☆リューズの操作☆
21時から4時の間は(メーカーにより多少異なります。)日付の早送りをしないようにしてください。
構造上、歯車破損の恐れがあります。

自動巻の場合、巻き上げは補助使用とし、優しく巻き上げてください。
巻き上げの切り替え歯車は小さく、酷使されるため。

☆磁気帯予防☆
磁気帯をしますと、時計が停止したり、大きく時間が狂ったりします。
携帯電話、パソコンなど身近にある電気製品には、近づけないようにしてください。特にスピーカーは、磁力が強いです。

☆浸水予防☆
リューズはしっかり締め、時計内部に浸水(湿気)しないようにしてください。
特にアンティークウォッチは防水機能が低下しているものや、元より非防水の物も多く含まれています。

水が時計内部に浸入した場合は、そのままご使用にならず、ただちに修理することが必要です。
時計内部に浸入した水は、機械や精密な電子部品、文字板などを破損する原因となります。

防水性の低下は、パッキングの劣化の他に、ガラスのキズやカケ、その他構造上の原因が重なっていることもあります。いずれも、時計は精密部品で構成されておりますので、防水機能を維持するためには正しい使い方と、定期的な点検(有料)が必要です。


☆汚れのお手入れ☆
時計の素材に多いステンレスは、語源がステイン(錆び)レス(~ない)といった所からきています。
実際は錆びにくいですが、汚れや手の油が付いたままですと、腐食や錆びの原因となります。こまめに拭き取るようにいたしましょう。その他の素材についても同様に扱いましょう。

時計を着用の際はバンドは多少余裕を持たせ、通気性を良くした状態で腕に装着して下さい。


☆衝撃について☆
機械式時計はデリケートな部品が沢山使用されています。激しい運動や力を使う作業の時は、外して使わないようにしましょう。
また、お酒を飲みに行く時には、良く時計を不注意でぶつけると、聞きます。

☆オーバーホールについて☆
オーバーホールの必要性は車と同じでオイル切れを起こし、時計内部構成部品の破損や時間が合わなくなるなどの故障の原因となります。
機械の状態にもよりますが、3年~5年の間隔でメンテするのが、理想です。


☆アフターサービスについて☆
オーバーホール料金

国産手巻き8,000円~
国産自動巻10,000円~
国産クロノグラフ自動巻18,000円〜
カレンダー付+2,000円

セイコーキングセイコー手巻き
12,000

セイコーキングセイコー自動巻カレンダー付
14,000円

セイコーグランドセイコー自動巻カレンダー付
14,000円

セイコースピードタイマー自動巻カレンダー付
20,000円

セイコーワンプッシュクロノグラフ  
22,000円


海外手巻き10,000円〜
海外手巻きカレンダー付12,000円〜
海外自動巻カレンダー付14,000円~
海外クロノグラフ自動巻カレンダー付24,000円〜

ETA自動巻カレンダー付など 14,000円

オメガ自動巻カレンダー付など 14,000円

ロレックスなど高級時計 20,000円~
カレンダー付 +2,000
自動巻付   +3,000
クロノグラフ +10,000


購入して頂きました時計につきましては格安にて、アフターサービスも承ります。
その他のお持ちの時計につきましてもご相談ください。

もちろん、オーバーホールのみのご依頼もお待ちしております。

メンテ内容は分解、掃除(洗浄)、組み立て、注油、磁気抜き、歩度調整、実測確認、状態により部品交換が必要になります。

上記基本料金以外に別途必要な料金

部品交換が必要な場合
ケースやブレスの研磨
防水検査
時計の送付代往復
料金振込手数料などは
別途料金が必要です。

時計確認後、正式に料金お見積もり致します。リーズナブルにユーザー様の立場にたったメンテを心がけております。


★保証期間について
基本料金が2万円以上のオーバーホール後は1年間の修理保証

その他、オーバーホール後は6ヶ月の修理保証

但し、30年以上前のアンティーク品については、3ヶ月の修理保証
ご相談お待ちしております。