• 31 May
    • リフレッシュ

      当社の休暇制度、「休んで1ヶ月」を分割利用して、海外でリフレッシュしてきました 白い砂浜と青い海。ほんとうにため息ばかり。なんてきれいなんだ・・・そして、イルカ。一緒に泳いだりするアクティビティもやってみました。このスマイルに本当にいやされました体のリフレッシュだけでなく、頭のリフレッシュのバリエーションを増やすことこそが大切と実感。よし、来週からがんばるぞ!!!

      テーマ:
  • 25 May
    • AERAイングリッシュに載りました

      AERAイングリッシュに取材を受けました。嬉しかったのは、このブログでTOEIC825点について書いた記事を元に取材の依頼をいただいたことブログ効果ですねストイックと書かれましたが、これも将来グローバルで戦えるサイバーエージェントをつくりたいから。貪欲に、デカイことをしかけていきたい。でも今回スコアをとって改めて感じたことは、学習方法さえ気をつければ必ず英語は身に付けられるということ。まだ満足できるレベルではありませんが、一定のところまではこれました。今度は中国語かな。。自分の思いをきちんと伝える武器は引き続き鍛えて行こうと思います

      2
      テーマ:
  • 24 May
    • 休んで1ヶ月

      5年勤務すると、1ヶ月の休暇がもらえる。サイバーエージェント独自の休暇制度です。すでに異動に伴うリフレッシュとしてつかったり、語学の短期留学に行ったり、育児休暇に上乗せして利用したり。いろんな利用例があります。3年の利用期間があるのでいろいろな使い方がありますが、なかなか1ヶ月とれない人のために一週間に分割して利用することも大丈夫な制度にしています。私もこの週末から、分割利用して海外に行ってきますビーチでゆっくり・・・

      テーマ:
  • 20 May
    • ほめて、認めて、少しあおる

      毎月人事の仕事として、昇格者との面談があります。質問させてもらっていることは、仕事の充実度合いこれからやりたいこと現場のメンバーの声人事への提言など。昇格者だけで毎月5人から10人くらいと話しをさせてもらうのでいろんなヒントがあります。今日の面談ではもっと叱る文化があったほうがいいという意見。当社は上司も若いケースが多くこういう意見もきくことがあります。もちろん当社でも叱ることができている部署はあります。そのできる上司を見てみると共通していることはほめて、認めて、少しあおる叱る前にやることをやってますよねやっていることをきちんと見て認めて、ほめる。大抵叱りたいけどつたえられない時は、ほめの文化が少ないことが多いようです。そして叱る前に、いい意味で本人のプライドを盛り上げるように、あおるこのサイクルはかなり有効です。叱りたいのに叱れない場合は、まずは小さなことからほめてみるのをセットで試してみることがオススメです

      1
      テーマ:
  • 19 May
    • 3年目研修

      3年目研修。新卒3年目になったメンバーに集まってもらい、研修を行いました。 総勢90名弱。当社が新卒採用人数を大幅に注力させた年に入社してくれた仲間たちです。まだ2年終わったばかりということですが、子会社社長や役員などが多くいる世代。 ポストイットなどを多用し、とにかくたくさんのメンバーとグループワークをしていきました。中央は進行役をしてくれた人事本部T井マネージャー。http://ameblo.jp/nantonaku-blog 今回取り組んでもらったテーマは、2006年同期の成長のために共通言語をつくる。 2年もたつと、当社でもいろんなメンバーがいろんな環境で仕事をしています。その交流で、刺激を受けてほしかった。 社長の藤田や先輩の社員からもビデオレターをもらいました。 時折メンバーにプレゼンをしてもらう時間もありましたが、さすが芸達者なメンバーが多い2006年世代。大いに沸いたシーンがありました。 終盤では、各テーブルで集めた共通言語の要素をまとめる作業も行いました。彼らは自分たちの世代を、「ゴールデンエイジ」と呼んでいます。その気持ちをずっと持ち続けたい。そんな思いから、「Stay Gold」というメッセージを決めてくれました。アンケートもかなり好評でした。人事のT井マネージャーやI上さんは本当におつかれさまでした。これから、2年目研修もやるつもりです。なかなか同期で集まる機会がすくなく日々の仕事は忙しいはず。だからこそ、同世代の刺激をうける機会を人事はつくる必要がある。成長しつづけるきっかけを提供する人事でありたい よし、今週もがんばるぞー!

      テーマ:
  • 17 May
    • 内定者懇親会

      先週、2009年4月入社予定の内定者のみなさんの懇親会を行いました  私の担当は社内のメンバーにはおなじみ(?)のエニアグラム 過去にもブログで何度か触れています。エニアグラム・コーチング研修http://ameblo.jp/dekitan/entry-10011648105.html 相手が喜ぶことを、伝えるhttp://ameblo.jp/dekitan/entry-10009976020.html 人は自分と違うことを認めることが、リーダーの1つ目の仕事。http://dekitan.ameblo.jp/dekitan/entry-10013920659.html 当社は、チームプレーをとにかく重要視しています。そのためにも、お互いが話しやすくする環境を整える必要があります。そういう共通項をつくるひとつのきっかけとしてエニアグラムは非常に便利なツール。アンケートなどを見ると内定者の評判もなかなか良かったようです。2009年度の内定者の印象はみな議論も活発ですし、とにかくよく笑う。そして、目力(めじから)がとてもすばらしい。こういう仲間で仕事ができると、成長スピードも早いんだろうなぁと純粋に思います。 そのあとの社員との質問会も非常にもりあがったようで、アンケートでも満足度が高いのがよくわかりました。先輩社員のみなさん、本当にありがとうございます。2009年度の新卒のみんなと早く一緒に大きな取り組みができるのが楽しみです!承諾した方はもちろんですが、承諾してない方も、サイバーエージェントには「21世紀を代表する会社をつくる」という大きな目標があります。世界に響き渡るような大きな取り組みを、一緒に成し遂げましょう!!!ご入社、お待ちしています! 

      テーマ:
  • 16 May
    • ガントチャート

      ガントチャート。最近はまっています もともとはあるカベにぶちあたったことがはまっているきっかけです。人事は採用、育成、活性化などたくさん業務がある。しかも、どんどん依頼が増えている。しかし。全体が追いきれず、進捗の確認がもれたりしたことがある。そんな悩みを抱えていたときに他の部署でガントチャートを活用している話をきいて、「プロジェクトマネジメント」について調べ始めました。http://ameblo.jp/dekitan/entry-10075156553.html その要素を含めて人事マネージャー陣でつくったガントチャート。すごくいいです。全体の業務を俯瞰できるため、「あれどうなった?」が激減しています。人事のマネージャー会議で、これをつかってやりとりしています。 全体俯瞰力。ますます鍛えて、人事全員がさらに大きな仕事にとりくめるようにしていくぞ 

      1
      テーマ:
  • 12 May
    • 動機付けは内面から

      クリエイティブ資本論―新たな経済階級の台頭/リチャード・フロリダビジネスのフィールドにおいて「クリエイティブ・クラス」と呼ばれる労働者が生まれているという話。新しいアイデアや技術、コンテンツの創造によって、経済を成長させる機能を担う知識労働者層を指し、その所得水準も高い。というものです。ずいぶん前から書評とか雑誌で目にしていましたが、この週末に読んでみました。その中で興味深かったもの。IT労働者の関心事を調べてみると、「内発的な報酬」が多くを占めていたとのこと。やりがいと責任柔軟性安定した職場環境および比較的安定した雇用報酬専門的能力の開発同僚からの評価刺激を与えてくれる同僚および管理者ワクワクするような職務内容組織文化勤務地およびコミュニティこれらにとても関心をもっているとのこと。たしかに、これは会社の風土や現状に向き合うのに使えそうです。こう見ると当社でもメンバーからよいと言われる部分もあれば、まだまだ手をつけられていない部分もある。サイバーエージェントでもクリエイティブ・クラスを多く輩出したい。そういう環境作りを試みたいと思います。今日はいくつかの部署では4月に入社した新卒メンバーが部署での研修を終えて配属されます。彼らこそ、将来のクリエイティブ・クラス。期待しています。私も、初心を忘れずがんばるぞ! 

      テーマ:
  • 09 May
    • マネージャーに必要な能力

      3月に実施した、広告代理店部門のマネージャー合宿。「代理10(テン)」という、マネージャーが強化すべき項目を決めました。http://ameblo.jp/dekitan/entry-10082144456.html毎月この10項目に自己評価をつけて数値化して3ヶ月後に振り返りをしようと決めたこの項目。部署ごとにいろんなアクションをとってくれていますが、その中で「見える形で向き合ってくれている」部署もあります。それが代理10(テン)ブログ。http://ameblo.jp/dairi10-blog/強化すべき項目について、複数のマネージャーが順番で学びや、やったことを書いていくというもの。きちんとやりつづける。継続こそが、何より強化への第一歩。そういう意味でも、ブログに書くことできちんと向き合うのはとてもすばらしいことだと思います。(舵取りしてくれているY本マネージャーに感謝)ちなみにこの部門のマネージャーの自己評価としてはワクワクする環境をつくる浸透力変化対応力などにまだ改善の余地があるとのこと。でも向き合っていれば、必ず道は開けますよ!私たちも広告代理店部門のマネージャーのみなさんのレベルアップに少しでも貢献できるように引き続きがんばるぞ!

      テーマ:
  • 08 May
    • 向きあいMAX!

      先日はオフィスレイアウトなどを担当する、ワークスタイリング室のロングミーティング。先日昇格したばかりのK藤ワークスタイリングディレクターを中心に、会議のヘルパーとしてH田サブマネにも入ってもらって実施。業務の俯瞰(=棚おろし)を行いました。このメンバーとはここ数回ミーティングをしていますがめきめきとチーム力を増しています。今までの縦割り的組織に向き合って、チームの誰でも、事業部の問い合わせに対応できるようにするというゴールに向けて動いています。そのために、やるものはきちんと向き合ってやる。本当は必要ないのに惰性でやっているものはやらない。これを決めましたた。ちなみにワークスタイリング室のこの半期の戦略をまとめたところ「向きあいMAX!」となりました。ちなみにメンバーいわく、「あい」は「愛」と書くとのことです。 「向き愛MAX」が正しい表現とのこと。(^▽^;)社内の各事業部にある総務チームにご協力いただき、ワークスタイリング室の仕事振りを毎月評価してもらって、その回答にきちんと向き合います。現場のメンバーのためのワークスタイリング室。業務のスピードアップやストレス軽減のための仕事をたくさんしかけたい。 たくさんの問い合わせやリクエストに、どんどん向き合っていきたいと思います。

      テーマ:
  • 07 May
    • 上司を巻き込む力

      ゴールデンウィークも終わり、今日から仕事ですね!がんばります。上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!/大久保 幸夫なかなかストレートな題名ですが、現場の視点から参考になりました。上司というのは基本選べるものではありませんが「上司が会社から何をもとめられているか」を理解して動くことで、自分にもよい環境が作りやすくなるとのこと。上司を巻き込むことで、やりたい仕事ができるというのは事実だと思います。信頼されている部分が大きいほど、当然ですが仕事も大きくなります。上司から指摘や改善をしょっちゅう求められるのであればシンクロ度合いが低い可能性があるのでホウレンソウを増やしたほうがよいでしょうし。とはいっても。現状「合わない上司」というのもあると思います。そういう上司に対するボス・マネジメントについてもこの本にはヒントがあります。たとえば「上司のマネをする」というもの。教えを請うのではなく、見よう見まねでマネをして学んでみるというもの。そこから自分がわかるものもあると思いますし、上司も評価してくれるかもしれません。新しいチャンスが増えるかも・・・・上司との対話に困っている方、もっとチャンスを大きくしたい方にはオススメです!  

      テーマ:
  • 06 May
    • 宮崎ヒルズ構想

      先日、「宮崎にリゾート研修所」を設立するというリリースをしました。宮崎NDキャンプ(渋谷ではたらく社長のアメブロ)http://ameblo.jp/shibuya/entry-10093127437.html宮崎のリゾート地で肩肘はりすぎることなく思いっきり技術開発に集中できるリゾート研修施設です。東国原知事の宮崎ヒルズ構想などにのっとった形になりました。http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20361596,00.htmもともと藤田のアイデアをもとに当社の新規開発局の局長らと4月に出張して宮崎県庁の方と情報交換をしながら現地を視察したのがきっかけです。今回、リリースが出たことで宮崎県庁の方からメールをいただきました。お世話になっております。(中略) さて、このたびは、宮崎での研修拠点の開設決定、ありがとうございます。また、今回実現のスピードに、あらためて御社のパワーを感じました。また、ご都合の良いときに、ご挨拶にお伺いしたいと考えております。今後とも、よろしくお願いいたします。こうやってご連絡いただけたことは本当にうれしい!!!私たちにとっても今後に大きな期待を寄せる試みです。ここ数日で、いくつかのメディアでも取り上げていただきました。サイバーエージェント、技術者のリゾート研修施設を宮崎に開設(@IT) http://www.atmarkit.co.jp/news/200805/02/ameba.html リゾートで開発合宿--サイバーエージェント、Amebaのエンジニアに新制度(毎日jp)http://mainichi.jp/life/electronics/cnet/archive/2008/05/02/20372571.html サイバーエージェント、「Ameba」技術者対象のリゾート研修施設を宮崎県に開設(日経プレスリリース)http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=188216&lindID=1 今回は「技術のサイバーエージェントをつくる」という藤田の宣言をもとに動いているアクションのひとつ。当社には当然ですが技術だけではなくいろんな役割と能力をもったメンバーがいます。この試みをまたひとつのきっかけとしてまた多くのメンバーの力になるように人事としてもがんばります!!!

      テーマ:
  • 05 May
    • アエラと女性管理職

      アエラ。 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9387 休みになると、いろんな雑誌がゆっくり読めていいですね。創刊20周年とのこと。1988年というと、私は14歳でした。ライフスタイルなどの記事や特集が面白くて、高校とか大学時代に結構読んだ記憶があります。AERAについては、wikipediaでもなかなか参考になることが。元々はニュース週刊誌だったが、結婚後、残業や転勤ができなくなった女性記者たちが配属される部署となり、彼女たちが一人称的な記事を書きはじめたことから、女性のライフスタイルを扱う記事が多くなった。 http://ja.wikipedia.org/wiki/AERA なるほど。さてこの号で特集されている女性管理職の話題ですが、部長職以上の女性比率ランキングでサイバーエージェントがベスト10に入りました。 AERAの集計時と多少のズレはあると思いますが現時点で部長職以上 60名。うち女性    5名。もっと多くてもいい、という感覚ですが現在も改善活動中です。そんな中での1つのアクション。それが女性活性化プロジェクトのL-cafe(エルカフェ)です。2006年11月に立ち上げました。コーポレートIT室、室長N村さんのその時のブログ。http://ameblo.jp/shibuya-workingwoman/entry-10019848222.html 役員の支援も受けながら人事本部の公式プロジェクトとして各部門のメンバーから声を拾っています。先日、組織したばかりの2008年度メンバーに集まってもらいました。 新メンバーは広告代理店部門から2名。営業部門S田さんとマーケ部門N尾さん。メディア部門から2名。新卒3年目にして新会社社長のM永さんと新規事業の立ち上げを成功させているM林さん。新卒、中途も織り交ぜていろんな声が拾えるようにしました。昨年、実施したこと。(1)婦人科健診(会社の費用負担と女性医師の確保)(2)パパママ懇親会(育児中社員・家族の懇親)(3)他社で活躍している女性の講演会(4)キャリア勉強会・懇親会今年は、個人の「挑戦」×「安心」をセットで考えながら、組織成果につながる制度・環境作りを行いたい。サイバーエージェント流の、はたらき方を提唱したい。その土台となるような議論を、行っていきたいと思います!

      1
      テーマ:
  • 04 May
    • バーベキュー

      今日は大学の予備校時代のメンバーとバーベキュー子ども連れもいるし、家を買ってるメンバーもいる。仕事の話も、プライベートも毎回会うたびに変わってる。自分も、もっと変化楽しもう

      1
      テーマ:
  • 02 May
    • 新卒の定着

      最近、人事関連の雑誌・書籍の取材や講演の依頼が増えています。とても、ありがたいことです。当社を良い事例のひとつとして書いていただいているこの本も20万部超えているとのこと(スゴイ)!不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)/河合 太介 こういう取材などの中で多い話題のひとつに、「新卒の定着率」というものがあります。社長の藤田も新人について言及しています。http://ameblo.jp/shibuya/entry-10092893468.html 当社の新卒の定着率は、下記のとおりです。4年目 60名入社 50名在籍/10名退職(17%)3年目 100名入社 86名在籍/14名退職(14%)2年目 135名入社 133名在籍/2名退職(1.5%)最近よく言われる「3年で3割退職する」という話題にたいしては当社は「3年で17%」。 毎年毎年いろいろな改善を続けることで年々、ますます改善している実感があります。一方で、退職があること自体はとても残念。これからも人事としてきちんとその事実に向き合っていく。入社した全員が、21世紀を代表する会社づくりを思いっきり楽しんでほしい。 そういう会社づくりを目指して一歩一歩、前進していきます。

      2
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。