梅津酒造さんはマニアックで個性溢れる

「冨玲」「梅津の生酛」というお酒を造る鳥取県の蔵元です。


ラインナップはほぼ生酛で、14%台に加水された「冨玲」と

原酒のまま瓶詰される「梅津の生酛」の2本立て。


原酒シリーズの「梅津の生酛」はかなりパンチがあるので

フルーティーなお酒やスッキリ辛口を好む方には正直オススメいたしません。

が、香辛料を効かせた料理や、濃い味付けとの相性は抜群で

一部の飲食店さんや日本酒マニアには熱狂的なファンがいます。


この個性溢れすぎる「梅津の生酛」のイメージから

熱狂的なファンがいる一方で

クセが強く、重いと苦手意識を持たれることも。


そこでオススメしたいのが加水シリーズの「冨玲」。


日本酒マニアの間では「梅津の生酛」の方が知名度が

高くなっていますが蔵の看板商品は加水の「冨玲」。


アルコール度数を14%台まで落とし

原酒よりもずっと飲み易くしてはありますが

しっかりと梅津酒造の生酛の個性も楽しめます。


原酒のギュッと詰まった旨味は加水しても薄まることはなく

味わいをそっと優しく引き伸ばしたような印象です。


初めて梅津酒造さんのお酒を飲む方や

梅津の生酛はパンチがありすぎてという方は

ぜひ加水の「冨玲」をお試しください!!


自分で割り水燗をする上級者の方にはその日のお料理や

体調に合わせて楽しめる「梅津の生酛」がオススメです!!



写真左より

・梅津の生酛 玉栄80

・梅津の生酛 山田錦80

・冨玲 生酛仕込玉栄80

・冨玲 生酛仕込山田錦80

※「笊」シリーズ等、季節限定酒はTwitter、Facebookをご覧ください。