• 30 Dec
    • バーニャカウダ

      年末はゆっくり充電しています。妻と中目黒のAWキッチンへ。たまーに会社のメンバーと来ることもあるのですがこのお店のバーニャカウダは本当においしい!!ディップもおいしいし、体にいいものたべてるなぁーと感じます。野菜好き&パスタ好きならぜひ。予約がとりにくいのですが深夜までやっているのがありがたい。こんどこの新丸ビルの店舗にもいってみようかな。PASTA HOUSE AWkitchen TOKYO ~新丸ビル~[パスタハウス]JR 東京駅 2分〒100-6505 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング5Fぐるなびで詳細情報を見る※2008年12月31日現在の情報です

      テーマ:
  • 29 Dec
    • 人間ドック

      ブログネタ:今、何している? 参加中今日は朝8時から人間ドック早っ!て感じですが年末でここしか予約とれず高いレベルでの仕事のプロになるためにも、体調が良くないというのは避けなければきちんと自分の体をチェックすべく、MRIやCTなどの検査でした初体験だったのが、内視鏡検査いわゆる、胃カメラです。これはなかなかすごい体験。のどに歯医者さんの麻酔みたいなスプレーのあと、胃カメラを入れる前にお医者さんが優しく『大丈夫ですからね』そして入ってきた。全然、大丈夫じゃなかったつらいっすでも『もう3分の1ですよ』とか、『胃から十二指腸にはいります』とかの実況中継が、なんとなく癒し&安心でした。涙は、出まくってましたが終わったあとに一部写真をもらって、『これが胃の入口で、これが胃の内側。とっても若くてキレイな胃ですね検査の受診も、とってもお上手でしたよ』内視鏡検査も初めてでしたが、こんなに褒めてもらえる健康診断も、初めてでした健康、第一

      テーマ:
  • 26 Dec
    • 人事の2つのエンジン

      先日、人事本部のリーダー陣と半日のロングミーティング。メンバーからも非常にたくさんの意見が出て 、私にとっても充実した会議となりました。「中長期で、人事が会社に貢献できることは何か」ということを議論しました。これまで人事本部の役割は、経営と現場を結ぶ、コミュニケーション・エンジンであること。この考えは今後も大事にしていきますが、現場の力になる人事になるためにも、人事ももう1段、 レベルアップをしていかなくては。決めたこと。人事は、2つのエンジンとなる。コミュニケーション・エンジンに加えて人事は、会社の「パフォーマンス・エンジン」となる。 「あのMVP営業はなぜ、売れるのか」「あの役員はなぜ、あんなに仕事ができるのか」「あの組織はなぜ、あれほど活性化しているのか」「あのプロデューサーはなぜ、あんなにいいアイデアを生み出すのか」そばにいたり、ウワサで聞く「デキる人」のノウハウはみんな望んでいますもんね。こういう「勝ちパターン」は現場にたくさんあるのに、流通できているかというとまだ課題がある。高い「パフォーマンス」を出す考え方や方法などの、勝ちパターンの横展開で貢献する。すでに少しづつ、はじめています。先日の事業責任者向け勉強会で生産性の向上のためのチェックリストを配布。年明けには新規事業プランコンテスト「第10回ジギョつく」にあたり、事業責任者からのレクチャーや事業を考える上でのチェックリストを配布する予定です。コミュニケーションとパフォーマンス。会社のこの部分に、どこまで貢献できるか思いっきり、挑戦していきたいと思います。

      テーマ:
  • 23 Dec
    • 中目黒

      今日は妻と中目黒のカフェでランチ。野菜がいっぱい出てくるお店を探して、マザーエスタというカフェにきました。野菜たっぷり、3種類のディップをつけて食べるサラダランチ。うまいまさに探していた感じです

      テーマ:
  • 22 Dec
    • 新しい産業分野に目を向ける

      今日の日経新聞17面。「景気急減速で高まる雇用不安――リクルートワークス研究所大久保幸夫氏(経済教室)」タイトルは厳しいですが、どこに光があるのかなど雇用や就職動向におけるいろんな情報があらためて整理されており参考になる記事でした。過去のバブル崩壊後に新卒を抑制しすぎてこれまでの強みだった新卒文化の伝承ができなくなり人材育成が難しくなったという経験をもとに新卒採用は引き続き行っていく企業が多いとのこと。この記事の中で、「おっ!」と思った記述がありました。「学生の就職活動では、新しい産業分野やベンチャー企業に目を向けることを推奨したい。」インターネット産業に限ったことではないにしても、とてもうれしいです。この野村総研の予測にもありますが、景気の影響を一時的に受けることはあっても私たちが関わるインターネット産業自体はまだまだ発展途上で、若い人が活躍できることは間違いない。これを伝えられるように、私たちの採用活動もがんばらねば。冷静に物事は見て短期的な判断はしつつも、中長期でどの方向にもっていきたいのかという意思を大事にしていきたいと思います。今週も、がんばりましょう! 

      テーマ:
  • 20 Dec
    • 株主総会の動画

      今日は横浜の実家の両親の家に。すこし前に導入された光ファイバーとパソコンを使って、昨晩アップされた株主総会の動画を報告。あらためて両親や家族には、本当に感謝でいっぱいです。株主総会。最後では、私も一言挨拶させていただきました。http://www.irwebcasting.com/081219/02/a1bf83b1ca/main/index_hi.htm株主総会第二部。http://www.irwebcasting.com/081219/03/36b7a72572/index.html昨日の株主総会から一夜明けて、改めて気を引き締めようと、読んだ本。プロフェッショナルの原点/P.F.ドラッカー先日、当社の法務室のS木さんからオススメされて買ってみました。仕事への向き合い方における基本や原則がわかりやすくまとめられています。なんでドラッカーは思想家なのに、ここまでビジネスの本質を語れるのでしょうか。本当にすごいと思います。今日はしっかり頭の充電ができました。明日はゆっくり休養をとりたいと思います!

      テーマ:
  • 19 Dec
    • 第11回 定時株主総会

      本日は株主総会 でした。いつもは、司会を手伝ったり、事務局の準備を手伝ったり。今日は、取締役候補としての参加でした。取締役選任の件含め、すべての議案を株主のみなさまに可決していただくことができました。本当に、ありがとうございます。今回は、とても緊張しました。今回一緒に新任取締役として選任された岡本 とも、「緊張するね」「でも普段どおりやろう」という会話をしていました。選任していただいた後に株主のみなさまに一言、ご挨拶をさせていただきました。席から立ち上がって後ろを振り返り株主のみなさまのお顔を拝見した際に、笑顔でこちらを見てくれている方がたくさんいらっしゃったことが、本当にうれしかったです。 「期待しているから、しっかり頼むぞ」そう言ってくださっているようでした。岡本も私も、たくさんの拍手をいただきました。本当にありがとうございます。「21世紀を代表する会社を創る」ために、企業価値の向上に全力で取り組みます。これからも、ご指導のほどよろしくお願いいたします。準備に関わってくれた事務局やスタッフのみなさん。本当にありがとうございました!

      テーマ:
    • 覚悟して、決断して、実行する。

      人事として、現場メンバーと面談をさせてもらう機会があります。そこからいろんな情報を聞けるのでいつも楽しみにています。その中でも特に優秀だなぁと感じるメンバーは「自分ならこうします」という考えを持っている人。「ポジションがひとつ上に上がったとしたら」「その所属している部署のトップになるとしたら」「社長になるとしたら」目の前にある課題をチャンスと考え、改善策を自分なりの意見として持っているだけでも視点の高さを感じます。でももう1段上のメンバーもいます。「自分なりに」何かしらのアクションをしているメンバー。言うだけでなく、実行しているメンバーの話を聞くと、純粋に「すごい」と思いますし、尊敬します。覚悟して、決断して、実行する。やると「覚悟」を決めて、自分なりの「決断」をして、前進のために「実行」する。当社で活躍する人材を見ていると、この試行錯誤のサイクルが、ビジネスにおけるキャリアの価値を高めるものだと思います。「不景気?ニュースでも現場でも、感じますよ。でも、そのほうがやりがいがあるじゃないですか自分の実力が試されているみたいで。」先日、「すごい!」と思ったメンバーの言葉です。今日は株主総会。精一杯、がんばります。

      テーマ:
  • 17 Dec
    • ムダを捨てるのは上司の仕事

      昨日、当社の事業責任者全員に集まってもらい、勉強会を行いました。 テーマは、生産性の向上。組織のトップとして、いかに成果を創りだすか。COOである西條から、冒頭に考え方を共有。参加してくれた長瀬もすでにブログに書いてくれていますが 、ポジティブに話しながらも、中身は真剣そのもの。サイバーエージェントの仕事は、頭を何度も何度もひねって「付加価値を生み出す知識労働。」こういう景況感だからこそ、きちんと人材を育成し、競争力を高める。そんな風土をつくっていきたいと思います。そのきっかけとして、組織の生産性向上のための管理職向けチェックリストを作りました。「BPRチェックリスト」(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)というチェックリストを記入して、となりのメンバー同士で共有してもらいました。 項目は勝ちパターンの提示ができているかツール・手法化ができているかしないことを決めているか適切な権限委譲ができているかメンバーの強みを活かせているかなど。ただし、頭に入れておくことがあります。「活性化の風土はサイバーの強み。削らない。」一緒にはたらく仲間を、認めて、ほめて、もりあげる。この点を常に念頭におきながらも、一人一人の力を最大限に出せるような風土作りを推進したいと思います!

      テーマ:
  • 15 Dec
    • グランズウェル

      グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略/シャーリーン・リー ネットレイティングスの萩原雅之さんが先日の日経産業新聞で紹介していたこの本。ブログやSNS、動画共有サイトなど、ユーザーによる「大きなうねり」のことを「グランズウェル」と呼ぶとのこと。 「ブログの閲覧はグランズウェルで最も人気の高い活動のひとつだ」 などのコメントもこの本の中にありました。事例としてはNAVERやyahoo.comのQ&AサイトやP&Gの「Being Girl 」などが紹介されていました。企業がマーケティングの手段として(生活者と対話する方法として)グランズウェルを活用する事例が一層増えそうですね。ブログについても記述があり、世界でのブログ利用動向について日本も含めた国別の比較もあってなかなか興味深いです。先日の名古屋出張でのランチミーティング 。一人一人が自分の役割をきちんと認識して仕事に取り組んでいる姿勢を聞けたのが印象的でした。 今週も1週間、がんばります!

      テーマ:
  • 14 Dec
    • 新卒セミナー@神戸

      今日は神戸で新卒セミナー。大阪の人事担当、K木さんのプレゼン。いつもたくさん質問が出るのはありがたいことです。反響が大きいのはたくさんベンチャー企業をつくって、新卒入社組から社長や役員を多く輩出している点。新卒10年目からほぼ全ての代に子会社の社長や役員がいます。これだけ新卒から社長が輩出されているベンチャー企業がたくさんある企業グループは珍しいと、先日講演でご一緒させていただいた大学教授からお褒めの言葉をいただきました。夕方は100人規模の講演。がんばります!

      テーマ:
  • 12 Dec
    • 育成情報を共有する

      昨日から出張です。昨日  :福岡今日  :名古屋あさって:神戸神戸は新卒セミナーですが福岡や名古屋はに支社があり、面談や現場の声を聞かせてもらうために行くことにしました。福岡メンバーのアメブロhttp://ameblo.jp/f-ameblo名古屋メンバーのアメブロhttp://ameblo.jp/nagoya-books2007/昨日は福岡のメンバーとの面談と懇親会。タスク管理をもっとちゃんとやりたい、ムダな仕事をしている自分をなんとかしたいという入社数ヶ月のHさんの相談に対してTQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究/ハイラム・W. スミスこれをオススメしたりしましたが何人か面談する中で少人数でやっていることでの強みと課題が見えてきました。とても雰囲気がよくて、チームでの連携をとろうという意識が非常に強い。この福岡支社は10月に実施された社員総会で、「ベストプロジェクト賞」の表彰を受けています。一方で、特に人事にとって課題と感じたのは育成に関する事例や共有をもう一段進めなくてはと感じました。現場ではリーダー陣ががんばってOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)でメンバーを育成しようとしている。それをサポートして、そのリーダーの成長をバックアップすることこそ現場の成長にもつながる。OJTという言葉に甘えない。引き続き、サイバーエージェントの仲間の育成を加速させる環境づくりを追求したいと思います!

      テーマ:
  • 10 Dec
    • 新卒採用見通し

      先日、人材サービス企業のトライアンフの樋口社長と情報交換をさせていただきました。「やめさせない!」採用 かまってほしい若者たち (セオリーブックス)/樋口 弘和大企業のほかに中小企業向けの採用サポートもされているとのことで面接官むけDVDなども販売されています。 ワークス研究所からも「2010年の新卒採用見通し」が発表となりました。http://www.works-i.com/flow/survey/saiyou2010.html この景況感の中ですが新卒採用動向については2010年度はまだ様子見している企業が多いとの事。新卒採用が「減る」との数値も上がっていますが、「わからない」という企業もまだ多いですね。先日は大学生の部活の後輩と話す機会があり、学生のトレンドをいろいろ教えてもらいました。経営に携わりたいグローバルで活躍する人材になりたい将来は教育のビジネスで日本を盛り上げたい などなど、熱い志を聞くと私もワクワクします。昨今は厳しいニュースが多いですが、少しでも活性化してもりあがるような環境づくりも推進していきたいと思います!

      テーマ:
  • 08 Dec
    • シナリオを描く

      朝、天気がいいと気分がいいですね週末のあした会議が終わったあと、取締役の宇佐美氏と一緒に帰りながらいろいろ話をしました。「あした会議の熱が熱いうちに、(私たちも)情報整理しておかないとね」などの話もあがり、情報収集したり自分なりに解釈すべき項目を洗い出しました。Web 2.0ストラテジー ウェブがビジネスにもたらす意味/Amy Shuen土日にちょうどこんな本も見つけたので購入。新事業のアイデアが書いてあるというより、「こういう観点でものごとを考えているか?」という質問のチェックリストがたくさんある。何度も自問自答できるのがいい。宇佐美との話の中で特に参考にしたいと思ったのは「シナリオを描く」ということ。自分が取り組んでいる戦略課題に対して、「とにかく文章・文字に落としてみる」ということをやっているのとのこと。「こうなるかも」「こうなるのでは」の繰り返し。ブログに自分の考えを書くのもいいですね。新しい事業でも人事制度でもこの積み重ねをしている人はより強くなることは想像ができます。私もシナリオを意識して、日々動いていくことにします!

      1
      テーマ:
  • 06 Dec
    • あした会議・G5版

      事業責任者17人による新規事業対抗戦、「あした会議」を開催しました。多くの優秀な人材の知恵を集めることができたという意味でも、参加者ひとりひとりに強い成長への気づきがあったという意味でも有意義でした。矢面に立ってアイデアを出した事業責任者、助っ人のみなさんそして運営スタッフのみなさん、本当におつかれさまでした。私は今回審査員側でしたが、先日までこの会議でやるはずの事業責任者のひとりだったので、「自分があの場に立っていたらどうなったろうか」と考えると、緊張感がびしびしと伝わってきました。勝ったチームも負けたチームも、参加者には気づきが多かったようです。D達氏、N瀬氏、T島氏など、きりがないくらい。勝ち負けは決まったものの、審査の役員でも票が割れたりしていたのも事実。私もたくさんの気づきをもらうことができましたし、「これはイケる!」と思った事業案もありました。役員会でも改めてきちんと話をします。藤田も初日にコメントを出していましたが、プレゼンの構成や伝え方のちょっとした差で勝敗を分けていたところがありました。みなさんのプランを聞きながら、いいなぁと思ったプレゼンのポイントを私もメモをとりました。■「シンプルでわかりやすいもの」「ひとことで言うと・・・」という伝え方ができているところは圧倒的に自信がありました。一言で言って、勝てるかどうか。一番重要だったのは、このポイントだと思います。■「肝を数字で語ったもの」なんでもかんでも数字ではなく、「ここぞ」というところに絞って数字で裏づけを出していたチームは、納得性が高かったです。逆に知っている数字をたくさん出されると、役員陣からの票の獲得が難しかったと思います。私も役員会に参加するようになって一番面食らった点は、「市場環境や競合などの膨大な情報量」。役員は毎週毎週いろんな切り口で雑談したり議論しているので伝えるポイントを工夫していたチームは強かったですね。■「サプライズを盛り込んだもの」規定路線で誰もが想像できる範囲ではなく、また奇をてらう意味でもなく「これを知っていましたか?」などで提示されると知らないところなどは「ふむふむ」と集中して聞くことになりました。「聞かせる相手にとって、何が新しいのか」というところを意識していたチームは強かったですね。次回の「あした会議」を役員対抗でやるのか事業責任者対抗でやるのかはこれから相談ですが、失敗も成功もとにかく「自分でやること」で経験値が高まります。どちらになろうと、私も精一杯とりくみたいと思います。参加者のみなさん、本当におつかれさまでした!

      テーマ:
  • 03 Dec
    • 目線を上げる提示

      管理職と面談したりしていると、メンバーの育成をもっとうまくやりたいという相談をうけることがあります。よく人を育てている人というのを見ていると、「目線を上げる」ことを継続してやっていることに気づきます。「メンバーにこれ言って大丈夫かな」と心配する上司もいますが、勇気を出して言ってみると「きちんと言ってくれてよかったです」とか「気づいていませんでした。ありがとうございます」などメンバーは予想以上に育成のための指導を待っていたりすることも多いです。(私も経験があります)目線を上げるという意味では、「チェックリスト」をつくるというのも有効ですね。当社の広告部門には「受注クエスト」という「電話でのアポイント」「会社概要の説明」など最低限これはできるようになろうというシートがあり、毎年使われています。先日、人事本部でも「キソテコチェックリスト 」という、ビジネス基礎力のおさらいのチェックリストを作ってみましたが、とてもよかったです。ついつい普段直接言いにくいことも、共通言語として目標を設定すると、みんなきちんと改善してくれました。メンバーからも評判で、第2弾をしこんでいます。最近ではトライアルとして、人事本部のリーダー陣に対して、個人別チェックリストを作り始めました。今すこしづつ渡していますが、リーダーひとりひとりに、私から改善してほしい点を最大5項目として、チェックリストにしました。これも個々の改善点なので、面と向かって言うのが苦手でもきちんと書いて渡したことで本人たちともこの材料に議論できるのが非常によいです。目線を上げる環境作りを、少しでも横展開できるように進めていきたいとおもいます!

      テーマ:
  • 01 Dec
    • 極端な未来

      視野を広げようと手にとって見た本。極端な未来 経済・産業・科学編/ジェームズ キャントン タイトルとしては一瞬きわもののように感じますが、グローバル・フーューチャーズ研究所http://www.globalfuturist.com/という研究所なのだとか。大統領府やGE、IBM、モトローラ、マスターカードなどもこの研究所の力を借りているとのこと。悲観的な話だけではなく、こういう夢が広がるよ!という話もたくさんあって読んでいて楽しくなります。この本が参考になったのは、特に書き方。同じテーマについて、複数のシナリオを描くこと。アメリカの今後についても、シナリオを3つ描いて、それぞれどうなるかを提示しています。この複数のシナリオで考えるというのはいいですね。今週末は、「G5あした会議」。17人のG5(じーご・事業責任者)が新規事業のアイデアをトーナメントで競います。最近G5のメンバーと話すと、その話題でもりあがっています。西日本の支社長T田氏は前・支社長のE原氏との初戦に気合を入れていました。盛り上がるよう、運営役の人事もがんばります!

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。