• 31 Oct
    • CAウィル社員総会

      先日は仙台へ出張。障害者雇用促進法に基づく特例子会社である、サイバーエージェントウィルの社員総会に行ってきました。私からは会社の概況をプレゼン。要所要所で大笑い。盛り上がりました。広告部門のデータ集計やアメーバブログの監視業務などでかかわる渋谷本社のメンバーからビデオメッセージなども。 表彰も実施。エクセルやパワポの技術など、技術交流も盛んです。あとすごくみな仲がよい。みんなで記念撮影。昨年と比べると新しい仲間も加わり、どんどんチーム力があがっていると思います。ウィルのみなさん、今後も一人一人の成長と会社の成果が大きくなるように、どんどん挑戦していきましょう!

      1
      テーマ:
  • 30 Oct
    • 失敗してもいいから、チャレンジする

      今日は福岡へ出張でした。「NTTグループコレクション」「ビジネスをV字回復へ!」というテーマのもと、社員の定着化や成果につながる活性化についてプレゼン。http://n-colle.net/seminar/fukuoka.html半日で1500人以上の方が集まったとか。ものすごい集客力でした。同行してくれた西日本事業部のT田支社長とランチをし、(今度ブログを改めてスタートするとのこと)その後渋谷の本社に急いで戻り本社機能の締め会に合流。アメーバ事業本部の締め会にも都合よく参加できました。活躍で表彰されたメンバー。笑いもあり。開発のメンバーもたくさん表彰!社長の藤田より。一番よくないことは、何もしないこと。挑戦の積み重ねで、いいものが生み出せている。失敗してもいいから、どんどん挑戦していこう。そのようなメッセージでまとめていました。びびらず、どんどん挑戦しよう。よし、11月も思いっきり挑戦するぞ!!!

      テーマ:
  • 29 Oct
    • トヨタ 愚直なる人づくり

      本日、トヨタの営業赤字が縮小しているのが日経新聞で報じられていましたが、先日トヨタ関連の書籍を2冊読みました。トヨタ 愚直なる人づくり―知られざる究極の「強み」を探る/井上 久男 トヨタ・ショック/井上 久男 先日この著者の井上さんにお会いする機会があったのですが、元は新聞記者としてトヨタ経営陣や現場の方々にも直にお話などがされていて、どちらの著書もリアルに伝わってくるすごく面白い本です。一番良かったのは「愚直なる人づくり」にあったトヨタ社内での考え方。「問題がないほうが、問題」常に会社には課題があることを前提に、「問題に向き合い続ける」というメッセージです。私たちも、当然のごとくやらなければ。当社も、「21世紀を代表する会社」という大きなゴールに向かって、常に改善を続けていきます!先日は広告部門で活躍するメンバーと食事。採用のこと、組織のことだけでなくプロフェッショナルがより大きな成果を出せるような風土づくりの議論でもりあがりました引き続き、どんどん改善していきたいと思います!

      テーマ:
  • 26 Oct
    • 内定者とランチ

      ランチミーティング。メンバーと交流できる、貴重な時間です。最近自分の中でも数を増やしています。先週、金曜日には2010年4月に入社する内定者を対象に、ランチ会を開催。初回は大阪で。これから約80名のメンバーと、5人一組で約16回のランチ。「今取り組んでいるものは?」「入社前に聞いておきたいことはある?」などを事前にシートに書いてもらい、少しでも人となりを共有できるようにしています。また、今日は本社機能の2007年入社3年目と。入社して2年半たって、成長をもう1段伸ばすためにまずはヒアリングしてみようということでピザランチ。常務の中山氏と一緒に、現状の課題や取り組みたいものをブレストしました。面談だとカタくなるときも、ランチだと少しほぐれますランチミーティング、オススメです!

      テーマ:
  • 23 Oct
    • 就職活動勉強会

      昨晩は岡山営業所のメンバーと食事 N重氏 とK本氏 。熱い議論を交わしました昨日K本氏から聞いてうれしかったのは、アメーバブログの効果がめちゃくちゃいいんですよ!あるお客様で費用対効果をこれまで10かかっていたのが「2」まで効果が高くなったんです!!!とのコメント!お客様からもすごく喜んでいただいているとのことでした。中四国営業所。すごくきれいで明るいオフィスでした。 まさにベンチャー立上げという感じ。今日は朝から2人と個別に面談し、その後大阪へ移動。サイバーエージェントの新卒採用インターンシップの一環として、「人事本部長による就職活動勉強会」を開催しました。 学生のみなさんと話をしていると、多くの学生から「不安」を強く感じます。その不安を少しでも払拭してもらおうと、当社のことではなく、「就職活動」にどのように向き合えばよいかの勉強会を開催しました。「できる限り隠さずお話するので、聞きたいことを教えてください」と投げかけたところ、本当にたくさんの質問が。結果的には「他の会社では聞けない質問がたくさんできた」「普通に就活していたら聞けないようなことをたくさん教えていただけた」「目からウロコの話があった」「就活の『不安』が少し『楽しみ』に変わった」などなど、私もどきどきでしたが反響が良かったのがうれしかったですその後は来年の採用に向けて、採用チームメンバーに集まってもらいキックオフミーティング。2011年度も100名を目標に、採用活動を行います!学生のみなさん、エントリーお待ちしておりますhttp://ameblo.jp/dekitan/entry-10358452203.html

      テーマ:
  • 22 Oct
    • 岡山に来ました

      ただ今、岡山に来ました!これから中四国営業所でがんばっているメンバーと食事ですいろいろ近況を聞けるのが楽しみ

      1
      テーマ:
    • 上司力100本ノック

      先日、エンジニアやクリエイターが所属する新規開発局のメンバーと面談していて、とてもうれしいことがありました。この会社では成功も失敗もたくさんするけど、一緒に会社を創っている実感がある。だからこそ、もっと自分もがんばろうと思うし周りのメンバーとより良い環境を創っていきたい、とのことでした。そのメンバーからもらったリクエスト。「MGRやリーダー、コーチング等々の研修や勉強会等がもう少し増えるとうれしい」とのこと。新任のマネージャー研修やエニアグラムを活用したコーチングなど、すこしづつ形にしていますがまだまだ。こういう現場の要望にはできる限り応えていきます!関連して、先日読んだ本。上司力100本ノック~部下を育てる虎の巻/前川 孝雄「こういうシーンなら自分はどうするか?」という問いと考え方がたくさん乗っていて、管理職としてのイメージトレーニングができる本です!指示待ち部下報告しない部下人前での叱り方などなど、管理職としてはやりにくいシーンがいくつも出てきます。イメージが膨らむので、特にマネージャーになりたての方にもオススメです。よし、今日もがんばるぞ

      2
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 軸の明文化は、NGの明文化。

      先日当社のミッションステートメントが改訂されましたが専務の日高氏もそれを受けてコメントを書いています。「自分の頭で考え、オリジナルを創りだす」http://ameblo.jp/shibuya-senmu/entry-10369625735.htmlちょうど先日本社機能でも常務の中山氏と「本社機能のミッションステートメントを決めたいね」ということで今日は人事本部で議論をしてみました。材料出しのためのシート。「日本を代表する本社機能に必要な要素とは?」という質問をもとに、個人ごとに意見を書いてもらいました。そのあとはテーブルごとに共有。30分程度の議論でしたがたくさんの意見が出て、メンバーのみんながどういう点を大切にしているかもわかり、とてもよい場でした。このミッションステートメントもそうですが、「軸の明文化は、NGの明文化。」という考え方があります。当社も以前は軸を特に明文化しておらず、メンバーからいろんな議論が拡散してまとまらなかったという経験があります。軸をきちんと決めることで、上司も「あり」か「なし」がその軸をもとにメンバーとも対話しやすくなる。メンバーも自分で判断ができるようになる。できるかぎりメンバーの可能性を活かせるような自由さも大切にしながら成長を加速させる軸づくり、人事としてもがんばります!

      テーマ:
  • 18 Oct
    • 成功は一日で捨て去れ

      成功は一日で捨て去れ/柳井 正日経新聞で広告を見て気になっていた本。本屋で見つけて、すぐに購入しました。フリースブームのあとをどう考えたかとかヒートテックブームがなぜ成功したかとかバーニーズニューヨークの買収が失敗に終わってどう考えているかなどなど、たくさん面白い部分があります。しかし一番目に入ったのは日本企業最大の弱点は経営者という見出し。会社が5年後10年後どのような会社にしたいのか、経営者が決めて責任をとるべきなのに、(日本企業は)それをしない。会社がどちらの方向に向かうべきか決断する。そしてそれを愚直に実行して結果を出す。自分ももっともっと、挑戦しなくては。経営者の本は、やはり面白いですねより一層チャレンジしていこうと思えた、よい本でした

      テーマ:
  • 16 Oct
    • 大阪で講演

      これから日本能率協会の講演。組織の活性化について。ありがたい機会なのでがんばります!

      1
      テーマ:
  • 15 Oct
    • 決めてみることが大事

      マネージャーと話をしていると、メンバーの育成をどうするかという話題が多くなります。「メンバーをもっと育成したい。ナンバー2を決めて育てるべきか?」「苦手なメンバーがいて、どうしてもつめることが多くなる。メンバーとのグリップをもっと強くしたい。」「言いたいことをきちんと言いたいが、なかなか良い方法がない」どれも私も経験していますが、目の前で起きていると、対応は大変ですよね。たとえばあるメンバーに対して、厳しく言うべきか、やさしく言うべきか。悩むものです。こういう状況の中で「デキるマネージャーだなぁ」と思うのは自分なりに、決めている人。いわゆる決断力、というものですが「決断力をあげろ!」というと若いマネージャーほどなかなか難しく、前に進むのを躊躇してしまいがち。でも迷っている間に事態は悪くなってしまうこともあります。デキるマネージャーは、「決断が仮にズレていても、変だと思った時点で軌道修正すればなんとかなる」くらいの気持ちで前進している人が多いです。このほうが成長角度がぐんと上がりますし実際、決断がそんなにキレイに進むことはありませんしねちなみに、先日プレジデント社の編集の方とずっと売れ続けているビジネス書について教えていただきました。上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律/染谷 和巳タイトルは衝撃的に強いですが37刷まで繰り返し販売されているとのこと!タイトルだけを見ると如何に叱るかの本のように見えますが、中身はすっきりするほど事実を明確に、そしてポジティブに書かれています。すごくオススメ。この本の中で書かれている、一番成果をあげているグループは「適度に叱り、適度にほめるグループ」だったとのこと。先日改定された当社のミッションステートメントの「本音の対話なくして最高のチームなし。」にも通ずる考え方だと思います。メンバーのことを真剣に考え、必要な時には本気で叱り、一方で思いっきり盛り上げる。メンバーからも上司からも、気持ちの良く仕事にとりくめる組織作りに引き続き挑戦していきます!!

      テーマ:
  • 14 Oct
    • 裏方ほどおいしい仕事はない!

      裏方ほどおいしい仕事はない!/野村 恭彦決して上司などの権限のあるポジションでなくとも、より大きな仕事はしかけられる!という本です。人事業界ではよく名前があがる富士ゼロックス。そこでナレッジ・サービス事業を手がけられている野村恭彦さんが書かれた著書。この本によると大企業の平均年齢は38歳(当社は28歳です)で、35歳でも若手と言われるとのこと。当社では社長の藤田が36歳、私は35歳です。まだまだやりたいこともありますし、ビジネスの世界では経験値としてもまだ高められると思っています。しかし、大企業でもベンチャー企業でも「熱い思いはあるけどなかなか仕事が前に進まない!」という時はありますよね。この本では会社の平均年齢はともかく、周囲を巻き込んで成果につなげるヒントがありました。たとえばメール。「ケアするメール」と題して、単なる一斉送信で送るのではなく個別感を出すテクニック。たとえばメールの最後1、2行にその人個人向けの言葉を添える。「今回○○さんと一緒に仕事ができるのを楽しみにしています!」などのような感じ。たしかにいいですねこの本では、藤田のこの本を何度か引用していただいていました。藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー/藤田晋どちらもオススメです今日も1日、がんばりましょう

      1
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 成果をあげるのが仕事

      アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣/Venkat Subramaniam以前新規開発局の局長、N瀬氏のブログでオススメされていた本。「達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣」とあるだけに、ものごとの考え方なども書かれておりビジネスの力の向上にもとても役立ちそう。たとえば1章の「アジャイルの初心」。・成果をあげるのが仕事・応急処置は泥沼を招く・人ではなくアイデアを批判する・・・などなど。長い会議より、立ちながら数分間の会議をやることをオススメしていたり、かなり実践的。全て成果をあげることを前提に、効果的な仕事の仕方が書かれています。参考になりましたMySQLによるタフなサイトの作り方/佐藤 真人当社のアメーバブログの開発者4人で書いた、MySQLに関する書籍。こちらも購入こちらはばっちり「ある程度のデータベース知識がある人」向けなため、なかなか(めちゃめちゃ)難しいのですが、この著者のメンバーと話をして「すごく高度だけど、どうすればいいですか?」と聞いたところ、「どこかに置いておいてください」とアドバイスをもらいました著作のボリュームもすごく多く、素人ながらにここまで情報提供していいのかとびっくりしましたが、こうやって中でがんばって外にも発信する。こういう「内と外のバランス」を大事にする開発者集団はすごいと純粋に思いました。今週は4営業日!がんばっていきましょう!

      テーマ:
  • 12 Oct
    • 息子・娘を入れたい会社100

      「働きがい」という観点がより注目されている とのこと。そんな問題提起もある中で、うれしいニュースが。 週刊現代 の多くの識者の選定からなる息子・娘を入れたい「いい会社」ベスト100のひとつとして、当社が選ばれました三菱商事、任天堂、ファーストリテイリングなどが並ぶ中で選ばれたのがうれしいまだまだ当社も課題はありますが、引き続き改善を続けていきます!「21世紀を代表する会社を創る」このゴールを目指してがんばります!2011年新卒採用のエントリーはこちらの記事からどうぞ!http://ameblo.jp/dekitan/entry-10358452203.html

      テーマ:
  • 11 Oct
    • 快晴o(^ヮ ^)o

      今日はすごくいい天気ですね(o^-’)b秋晴れですがすがしいですが、力仕事で汗だくです(@_@)

      1
      テーマ:
  • 09 Oct
    • 「前のめり人材」

      ジギョつく面談。新規事業プランコンテストに応募してくれたメンバーの中で、希望者を中心に面談を進めています。応募者には当社最高グレード「G5」のメンバーもいれば、今年入った新卒メンバーもいます。私たち人事本部ではこういう挑戦の機会に応募をしてくれる人材を、「前のめり人材」と呼んでいます。ジギョつくに限らず、勇気をもって一歩前に出ることを、経営陣としても大切にしたい。今回のジギョつくでは初めて出す人も多かったのですが、「出して良かった!」「次も必ず出します!」「メンバーにこの興奮を伝えたい!」などの声をもらいました。また、特に参加者から多かった言葉は、「経営陣を前にプレゼンする場自体が壮観だった」「たくさんの人の前でプレゼンするのが緊張したけど良かった」などなど。 I 志氏もそう感じたとのこと。表立って自分の意志を表明していなくてもふつふつと熱い思いをもっているメンバーのバックアップができるように、私たち人事もがんばります!!!

      テーマ:
  • 08 Oct
    • 社員総会まとめ

      社長のプレゼンテーションではじまった、先週末の社員総会。 ミッションステートメントの改訂とともに。http://ameblo.jp/shibuya/entry-10357088121.html 私も司会を務めさせていただきました。一緒に司会したH田さん、S藤さんもありがとう 写真は名古屋のF本さん から拝借受賞した本人たちからもブログがたくさんあがったので、記録に残しておきたいと思いますベストプレイヤー賞:F縄氏http://ameblo.jp/nawanawa/entry-10355913225.html ベストプレイヤー賞:T盛氏http://ameblo.jp/takamo/entry-10357216285.html グッドスタート賞:A木さんhttp://ameblo.jp/hitchome/entry-10355908693.htmlベストプロジェクト賞:W邊氏http://ameblo.jp/adman/entry-10357295768.html ベストマネージャー賞:M村さんhttp://ameblo.jp/chimu841/entry-10356991765.html ベストCAJJ賞:N山氏(&N澤氏)http://ameblo.jp/n-ryotaro/entry-10356117356.html 社長賞:K池氏http://ameblo.jp/koike/entry-10356510271.html 私たち人事本部からも、西日本担当のK木さんがベストスタッフ賞を受賞! http://ameblo.jp/sunfloweryan/entry-10356858357.html 営業を経験後、人事にきてくれてからも大活躍です。入社当時グループが一緒だったこともあり、本当にうれしい。半年に1度のこの社員総会の表彰ですが、経営陣はとても重要視し、楽しみにしています。3つの推薦をもとに、議論されます。・現場からの推薦・事業部長からの推薦・人事からの推薦今回はどの賞も本当に多くのメンバーから推薦があって、ある賞ではひとりの枠に対して延べで150人ほどの推薦があがりました。うれしいのは、表舞台で目立っている人ももちろんですが、そうではなく縁の下の力持ちにもたくさんの票が集まること。当社のこういう風土がもっともっと良くなるように、「21世紀を代表する会社」に向けて引き続きがんばります!

      1
      テーマ:
  • 06 Oct
    • 2011年新卒採用開始!

      2011年4月入社の新卒採用活動がはじまりました!!!今年のテーマは、当社のミッションステートメントにもある言葉。「新しい産業を、自らの手で創るという誇り。」 就活タイプ よりこれまでもインターンなどで多くの社員に協力してもらっていますが、いよいよセミナーなどが開始されてきますね。「若手の台頭を喜ぶ組織で、年功序列は禁止。」この当社のミッションステートメントも材料に、各社の採用情報サイトでは現場のメンバーをなるべく多く出すようにしています。入社3年目で子会社社長の事例 を出したり、(当社は全ての新卒の代に子会社社長や役員がいます)入社2年目でマネージャーになったメンバーの事例 などなど今後も情報を増やしていきます!なお、セミナーの開催予定はこちらでも掲載しています。http://www.cyberagent.co.jp/recruit/fresh/event.html 学生のみなさん、エントリーお待ちしております リクナビ http://job.rikunabi.com/2011/company/top/r925010098/  マイナビ http://job.mynavi.jp/11/pc/search/corp72321/outline.html  エンジャパン http://enjapan2011.com/companyView/top.cfm?RecruitmentID=62491

      テーマ:
  • 04 Oct
    • 羽二重団子

      妻が外出帰りに買ってきてくれた、お団子。 羽二重(はぶたえ)団子というものらしい。http://www.habutae.jp/origin.html 調べてみると夏目漱石の「吾輩は猫である」などにも出てくる、由緒正しいお団子とのこと。平べったいのも、もともとらしいですどちらもおいしいけど、個人的には餡の団子がすばらしい買ってきてくれてありがとう!!!吾輩は猫である (角川文庫)/夏目 漱石

      テーマ:
  • 03 Oct
    • プレミアムロールケーキ

      今週のアエラ。この号で紹介されていた、ローソンのプレミアムロールケーキ。以前は「トッポ食べすぎ」とつっこみをうけていたこともありますということで食べてみました!スプーンを使って食べるロールケーキ。ずばり、おいしい!生クリームの味がしっかりあるのにさっぱり!これが150円というのがすごい。いい発見でした

      1
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。