海辺の街のまきばから ~出がらし紋次郎の出がらし日記~

関東某県の畜産団体の元職員。
30代後半で何を血迷ったのか突然退職して野に下りました。
暴言を吐き、爆弾を投げつつも酪農業界の発展を願いつつ日々乳牛たちと格闘しています。


テーマ:
ブログをかなり放置しておりまして、気が付けは骨折もすっかりよくなり季節もまもなく秋!



相変わらず忙しく働いている出がらしです。







先日、久しぶりに昼の搾乳で牛追いをする機会がありました。

パーラーに牛を連れて来るために牛舎に行くと















遠っ!(; ̄ー ̄A

み~んな牛舎の反対側に集まってます・・・・・・



これは刺しバエが原因ですね。


刺しバエとは読んで字のごとく刺すハエのことで牛の厚い皮膚でも刺します。
刺されると非常に痛いです。刺しバエによって牛舎内で牛が写真のように一か所に集まると

ストレスによりエサを食べなくなる。
起立時間が長くなり蹄病が増える。
寝ている牛が踏まれ蹴られて血乳が増える。

という事態が増えてきます。
また、搾乳中もミルカーを落とす牛が増えてきます。

対策としては牛舎周辺の除草や刺しバエネットを使用するのですが除草しても場外までは対応できないし、刺しバエネットは風の流れが悪くなると言って敬遠する経営者もいるため対策が進んでない牧場も多くあると思います。

刺しバエネットくらいで通気が悪くなるなんてコト、そんなにあるとは思えないんですけどね~。


先日、ホームセンターへ行った時にパッと思ったんですが



虫とりコナーズ



これ、牛舎に大量にぶら下げたらどうなるんやろ?

効果あるんちゃうか?



試してみたいな~・・・・・・・




そんなわけで、


金鳥もしくは関係者の方、よろしければご一報くださいませ<(_ _)>


うまくいけば畜産業界に大普及するかもしれません(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
世間はGW真っ只中ですが牧場勤務には全く関係ない話。
とか言いながら本日休みです( ̄▽ ̄;)


出がらしです。


3月の終わり。ちょっとした不注意から牛が出がらしの足の上を駆け抜けて行きました。

で、その日の様子。



この時点で骨折を確信。
でも翌々日が休みやったのでとりあえずテーピングで翌日は乗り切りました。



牛の蹄病治療に使うバンテージ、結構いいです((o( ̄ー ̄)o))

医者に行ってレントゲン撮ったら小指が骨折してしかも骨がズレてる!
医者が言うには手術しないと治らないらしい(汗)



でも事情で仕事を休む訳にはいかないので添え木やサポーターで固定して仕事してました。



半月してから再度レントゲンを撮ったら医者が

「骨のズレ、治ってるやん!」
「やっぱり治ってましたか。」
「普通は手術せな治らんでー!何で治ってんねん?」
「知らんわな、そんなもん。」
「なんかやったんか?」
「なんもやってへん。」
「ほな、なんで治ってんねん?」
「知らんわいっ!」

とか言いながらそのまま様子見!( ̄- ̄)ゞ


そして現在。



腫れてるけど骨はくっついたものと思われます( ̄▽ ̄;)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は仕事休み。
シフトのある職場と言うのは休みが不定期です。
ま、自分でシフト組んでるんでいいんですけどね。
ってか、そういう仕事を選んだんだから(笑)


出がらしです。



最近はブラック企業ならぬ『ブラック社員』という言葉があるそうです。
サービス残業は当たり前で他の社員が残業しなければいけないような雰囲気を作っている社員のことをこう呼ぶそうです。ブラック企業にとっては無償で仕事をするありがたい社員です。



僕は他のスタッフよりも通常の勤務時間が長いシフトになってます。その上、通常の退社時間以降もお産やトラブル対処、事務で仕事をしている日が月の半分以上あります。残業代云々でやっているわけではないので一般的に見ればブラック社員となります。



しかし会社の損失を考えればこれらの残業は当然すべきことだと考えてるし自分の仕事が終わらなければキリのつくところまでやるのは当然だと考えてます。だから会社からは早く帰るようにとよく言われます。



僕に言わせれば決まった仕事、自分の仕事しかせず、表面上の仕事だけでレベルアップをする気がない。会社としての利益を考えず自分の利益しか考えない。社員としての義務を果たさずに権利ばかり主張する社員こそ『ブラック社員』である。



ちなみに当社はブラック企業ではありません。


ブラック&ホワイトの企業ですうし
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
気がつけば年が明けて早や1月も後半。
すっかりほったらかしのブログですがお付き合い下さい


FBの方は繁盛してますが( ̄∇ ̄;


出がらしです。



1月の半ばに女の子が入社しまして出がらしに変わって治療牛の担当をしております。
ウチに来る前も牧場で働いていたのですがその方針についていけず1年足らずで退社してウチに来た次第です。

「具合の悪い牛を早く見つけて少しでも助けたい。」

という彼女の希望で治療牛担当となりいろいろと指導、教育してます。


話からもマジメな性格が分かります。非常によく牛を観察してます。
経験者だから云々ではないですね。
死んだ牛にエサ与えて「生きてましたよ~。」っていうヤツとは雲泥の差です。


この子が成長しなかったら出がらしの責任ですな。
ということでこちらも頑張っております。

『能ある鷹は爪を隠さない』のごとく、自分の持てる知識と技術を全て注ぎ込んで一人前に育てなければ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
OHK(岡山放送)のイメージソングを手掛けるケダマという音楽ユニットのボーカル、森川アキコのソロライブが先週岡山市であったので言ってきました。
彼女いわく自称雨女だそう。しかし岡山は日照時間の長い晴れの国。
「雨が必要な時時は呼んでください。絶対に降らせますから。」という森川アキコ。

来年のデントコーンの播種の直後に来てもらうか?


出がらしです。




本来牛は変化を好まない動物である。
大勢の人が来たり居場所が変わったりすると暴れたり乳量が減ったりする。
また急激にエサが変わると病気になったりする。エサの急激な変化はルーメン(第一胃)の微生物の環境を変えてしまうからだ。『牛飼いは虫飼い』と言われる所以である。


先月末からいろんなトラブルや環境の変化で乳房炎が爆発した。そのため治療群があふれかえっってしまった。
治療して病気は治るのだけど、治った牛が抗生物質の検査で何日も陽性続きで一向に治療群の牛が減らない。こうなるとスタッフもイラついてきて牛も荒れてくる。


しかし環境の変化に慣れた頃に状況は激変する。一気に抗生物質の検査が陰性になりどーっと治療群の牛が出荷の群へ移動する。昨日今日がその日だった。
こうなるとスタッフのテンションが上がってやる気がメラメラと燃え上ってくるのだ(笑)


そして今朝、そのやる気が燃え上がる前にリフトが燃えた!!



他に被害も怪我人もなくてよかった。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。