龍勢(藤井酒造)

広島県竹原のお酒です。


「龍勢」は明治40年に開催された第一回全国清酒品評会で

全国第1位を受賞した名誉ある銘柄です。


藤井酒造が全国1位を受賞したことを祝って

「軟水醸造法」を考え出した。三浦仙三郎翁が名付けました。


冬から春にかけては新酒も数多くリリースされていますが

より龍勢らしさを味わうならやはり火入です。


キレよく涼しい含み香が持ち味の龍勢は

搾りたて新酒ではもちろん、火入してすぐのお酒はガチガチで

本来の美味しさが発揮されているとは言えません。


最低でも半年できれば1年、欲を言えば2年ほど

寝かせた火入がオススメです。


数年前より蔵元の息子さんが蔵に入り営業を担当。

また、以前は島根県の蔵で杜氏を務めていた

若き酒造家がベテラン杜氏の右腕として加わることで

蔵全体の若返りが進んでいます。




写真左より

・夜の帝王 特別純米

・龍勢 特別純米 和みの辛口

・龍勢 生酛純米備前雄町


※季節限定酒はTwitter、Facebookをご覧ください。