「長野県のお酒ですね?」とよく言われますが鳥取県のお酒です。


毎日の晩酌に寄り添う、お燗で美味しい純米酒を得意としており
蔵のモットーは「天のない酒造り」。

「天のない酒造り」とは、酒造りには「天」、つまり完成、
十分ということはないという意味で
長年にわたり諏訪酒造を支えてきた元杜氏鳴川氏が
漫画家の尾瀬あきら先生に提供した言葉です。

この言葉は尾瀬あきら先生が描いた漫画「夏子の酒」中で
引退する名杜氏が若手の杜氏に送る言葉として登場します。

「天のない酒造り」と「毎年が一年生」という鳴川氏の言葉は
今でも諏訪酒造社員の規範となっているそうです。


写真左より
・諏訪泉 純米酒
   コロッケやポテサラなど居酒屋の定番メニューに合わせて
   熱めのお燗で楽しみたいレギュラー純米。
   蔵人が毎日の晩酌で飲んでいるにもこのお酒です。
・諏訪泉 純米吟醸 満天星 みどり  
   白ラベルの満天星の早飲みバージョンです。
   熟成香が控えめで優しい味わいのお出汁に合います。
・諏訪泉 純米吟醸 満天星
   しっかりと寝かせてからリリースされる、お燗で美味しい
   純米吟醸です。心地よい枯れ感と柔らかいお米の旨味は
   甘辛い味付けの煮魚と最高の相性です。
・諏訪泉 純米吟醸 満天星 熟成原酒
   長期熟成させた満天星を原酒のまま瓶詰しました。
   力強い旨味と熟成感はマニア受け抜群!

※季節限定酒はTwitter、Facebookをご覧ください。