前回投稿からの連投となりますが、先日行われた名古屋セミナーの様子をお伝えしていきます!

今回は名古屋同好会メンバーの強い要望もあり、組手(マススパーリング)をメインにセミナーを行っていただきました。

残念ながら参加できないメンバーもいましたが、丹師父も含めた参加者6人総当たりでみっちり3時間ほど組手を行いました。

始めからバチバチにということではなく、6段階あるDefficの戦術を一つ一つ丁寧に確認しながら組手を行い、最終的にすべての戦術を使っての自由組手という流れでセミナーは進んでいきました。

自分は今回、みなさんの復習用の動画を撮ることが一番の目的だったのですが、丹師父の動きを見ているだけでも勉強になることがたくさんありました。

また、私は反射神経や目が良い方ではなく、撮らせていただいた丹師父やみなさんの動画を後日スローで見返して気が付くこと、学ぶこともたくさんあるため、組手の動画は貴重な教材です。

自分の頭の中でイメージしている動きと実際に動画で客観視した自分の動きが一致していないことも多々あるので、みなさんもぜひ自分の動画があれば、じっくり復習に使ってみてください。


これは女性だから特にそうなのかもしれませんが、Defficに入りたての頃は組手に対し苦手意識を強く感じていました。

しかし、今では組手に対する苦手意識が完全に消え、むしろ積極的に行いたいと思うまでになり、セミナー当日も楽しそうに汗を流すみなさんの姿を羨ましく見ていた様子が伝わってしまったのか、メンバーの方から私も丹師父と手合わせをしていただいたらどうですかと提案していただきました。笑

突然の手合わせだったからこそ、自分の今の実力が如実に表れる内容となった反面、自分の今後の成長に繋げるための課題も見つかり、改めて組手の楽しさや組手稽古の重要性を実感する機会となりました。

丹師父の何時なんどきも、しなやかで強い戦い方を目指して今後も精進していきます。