BD9BB:01}

次の半期の目標をみんなで議論しました。

司会は本社機能ではテッパンの武田さん。

{7A9AA94E-71F2-46C8-917F-E2ADCA067644:01}

だいたい6時間ほどとりました。部門の目標で3時間、グループで1.5時間、個人で1.5時間という感じです。

{6AE4B86C-2042-4933-9DE9-B692305B991F:01}

部署全体という大きいところからみなで考えて、それを理解したうえでグループや個人の目標を考えるというのが一番のポイントです。全体の目標をハラオチできていると自然と「組織の達成のために、自分は何ができるか?」という視点が持てるようになり、結果的に組織への貢献意識が高まります。結果的に、個人の目標もより強く、より効果的なものが立てられるようになります。


議論はまず、事前に準備してきてもらった「あなたが考えるこの半年の「部門全体(たとえば人事本部)」の目標は何か」を一人1分でプレゼンしてもらいました。

{5941930E-2175-4AC3-9839-C6FD61B2BFA1:01}

{2423E7CB-E1FF-4E4F-BAE0-23653406C061:01}

これをやることで、自分の視点の高い低いに気付けますし、何より他の人との目線の違いを痛烈に感じることができます。それをもとにみなでいいなとおもったものを3つ選んでシールをはってもらい、意識合わせ。

そのうえで役員からも全体に対しての考え方や大事にしてほしいことを伝え、ここで考え方を経営とシンクロさせました。

image


そのあとはチームにわかれたうえで、部門全体の議論を進めてもらいました。チームは経営本部・人事本部ぞれぞれの中で部署横断で編成してもらいました。

{6821604B-3B2D-4CF9-9346-7D0C44A8B5A8:01}

チームであらためて部門全体の目標は何にするかを議論して意見を一つにまとめました。

{1D7ACDBB-0E0A-4A12-AFFF-964D91FAD1B7:01}

各チームごとにプレゼン。人事本部と経営本部でお互いのビジョンを聞き、暫定で採点をつけるという試みもやりました。要はひとりよがりにならないように、他部署から聞いても良い目標なのかをチェックしあうというものです。

{2AF5261A-D21E-4203-858B-D2857D32F1F6:01}

人事本部ならたとえばチームが4つできたので、その4つのプレゼンに対して経営本部の5つのチームからはどう見えるのかという採点をお互いでするというものです。

どんな成果を出すのか、何を重視するのか、どんなワーディング(コピー)にするのかで大きく差がつきましたが、方向性にはすこしづつ共通項が増えてきました。

今度は部門全員での議論です。だいたい人事本部30人、経営本部30人が車座になって議論。これまでの個人プレゼンとチーム議論があるので大きな方向性は一致しているのでどのような表現にするかなどに焦点を当てた形で議論が進みました。

{F3EE47E0-3D36-497D-AB1F-5E79087EEAD7:01}

大人数でも笑いや共感の声がよく聞こえ、それまでのチーム議論の効果を感じることができました。

{310F27F8-2E36-4EF6-87FD-731BB6692B61:01}

これでチーム全体の目標は決まりました。次は部門全体の次の階層であるグループの目標です。これはだいたい1時間ほど所属グループで議論を行い、時間がたったところで各部署のトップが自分の目標を宣言してもらいました。

{8981598C-F462-4FD9-9B41-D1EE83273FE6:01}

{98CA9E38-5EA8-40B0-9B83-DE8E3C4F03E4:01}

{845CDC53-BD9A-4EFC-8170-F6460BF081C7:01}

チームが固まったら、最後は個人目標です。チームごとにわかれて個人個人の役割分担を幹部とともに議論して、決めきって終わりとなりました。

image

個人的にはとてもよかった!!!!というのが感想です。私も参加していてたくさんの気づきがありましたが、何よりみんなと一緒に大きな目標を決めることができたのがうれしいです。

アンケートもとても良い気づきがたくさんあったようです。

image

image

image

image

image

自分のやりたい方向と組織の成果が一致するとワクワクする!というのは本当にそのとおりで、このプロレポという試みはそのきっかけとなる非常に良い機会でした。


各部署でもこれから会議を実施するところも多いですが、人事メンバーも運営のご協力やアドバイスなどをしますので事業部のみなさんはご遠慮なく人事や本社機能のメンバーにお声掛けいただければと思います。