犯人隠避教唆

テーマ:

本日は犯人隠避教唆の国選事件

一回で終了 次回は3週間後に判決

 

犯人隠避(いんぴ)教唆罪って?

 

まず,教唆(教唆犯)というのは

人をそそのかして犯罪を実行させることです

 

犯人隠避罪は

罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を隠避させる犯罪です

 

刑法103条に犯人蔵匿(ぞうとく)罪と一緒に規定されています

 

犯人蔵匿は警察等に見つからないように隠れ場所を提供することで,犯人隠避は「犯人蔵匿」以外の方法で警察等に発見・逮捕されるのを免れさせる行為を言います

 

例えば,身代わり犯を仕立てたりする行為です

 

したがって,犯人隠避教唆とは,他人をそそのかして犯人蔵匿以外の方法で犯人が警察等に逮捕されるのを免れさせる行為をさせる犯罪です

 

ところで

犯人が何らかの手段で自分で逃げ隠れしても犯人隠避罪にはなりません

すると,犯人が他人をそそのかして逃げ隠れしても犯人隠避罪にはならないのではないかという疑問があります

 

判例は,犯人自身が他人をそそのかして蔵匿や隠避を実行させた場合には,犯人蔵匿・隠避教唆罪が成立するとしています

 

まあ,隠避した方が処罰されるのに,そそのかした張本人が無罪では納得いかないでしょうから,当然の報いでしょうが

 

今回の事件もまさにこれ

警察に捕まると困るので他人に身代わりを頼んで自首してもらったという事件

 

山口県岩国市今津町1-8-21

アサヒビル4階5階

出口裕理法律事務所・税理士事務所

 弁護士・税理士出口裕理

 TEL 0827-23-1861